« いまさらFX | トップページ | 2009年2月1週展望 »

2009年1月30日 (金)

100年に1度の…

最近、「100年に1度」というフレーズをよく耳にします。この100年に1度の危機を、前向きに考えたら、100年に1度の投資チャンスとも捉えることができます。

しかし、こういうと「落ちるナイフはつかむな」という相場格言を使い反論する人も中にはいます。落下している途中のナイフ(下落中の株)をつかみにいくと、手を怪我(損)するぞということですね。落ちて地面に刺さり、安全を確認できたら取ればいいのです。

ただ、まーくんはこの格言がキライです。そもそも地面に刺さったと思ったところが、下落中の一時的なリバウンドなんてこともある。結局なんてものは、そのときは分からないので、安全を見極めてなんかいたら、大きなチャンスを逃すことになりますよ。しかも、こういう反論をする人に限って、上がってしまうと手を出せないでいたりします。

何か自分なりの判断基準で安いと思えるなら、思い切って買えばいいんです。それで失敗しても、この経験は無駄にはなりませんから。投資だってやればやるほどうまくなります。だから何もしないのが一番ダメ

話がそれてしまいましたが、今年は100年に1度のチャンスなんだから、その間にどれだけ多くの株などの資産を買うかが勝負!数年後の大きな利益を夢見て、まーくんは可能な限り買いますよ。これが投資の醍醐味

にほんブログ村 株ブログへ

|

« いまさらFX | トップページ | 2009年2月1週展望 »

株日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/43898981

この記事へのトラックバック一覧です: 100年に1度の…:

« いまさらFX | トップページ | 2009年2月1週展望 »