« 7月月刊マネー誌大賞 | トップページ | ハゲタカ »

2008年7月24日 (木)

決算書の読み方

今まで決算書の見かたについて書かれた多数の書籍を読んできたのですが、結局理解できずに今にいたっていました。しかし、株式投資をしていく上で、決算書を読めないのは致命的です。

そこで今回、評判の勝間和代さんの「決算書の暗号を解け!」を購入して読んでみました。

決算書の暗号を解け! ダメ株を見破る投資のルール
勝間和代
ランダムハウス講談社
売り上げランキング: 2286
おすすめ度の平均: 4.5
2 芋の煮えたもご存じない
5 まさにタイトルどおりの内容
5 具体的で面白い
5 正直な企業を見つけるためには・・・
5 おもろー!

決算書を読む上でのポイントとなる部分が、分かりやすく解説されています。 決算書は金額だけを見るのではなく「利益の質」を見ることが重要なのです。

また、決算書は経営者により、多少なり操作することができます。しかし操作を行うと必ずどこかに綻びが生じます。そういった決算書のどこを見て、どう判断すればいいのか分かります。会計の知識がほとんどないまーくんにも十分理解できる良書でした。身近なたとえで書かれているのも分かりやすい要因ですね。

この書籍を読んだことにより、投資で損をする確率は断然低くなると思いました。オススメの一冊ですのでみなさまも是非読んでみてください!

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 7月月刊マネー誌大賞 | トップページ | ハゲタカ »

初心者向け」カテゴリの記事

投資本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/41953463

この記事へのトラックバック一覧です: 決算書の読み方:

« 7月月刊マネー誌大賞 | トップページ | ハゲタカ »