« そうだ 株主総会、行こう。 | トップページ | 分からないことはIRに聞いてみよう! »

2008年6月29日 (日)

楽天証券開始9周年記念投資セミナー

本日は両国国技館で行われた、楽天証券の投資セミナーに参加してきました。
楽天証券では、このようなセミナーが年に数回催されます。
このセミナーは無料なのですが、株の世界ではかなりの有名人の方が講演されます。
10:00~17:00の長丁場でしたが、興味深いお話が聞くことができました。
セミナーは申し込み先着順で、口座を持っている/いないに関係なく参加できるようです。
楽天証券に口座を持っていれば、セミナーがあるとお知らせに表示されるので、次回以降に参加したいと考えている方は口座を作っておくといいかもしれません。
楽天証券の口座を開設する

肝心のセミナーの内容は以下の通りです。

内容
暴落相場を平然と買う!長期投資で優雅な人生を』
澤上篤人氏(さわかみ投信 代表取締役社長)
『年収崩壊-格差時代の資産運用法』
森永卓郎氏(経済アナリスト・獨協大学教授)
『54億人のヘルスケア』
広瀬隆雄氏(コンテクスチュアル・インベストメンツLLCマネージング・ディレクター)
『2008年相場前半の検証と後半の動向をテクニカルで分析する!』~前半相場の反省を後半に活かす~
福永博之氏(株式会社インベストラスト代表取締役)
『年後半の相場見通し&半歩先行く銘柄選択法』
和島英樹(ラジオNIKKEI記者)

それぞれの印象に残った内容をまとめました。
澤上さんは、「買う前につべこべ言わず、買ってから言ってみろ」とか相変わらずの強気の発言でした。
また、日本には貯蓄など眠っているお金が1000兆円もあり、この1割の100兆円(GDPの2割)が投資に向かえば、一気に株価は跳ね上がるとも言っていました。
澤上さんは頭が切れるうえ、話がうまいので、すごく引き込まれていきます。

森永さんは、日本の金利、サブプライム、原油について話してくれました。
サブプライムは、総額500兆円くらいの損害が発生すると言う人もいるが、それはありえないとバッサリ。
せいぜい20兆円程度でしょうと。
また原油ははもうバブルだから、そのうち暴落するでしょうとも言っていました。
現在、不当に安いものは、日本株と日本の不動産だそうです。
そして最後はオタクな会話で締めていました。

広瀬さんの話は興味のない分野でしたので、正直あまり覚えていません。
各国での医療の話だったようでしたが。。。寝ていましたよ。

福永さんはテクニカルの話。
年始のセミナーで、日経平均は13,000円程度で下げ止まると予想していましたが、はずれました。
予想外れたのは「円高を考慮していなかった」ためだそうです。
現在の日経平均はNYダウに連動しているのでなくて、ドル円相場に連動しているとチャートで説明。
3月安値を下回らないようであれば、これからは新しいエリオット波動の始まりを示しているようです。

最後の和島さんも、森永さんと同様に原油はもうバブってるとおっしゃっていました。
そして、今期の日本株は5%程度減益の予想となっているが、想定為替レートは100円なので、今の為替を維持すれば最終的に増益で終わることもあるかもしれないと言う内容でした。
さらに、お勧めの銘柄紹介で終えました。
ここではその銘柄はあえて紹介しませんが、主に環境関連の銘柄でした。

|

« そうだ 株主総会、行こう。 | トップページ | 分からないことはIRに聞いてみよう! »

株日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/41684630

この記事へのトラックバック一覧です: 楽天証券開始9周年記念投資セミナー:

» 株の基本を学ぼう。株のセミナーとは [株 投資 取引環境情報サイト]
経済的格差の二極化と言われるようになりいわゆる勝ち組、負け組みという言葉が浸透するようになりました。現在では、貯蓄を切り崩して生活を行なっている世帯も多いといわれています。その中で、自分の資本をただ単に貯蓄するのではなく投資に回すことで莫大な利益を得ている個人投資家も数多く存在するのです。■貯蓄の時代から投資の時代へ今はなんでも自己責任の時代です。預貯金をする時代から積極的に投資を行う時代に変わってきたと言えるかもしれません。国や地方都市の財政難がニュースや新聞などで取り上げ...... [続きを読む]

受信: 2008年6月30日 (月) 23時06分

« そうだ 株主総会、行こう。 | トップページ | 分からないことはIRに聞いてみよう! »