« マネーポスト | トップページ | 2008年12月2週展望 »

2008年12月 4日 (木)

売却損と配当の通算

これまで年間で株式の売却損がでているのに、配当で税金が取られ納得のいかない思いをしていました。

しかし2009年以降の新証券税制で、売却損と配当金の相殺が確定申告することにより可能となるらしいことをDiamond money !2009年1・2月号で知った。

簡単に例をあげて説明してみると、以下のようになる。

年間の売却損が50万円あり、配当所得が50万円だったとしよう。収支はプラマイゼロなのだが、配当からは10%の税金を持ってかれるので-5万円になる。

これが2009年以降は、確定申告することで税金として持ってかれた5万円が還付されるのだ。朗報ですね!

にほんブログ村 株ブログへ

|

« マネーポスト | トップページ | 2008年12月2週展望 »

投資テクニック」カテゴリの記事

投資本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/43314370

この記事へのトラックバック一覧です: 売却損と配当の通算:

« マネーポスト | トップページ | 2008年12月2週展望 »