« 楽天証券無料セミナーのお知らせ | トップページ | 11月月刊マネー誌大賞 »

2008年11月27日 (木)

タイではごたごたが続いていますが

以前、冬のボーナスで中国株とタイ株を購入すると宣言していました。中国株は買う銘柄の検討を終えていましたが、タイ株はまだ検討すらしていませんでした。

ニュースなどでご存知と思いますが、タイでは空港閉鎖や首相府の占拠など政情が悪化しています。しかし、こんなときだからこそ安くなったタイ株を買ってみようかと検討を始めました。

タイを代表するSET指数は半年前に900近くありましたが、今では400割れまで下がっています。個人的にはSET指数の下限は300~350を想定。為替も円高バーツ安。ここを買わずして、いつ買えばいいのでしょうか?

タイで注目する業種は、食品、病院、エネルギー、運輸です。タイでは病院も上場しているんですよ。その中から、まーくんがチョイスしたのは以下の3銘柄。

会社名:タイ・オイル
銘柄コード:TOP
事業内容:石油精製、石油関連製品の製造・販売
株価(バーツ):19.0
PER:2.91
PBR:0.57
配当利回り(%):23.81

会社名:バンコク・エキスプレスウェイ
銘柄コード:BECL
事業内容:高速道路の建設・管理
株価(バーツ):12.7
PER:7.07
PBR:0.61
配当利回り(%):8.59

会社名:ティプコ・フーズ
銘柄コード:TIPCO
事業内容:パイナップル製品、パイナップル果汁及びミックス果汁の製造
株価(バーツ):3.92
PER:2.51
PBR:1.06
配当利回り(%):20.51

これまでも、タイ株は配当利回りが高かったのですが、ここ数ヶ月の暴落でさらに高くなっています。20%ってことは、5年で元が取れる計算です。すごいですね。

この3銘柄を5~6万円ずつ購入することにします。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 楽天証券無料セミナーのお知らせ | トップページ | 11月月刊マネー誌大賞 »

外国株式」カテゴリの記事

株日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/43238194

この記事へのトラックバック一覧です: タイではごたごたが続いていますが:

« 楽天証券無料セミナーのお知らせ | トップページ | 11月月刊マネー誌大賞 »