« 損切りって必要なの? | トップページ | 2009年1月5週展望 »

2009年1月24日 (土)

移動平均線から買いのタイミングを探る

ネットマネー3月号からの紹介で、200日移動平均線を利用した売買手法です。単純明快で分かりやすく、理に適っているので取り上げました。

まずは、過去6ヶ月間の200日移動平均線がフラットな銘柄を探します。200移動平均線というのは、1年間の株価の平均を表すライン。この移動平均線がフラットであるということは、株価のブレが少なく、200日移動平均線をはさんで上下しているということ。

この銘柄が200日移動平均線から下側に乖離したときが買いのタイミング。再び200移動平均線まで戻る可能性が高いからだ!

目安は200日移動平均線から下側に25%乖離したポイント。ここで買って200日移動平均線付近まで戻したら売る。ただし、買値から10~15%逆行したら迷わず損切りしてください。

この条件に合致する銘柄は、ネットマネー3月号に掲載されています。詳細はそちらでどうぞ。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 損切りって必要なの? | トップページ | 2009年1月5週展望 »

投資テクニック」カテゴリの記事

投資本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/43839291

この記事へのトラックバック一覧です: 移動平均線から買いのタイミングを探る:

« 損切りって必要なの? | トップページ | 2009年1月5週展望 »