« ダイヤモンド「株」データブック 2008年 07月号 | トップページ | 日本株に未来はあるのか? »

2008年6月18日 (水)

それでは口座開設してみよう!(その1)

株は習うより慣れろです。
まずは証券口座を開設し、実際に取引することが株が上達する一番の近道です。
今回紹介するのは、すべて口座開設および口座維持費は無料で、ネットバンクからの手数料無料の即時入金サービスがある証券会社です。

口座開設後、株取引しなかったとしてもお金は一切かかりません。また、複数口座を持つことも可能です。
まーくんの場合は、10社くらいの証券口座を開設していて、場合により証券会社の使い分けをしています。

楽天証券
まーくんがメインで利用している証券会社。
WEB画面の構成は他の証券会社よりも見やすいと感じています。
トレーディングツールの定番『マーケットスピード』は高機能。

カブドットコム証券
カブドットコム証券は、株式の分析ツールが充実しています。
まーくんの場合は、「プチ株」でカブドットコム証券を利用しています。
プチ株を利用すれば、1株からの売買が可能になります。
プチ株での小額取引から始めてみるのも良いかもしれませんね。
カブドットコム証券

松井証券
10万円までは手数料無料
10万円までの取引中心なら、ここが一番

マネックス証券
夜間取引の先駆けと言われる「マネックスナイター」があります。まーくんもマネックスナイターの動向は気になります。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« ダイヤモンド「株」データブック 2008年 07月号 | トップページ | 日本株に未来はあるのか? »

初心者向け」カテゴリの記事

口座開設」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/41566704

この記事へのトラックバック一覧です: それでは口座開設してみよう!(その1):

« ダイヤモンド「株」データブック 2008年 07月号 | トップページ | 日本株に未来はあるのか? »