« 日経225先物取引の参考リンク集 | トップページ | 若者の○○離れ »

2008年8月 5日 (火)

カゴメはやはり買いだった

以前「株の買い時、売り時教えます!」で、Yahoo!ファイナンスの掲示板から買い時、売り時を判断する記事を書きました。

今回、この典型的な事例があったので紹介します。銘柄はカゴメ(2811)。カゴメは1年前には2,000円程度だった株価が、この1年下落が続き1,500円になっていました。そこに下方修正の発表で、掲示板は社長批判悲観論で荒れていました。目立った発言を抜粋します。

Re: ブランド 2008/ 7/23 23:53

確かに過去にあった。
喜岡社長がそれを綺麗に壊してしまった。
どんなに詭弁を弄しても、トマトと健康を
標榜しているカゴメとアサヒビールとは
同床異夢の感がある。
前社長の伊藤正嗣氏があまりにも好かった。
株価が600円だろうが500円だろうが
安心して良かったものだ。

Re: カゴメ 2008/ 7/26 21:23

喜岡さんが社長じゃ無理でしょう。
1000円割れどころか3Qの出る
頃には700から600辺りの覚悟
も必要かと・・・。

Re: カゴメ 2008/ 7/27 20:33

喜岡さんが社長じゃ無理でしょう。
この意見は正しい。
カゴメは、宣伝広告費費を含む販売管理費比率が大きい。
健康志向ブームと経営力を勘違いしてきた喜岡社長じゃ
建て直しは出来ないでしょう。1000円割れは時間の
問題。

そして実際の株価はどうなったかと言うと、週明けの月曜日(7/28)には、予想通り大きく下げて始まりました。一時1,500円を割り込みましたが、そのあとは下げ渋り1,500円台をキープして引けました。そして、その後1週間で10%以上の大幅上昇です。

少し出来過ぎな感がありますが、まーくんの指摘した通り掲示板で社長批判が出始めたところが見事底値となっています。こういう買い時の判断方法も当てになるものです。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 日経225先物取引の参考リンク集 | トップページ | 若者の○○離れ »

投資テクニック」カテゴリの記事

日本株式」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/42065731

この記事へのトラックバック一覧です: カゴメはやはり買いだった:

« 日経225先物取引の参考リンク集 | トップページ | 若者の○○離れ »