« 燃料電池の未来は水素にかかってる(中編) | トップページ | 2008年7月第4週展望 »

2008年7月19日 (土)

燃料電池の未来は水素にかかってる(後編)

燃料電池の未来は水素にかかってる(中編)」では、燃料電池自動車はまだまだ未来の技術といってきました。しかし、すでにHONDAFCXという燃料電池自動車を発表していると反論がありそうです。

このFCXですが、結構性能良いんですよ。タンク容量が171リットルで、350気圧の圧縮水素を満タンで600km以上も走るんですって。しかも最高速度160km/h!すごいですねぇ。でも、値段も億単位らしいです。これでは実現できたとはいえません。せめて現在のガソリン車と同等の価格になって初めて実現できたといえるのではないでしょうか?少し厳しいことを言いましたが、やっぱりすごいです。

自動車ではまだ課題が多いですが、大規模発電設備ではスペースを気にすることがないので、比較的にはやいうちに普及すると個人的に思っています。

そうなると、燃料となる水素の需要も多くなるはずです。水素は水を電気分解することで作り出せるので、風力、太陽光などの自然エネルギーを利用すれば二酸化炭素を発生させず、低コストでの製造が可能となります。水素製造には大きなビジネスチャンスが眠っているんです。

ここまで読んでいただければ、水素の重要性は分かってもらえると思います。そこで最後に水素関連の銘柄を紹介して終わろうと思います。
エア・ウォーター(4088)
三菱化工機(6331)
岩谷産業(8088)

|

« 燃料電池の未来は水素にかかってる(中編) | トップページ | 2008年7月第4週展望 »

日本株式」カテゴリの記事

株日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/41900095

この記事へのトラックバック一覧です: 燃料電池の未来は水素にかかってる(後編):

« 燃料電池の未来は水素にかかってる(中編) | トップページ | 2008年7月第4週展望 »