« 10月月刊マネー誌大賞 | トップページ | 買うならやっぱり中国株かな? »

2008年10月26日 (日)

2008年10月5週展望

先週ようやく市場は落ち着き、予想通りに9,000円台で値固めすると思ったのもつかの間、3日で1,500円の大幅下落。儚く散りました。毎週予想は当たらないものですね。

日経225miniの成績はというと、金曜朝に8,200円で買い参戦して、午後イチの急落で撤退。この時点で今日は勝てる気がしないと思ったので、様子見を決め込みました。この負けで、ここ2週間の儲けがほとんど吹っ飛びましたが、マイナスにはなっていないのが幸いです。

今週はアメリカでは週前半に住宅関連の指標の発表があり、その後はGM等の決算発表、そして7-9月GDPとイベント山盛り。日本でも決算発表が本格化してきますので、嫌な一週間になりそうです。

間違いなくバブル後最安値は更新してくるでしょうね。最安値を更新したあとに反発するか下落するかで、そのあとの展開も変わってくるように思えます。日経平均は一瞬7,000円を割り込んで反発という展開を予想しています。あっさり7,000円を割り込んでしまうようだと、もう底が見えない展開です。

個人的にはNT倍率の低下に注目しています。割安の日経225mini買いで、割高のTOPIXminをi売りの戦略を考えています。

このNT倍率に中のく下トレードができるのはカブドットコム証券だけ。
カブドットコム証券

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 10月月刊マネー誌大賞 | トップページ | 買うならやっぱり中国株かな? »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/42905368

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年10月5週展望:

« 10月月刊マネー誌大賞 | トップページ | 買うならやっぱり中国株かな? »