« 13,000円割り込むかも | トップページ | 燃料電池の未来は水素にかかってる(前編) »

2008年7月16日 (水)

株の買い時、売り時教えます!

一般的に株の買い時、売り時の判断によく使われる指標として、東証一部25日騰落レシオがあります。騰落レシオの計算式は次のようになっています。

騰落レシオ=過去25日の値上がり銘柄数の合計÷過去25日の値下がり銘柄数の合計×100%

この式から分かることは、過去25日に値上がり銘柄数のほうが多ければ騰落レシオは100を超え、値下がり銘柄数が多いと100よりも小さくなる。この騰落レシオが70を切ると売られすぎ、130(120とも言われる)を超えると買われすぎと一般的に言われています。

そこで、騰落レシオが70を切ったら買い、130(120)を超えたら売りと機械的に売買することで儲けられます。まーくんもこの手法はよく使います。

しかし、騰落レシオで分かるのは市場全体の相場の強さ。個別の銘柄に関しては、これでは計れません。

そこで、個別銘柄売買のタイミングとして有効なのが、Yahoo!ファイナンスの銘柄毎の掲示板です。この掲示板では、個人投資家が銘柄について好き勝手にカキコミしています。ここで注意が必要です。このカキコミを真に受けないことです。

人は株価が毎日値上がりしていくのを目の当たりにしていると、今後も上がり続けるという錯覚に陥ります。そうなると、「1ヶ月後には株価が2倍」だとか景気のいい書き込みが徐々に増えてきて、掲示板は盛り上がります。この状態がプチバブル状態です。この銘柄の株価は間もなく天井を迎えることでしょう。

逆に現在のように株価が毎日下げ続けていると、どこまでも下がっていくのではという不安に駆られます。そして損失が増えていくと、「経営者が悪い」だとか、「企業の方針が悪い」だとか、負けている原因はあたかも自分以外にあるというようなカキコミが増え始めます。もちろん経営者や企業が悪いわけではなく、自分の判断が悪いだけなのですが、その事実を認めたくないのでしょう。

まーくんはこのことに気づいてから株の成績があがりました。真偽のほどは、過去の株価の天井圏、底値圏でのカキコミを確認してみてください。

ただし銘柄に人気がなく、掲示板のカキコミ数が極端に少ない場合には、使えない方法ですので注意が必要。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 13,000円割り込むかも | トップページ | 燃料電池の未来は水素にかかってる(前編) »

初心者向け」カテゴリの記事

投資テクニック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/41847938

この記事へのトラックバック一覧です: 株の買い時、売り時教えます!:

» 証券コントラクト・フォー・ディファレントで取り扱われる銘柄1 [証券コントラクト・フォー・ディファレント]
こんにちは、「証券コントラクト・フォー・ディファレント」です。証券コントラクト・フォー・ディファレントの取り引きを始めるにあたって、知っておきたい事の一つに・・・ [続きを読む]

受信: 2008年7月16日 (水) 18時49分

« 13,000円割り込むかも | トップページ | 燃料電池の未来は水素にかかってる(前編) »