« 金メダルと日経平均 | トップページ | 大事な一日の予感 »

2008年8月21日 (木)

NT倍率ってなんだ?

NT倍率は以下の式で表されます。

NT倍率 = 日経平均 ÷ TOPIX

この式から分かることは、TOPIXに比べ日経平均が強いとNT倍率は上昇し、逆にTOPIXが強いとNT倍率は下落するということ。
日経平均は値がさ株(主にハイテク株)の影響を強く受けます。一方、TOPIXは時価総額の高い銘柄(主に銀行株)に影響を受けます。

ここ1年サブプライムローンの影響で、銀行株の下落が激しくなっています。
そのため日経平均を比べてTOPIXが下げているので、NT倍率は上昇しています。

このNT倍率ですが、2001年以降は9倍~11倍のレンジで推移しています。
さらに、ここ数年で見ると9.5倍~10.5倍で、大きく乖離することはありません。

2008/08/20現在のNT倍率は10.42と、ほぼレンジの上限。これから徐々に下がっていことが予想されます。

そこで、これらの性質を利用して利益を出す、さや取りと言うトレード手法を使います。
今であれば割安になったTOPIXを買い、割高な日経平均を売る。
価格差が縮小(10倍に近づいたら)したら反対売買で利益を得ることができます。

日経平均もTOPIXもミニがあるので、小額からさや取りができます。
ただ、TOPIXミニを扱っている証券会社はカブドットコム証券だけだそうです。

この機会に、カブドットコム証券の口座開設はどうでしょう?
カブドットコム証券

|

« 金メダルと日経平均 | トップページ | 大事な一日の予感 »

投資テクニック」カテゴリの記事

用語解説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/42226548

この記事へのトラックバック一覧です: NT倍率ってなんだ?:

« 金メダルと日経平均 | トップページ | 大事な一日の予感 »