« それでは口座開設してみよう!(その2) | トップページ | 環境株指数創設か? »

2008年6月24日 (火)

空売りテクニック

株は買いよりも売りのほうが儲かるとまーくんは考えています。
数ヶ月かけて上昇した分が、数日で下落することも良くあります。
そう考えると、売りから入るほうが資金効率は高いと言えます。

ここで紹介する手法は、日経マネー8月号の記事をまとめたものです。

  • 空売り銘柄選択のポイント
    ・流動性が高い銘柄
    ・下落トレンド、または下落トレンドに転換した銘柄
    ・信用倍率の高い銘柄
    ・PERが業種平均より割高な銘柄
    ・決算が市場予想より悪かった銘柄
  • 空売りのタイミング
    ・前回安値を割り込んだとき
    ・ボリンジャーバンド下向きに広がっていくとき
    ・75日移動平均線から50%以上、または25日移動平均線から25%以上、上方に乖離した銘柄の5日移動平均線が、25日移動平均線を割り込んだとき

ちなみに、信用取引の回転日数が5日を切ると株価の天井が近づいているサインだそうです。
初めて知りました。

日経マネー 2008年 08月号 [雑誌]
日経ホーム出版社
おすすめ度の平均: 3.0
3 勝間和代スペシャル

にほんブログ村 株ブログへ

|

« それでは口座開設してみよう!(その2) | トップページ | 環境株指数創設か? »

投資テクニック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空売りテクニック:

« それでは口座開設してみよう!(その2) | トップページ | 環境株指数創設か? »