« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月26日 (木)

かなり円安になりましたね

ここ数日、かなりの円安基調。ドル円は100円あたりまでは、いったん戻すのでしょうか。しかし、円高トレンドは変わっていないので、上がり止ったらドル売り方針です。100円あたりが売りのメドでしょう。

株に目を向けますと・・・相変わらず冴えません。いくら円安でも、NYがあれだけ下げているのですからプラマイゼロ。むしろマイってところでしょう。これで、円高トレンドに戻ったら日経平均は大変なことになりそうです。6,000円台前半まで下げても不思議はありません。短期的には、今は少し買いづらい時です。

しかし長いスパンで考えれば、今年前半は絶好の買い場。今年一年どれだけ買えたかが、今後の成績に直結してくるでしょう。そろそろ新しく買う銘柄の検討でも始めよっと!

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

2009年投資の着眼点

楽天証券の新春講演会ネタ最終回です。

まず、本田淳一氏の「海外ETFの魅力とその活用法」は自社のETFの紹介でした。始まって数分で寝てしまったので聞いていません。

次に豊島逸夫氏の「金市場―ヘッジファンドの売りと年金の買いの構図」。少し聞いていたのですが、金は投資対象として興味がわかずスルー。

さらに、福永博之氏の「今からでも遅くない。局面別対処法」。これまでの福永氏の公演はテクニカルによる安値高値のメドといった興味深い内容でした。今回は趣向を変えたのか、下落相場でも先物やオプション取引を行えば儲けられるといった話。あらかじめ相場がどうなったら、どうしようということを常に意識しておくことで、上昇相場でも下落相場でも利益が出せますよという内容。

そして今回の本題。大島和隆氏の「2009年投資の着眼点」。

彼曰く、こんな投資テーマを選別しやすい時代が過去にあったでしょうか?

投資のヒントは以下のオバマ大統領の就任演説に隠されている。
・道路、橋を作り、送電網、通信網を整備する
・科学の地位を上げ、医療の向上
・太陽、風、大地を使い、工場、車を動かす
・学校を新しい世代の需要にかなうよう変革

なぜ人々はオバマに期待をするのか?それは、90年代クリントン政権の強かったアメリカを連想するから。クリントン政権を優秀な財務長官らが支えたように、オバマ政権も財務長官が優秀なところまで類似している。しかし、オバマ政権の政策で日本企業が恩恵を受けることは多くないだろう。

これらをふまえた上で、3つの選択肢が考えられる。

・市場の流れに乗る
→電気自動車、ハイブリッドは日本が強い。トヨタやホンダ
太陽電池では製造装置は日本が強い。

・米国株ETF投資
→ETFは以下が有望。

テーマ銘柄名ティッカー
環境&次世代燃料 ISHARES S&P GLOBAL NUCLEAR NUCL
ISHARES S&P GLOBAL CLEAN ENERGY ICLN
POWERSHARES GLOBAL CLEAN ENERGY PBD
POWERSHARES GLOBAL WATER PIO
インフラ関連 ISHARES S&P GLOBAL INFRASTRUCTURE IGF
ISHARES S&P GLOBAL INDUSTRIALS SECTOR EXI
ISHARES S&P GLOBAL UTILITIES SECTOR JXI
ヘルスケア ISHARES NASDAQ BIOTECHNOLOGY IBB
ISHARES S&P GLOBAL HEALTHCARE SECTOR IXJ
IT関連 ISHARES S&P GLOBAL TECHNOLOGY SECTOR IXJ

・波及効果を狙う
→送電にはロスがつきもの。最適なのは家庭用燃料電池。東京ガスなんかは面白いのでは?

世界中の金利は0に向かうなどということは、かつてなかった。いつか、これが元でバブルが発生するであろう。予想は難しいが、方向性は過去に例がないほど明確。透明性の低いものは敬遠され、コストが高いものは見直されるであろう。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

2009年2月4週展望

先週はほぼ的中。嫌な相場になってきました。米国が上がらないことには、日本はどうにもならないでしょう。

SQ、決算発表と懸念材料は消えたので、上がりそうな気もしますが、いい話がまったく聞こえてこない。GMとか。嫌な感じのする1週間になりそうです。円安だけが好材料?まずは、7,400円~8,100円あたりで予想しておきます。今週は全く読めない展開です。

さて今週はといいますと、良くも悪くも米国次第の展開となると思います。米国はといいますと・・・下げ止まらないですね。悪材料が出尽くすか、とてつもない好材料がない限りは、今週も期待できないでしょう。予想レンジは6,800~7,900円あたりとしておきます。今週も弱気です。ここからでも売りで儲けられそうな感じです。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

このブログがネットマネーに紹介されました

突然ですが報告です。えーっと、このブログがネットマネー4月号(現在発売中)に紹介されました。つみたて投資に関する記事です。

取材を受けることになった経緯ですが、1ヶ月ほど前にブログを見た編集者の方から、つみたて投資をしている投資家の話を聞きたいと取材の申し込みがありました。

取材を受けるほどの立派な投資家ではないので、少し躊躇しましたが、こんな機会は滅多に(二度と?)ないと思い、取材を受けることにしました。

取材といっても、自分のつみたて投資に関する思いをファミレスでダラダラとしゃべっただけです。それをうまくまとめてもらい記事にしてもらいました。記事だけ見ると、できる投資家っぽいですがそんなことは全くありません。

内容に興味のある方は現在発売中のネットーマネーを買ってみてください。よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

中川大臣グッジョブ!

ここのところ、ストレスで胃痛になるし、風邪を引くしで散々な日々を過ごしています。

株式市場も同様に病気気味。一向に上がる気配が見えません。

しかし、かなりの悪材料がでてきているにもかかわらず、反応が薄くなってきているのは、底が近いサインでしょうか。好材料が何一つない状況下では、上がっていかないでしょうけど。

強いて好材料をあげるとすれば円安の進行。この円安を利用して、ちょこちょこFXで儲けさせていただきました。

この円安の原因はというと、中川大臣の辞任会見。辞任会見後に円売りが進んだようです。ある意味中川大臣が身を挺して、円安に誘導したのではないでしょうか。1円も金を使わずに景気対策を行うなんてグッジョブとしか言いようがありませんね。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

2009年米国経済・株式相場見通し

楽天証券の新春講演会ネタ第4弾。堀古英司氏の「2009年米国経済・株式相場見通し」です。彼の公演を聴くのは初めてではありません。過去にサブプライム問題が本格する以前、サブプライム問題は大変なことになると力説していました。まーくんのリスペクトするアナリストの一人。この方の発言は要注目です。

それでは、講演の内容です。

アメリカの不動産は上がりすぎたから、下げているだけ。たいした問題ではない。アメリカでは住宅ローンが払えなくなったら、担保である家を破棄すれば、それで借金がチャラになる。住宅は自己資金20%で購入しているので、20%以上住宅価格が下落すると、問題となってくる。

グリーンスパン氏が言った、100年に1度というフレーズの本来の意味は、中央銀行は100年に1度、金を出して金融機関を支える必要があるという意味だそうだ。なぜなら、銀行の自己資本規制の8%というものには根拠がなく、統計的に100年に1度は8%で足りなくなることがあるというのが本来の意味。

金融機関は自己資本規制を逃れるため、証券化やCDSに向かっている。これが100年に1度を10年に1度くらいの確率に高めている。

バブル崩壊順の破綻は次のように進む。これはレバレッジの高さの順番とも言える。
モノライン(金融保障)→政府系金融(ファニーメイ)→大手証券(ベアー、リーマン)→銀行
現在、大手証券まで進んでいるが、TRAP(救済プログラム)発動により、銀行の国有化はやむないが、倒産はないだろう。

堀古氏はNY在住だそうだが、日本に来ると驚くことが2つあるそうだ。

1つは異様な暗さ。本家のアメリカよりも悲観的になっているとのこと。そこまで悲観することでもない。

もう1つはオバマ大統領への熱狂。オバマ大統領の政策はすぐに効果がでるものではないので、過度の期待は禁物。

他にも、CDS統一市場だとか、あと2ヶ月で反発が始まるなど言っていたが、うまくまとまらないので、この辺でおわりにします。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

2009年2月3週展望

先週は旅行前で急いでいたので、SQであることを忘れて予想していました。結局25日線は超えられなかったですね。失敗・・・

そうはいっても、13日の金曜日に暴落はなく、下げてくると買いもはいってきているようです。なんか中途半端

そして来週の予想は久しぶりの強気!決算を通過した企業は、悪材料出尽くしからか株価を戻している兆しあり。金曜日2:00現在NYも好調なので、月曜日の日経平均は25日線を超えてくるのではないでしょうか。一部では13日の金曜日暴落説も囁かれていますが、それはないと見ています。予想レンジは7,700円~8,700円あたりか?

SQ、決算発表と懸念材料は消えたので、上がりそうな気もしますが、いい話がまったく聞こえてこない。GMとか。嫌な感じのする1週間になりそうです。円安だけが好材料?まずは、7,400円~8,100円あたりで予想しておきます。今週は全く読めない展開です。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

チャートを活用してFXの売買ポイントを見極める。

楽天証券の新春講演会ネタ第3弾です。田嶋氏によるFXの話。自分の中でもFXが比較的ブームだったので、興味を持って聞くことができました。

要点だけダラダラ書いていきます。読みにくい文章ですがご容赦を。

FXではテクニカル分析が有効。一度発生したトレンドは継続するので、トレンドが転換するポイントを見極めるのが大事。サポート・レジスタンスをブレイクしたときがトレンドの転換点となる。

そんなわけだから、移動平均線などのトレンド系の指標が大事。オシレータ系は使用しなくてOK。

最も取引の多い通貨ペアはユーロ/ドル。ユーロ/ドルは4年サイクルで動いているため、今年の秋まではドル安の傾向が続く。2000~2008年の半値押し1.213ドルが目安。またユーロと原油の関係についてもちょっとふれていた。

ユーロ/円は、秋口に向け100円あたり。

ドル/円は有名な5年サイクル。2010年初頭が円高の終わり。アメリカの景気回復が意識され始めると、いったんドルが売られてから、その後は回復に向かうだろう。

いまは87.1円以下では売り込みづらい。しかし割り込むと85円まである。もし、94.64円を超えれば、100円を試す場面もあるかもしれない。短期ではドルがやや強いが、年を通せば円高になる。最悪65円も覚悟しておいたほうがいい。

最後に日経平均。前半こそ10,000円超えして戻る可能性はある。それでも良くて11,000円が限界。為替の影響で年後半はまったく期待できないだろう。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

プチ株つみたて2009/2

今週ってSQ週だったんですね。すっかり忘れていました。知ってりゃ強気の予想なんてしてなかったよ。

そんなわけで今月もプチ株つみたてです。

エーザイ 5株
JFEホールディングス 7株
トヨタ自動車 5株
キヤノン 3株
三井物産 8株
日本郵船 17株

これまでの積み立て

銘柄(コード) 保有株数 現在値
平均取得単価
時価評価額
取得金額
評価損益
評価損益率
エーザイ(4523) 42株 3,100円
3,992円
130,200円
167,664円
-37,464
-22.3
JFEホールディングス(5411) 57株 2,280円
4,437円
129,960円
252,909円
-122,949
-48.6
トヨタ(7203) 45株 3,050円
3,323円
137,250円
149,535円
-12,285
-8.2
キヤノン(7751) 46株 2,405円
4,606円
110,630円
211,876円
-101,246
-47.8
三井物産(8031) 158株 999円
1,668円
157,842円
263,544円
-105,702
-40.1
郵船(9101) 268株 457円
521円
122,476円
139,628円
-17,152
-12.3

プチ株つみたてはカブドットコム証券で!!!
カブドットコム証券

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月12日 (木)

2009年投資環境と投資戦略

楽天証券新春講演会報告の第2弾は、山崎元氏の「2009年投資環境と投資戦略」です。

時間が開いてしまったので、細かいところは忘れています。少しまとまりのない文章ですが、山崎元氏のコトバを忠実に書いているつもりですので、ご容赦願います。

山崎元氏曰く、現在の一株利益などから日経平均の理論株価を算出すると、高い場合で7862.5円、標準で6759.7円。安く見ると5928.3円だそうで、現在はやや高め。しかし利益の回復よりも、株価の回復が先にくることが多いので、上がってもおかしくはないとのこと。

現在の世界情勢は90年代日本のVTR早廻し。欧米は目下、日本の1998年的な金融危機の状態。ちなみに98年の日経平均株価は-4%で、99年は大幅上昇だったそうです。株価反転の合図は大手がつぶれないことが確信に変わったとき。

いま考えると、98~99年はベストの買い場だった。また、株安、不動産安、円高は将来の事業チャンスになる。収益不動産なんかは、金利の低下により採算が取れるようになってきている。ただ、旧来の優良企業はややギモン。為替に耐えられないかもしれない。

アメリカでは、住宅ローンが返せなくなったら担保の住宅を差し出すことでチャラになる。日本では借金が残るので処理が遅れたが、アメリカの回復は速いだろう。

投資戦略としては、以下の2つが有効。

優良株投資
PER 12.5以下、PBR1.5以下、利回り1.5%以上、時価総額5000億以上

低位株投資
株価100円以下、自己資本比率がある程度あること。たくさん買っても安いので数撃って当てる方針。

確かこんな内容でした。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月10日 (火)

本当に不況なの?

韓国から帰国しました。旅行から帰ったばかりで、少し疲れているので軽くブログだけ更新して寝ます。旅行では、ソウル、水原への観光や焼肉、宮廷料理などの食事を堪能。かなり豪遊したつもりですが、為替のおかげで格安に楽しめました。店などでは日本語も英語もある程度通じるので、困ったのはハングル文字くらい。電車での移動なんかは路線図みても文字を理解するまで一苦労。

ところで、テレビなどでも伝えられていたので知っていましたが、やはり韓国に旅行する人が多いですね。特に女性同士での一泊二日旅行が多いみたい。目当ては免税店?でのブランド品買い漁りで、大きな荷物を抱えて帰国する女性が印象的でした。

こんな光景を見せ付けられると世の中は本当に不景気なの?と疑問に思います。実際に指標などの数値だけでは判断できない部分もあるのではないでしょうか。不況だなんて、そんなに悲観する必要はないなと思える旅でした。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 7日 (土)

2009年2月2週展望

明日は韓国旅行!成田7時着予定なので4時起きです。にもかかわらずいまだブログの更新しています・・・ 一応来週の予想だけしておきたいんです。

まず、先週の予想。週足陰線ははずしましたが、ほぼ想定内。予想レンジ内での動きでした。ただ思ったよりは、がんばっていたかなという印象。8,000円回復したし上出来でしょう。

今週は・・・好材料が一つも見当たりません。最悪です。月足で8,000円を割り込んで終わるのは、2003年4月以来。さらに下げ続けるようだと、再び底値を試しにいく展開になるかと。いまだ下降トレンドは継続中とみるのが正解でしょうか?

さらに個別株では下方修正が頻発しています。考えていたよりも企業の経営悪化が進行しているようです。

そんなわけだから予想もかなりネガティブで、レンジは7,200円~8,400円で今週も弱気です。週足は陰線。もう少し売り儲けられるかもしれません。

そして来週の予想は久しぶりの強気!決算を通過した企業は、悪材料出尽くしからか株価を戻している兆しあり。金曜日2:00現在NYも好調なので、月曜日の日経平均は25日線を超えてくるのではないでしょうか。一部では13日の金曜日暴落説も囁かれていますが、それはないと見ています。予想レンジは7,700円~8,700円あたりか?

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

ちょっと韓国へ

突然ですが報告です。2/7~9の2泊3日で、韓国行って来ますので、その間ブログの更新はお休みさせていただきます。

円高ウォン安により、いま韓国は日本人にとってダントツ一番人気の旅行先なんですね。会社の同僚も、先週韓国に旅行していましたよ。

旅行代金は、去年1年の株式の配当金でまかなえそうです。10往復以上できる含み損があることは秘密ですが・・・

以前の記事は、この旅行のための伏線だったりもします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

ゆったり長期投資で豊かに生きる

楽天証券新春講演会報告の第1弾は、澤上篤人氏の「ゆったり長期投資で豊かに生きる」です。

澤上氏の公演は何度も聞いていますが、相変わらず強気ですね。彼は長期投資家なので、数十年のスパンでの投資です。そのスパンで考えれば、まさに今が買い場だと。

彼の話をまとめると、大体以下のような感じだ。

現在、企業は供給を急激に絞っている。しかし、世界の人口は着実に増えていっているわけだから、いずれ需要は回復する。しかも現在世界は社会主義などがほとんどなくなり、裕福な人が増えていっている。一度贅沢を覚えた人が、元の貧しい生活にもどれるはずがない。これが需要の回復する理由。

さらには世界各国の中央銀行が金をばら撒いている状況。いつかは断言できないが、必ずこれが原因でバブルが来ると予言していた。

次に過去を振り返っての話。実際にアメリカでもオイルショック('73)から92年までは景気の低迷が続いていた。しかし株価はといえば、82年から大きく上昇していた。景気が好転したのをまってから買うのでは、遅すぎるのだ。しかも、そんな景気の低迷期にappleやマイクロソフトなどの大企業が生まれているともいう。

最後に澤上氏からアドバイス。

長期投資だからといって株を売らないと言う事ではない。目標の額に到達したら株を売ってもよいのだ。ただ、そのときに全部売るのでなく、少し残しておくと良い。なぜなら、その銘柄への興味を継続させるため。興味を持ってウオッチしていれば、また安くなったときに買おうと思える。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

忙しい日々

ここ数週間、仕事が忙しく毎日終電帰り。こんな不景気なときに仕事があるのは喜ばしいことだが。

この時間になってようやく本日の相場をチェックをしたところ。予想通り下げていますね。でも明日は密かに期待。現在ダウは-90ドル付近だが、今日は上げそうに思えるからだ。気のせいかもしれないけれど。

そんなわけで、ブログの更新も滞り気味です。言い訳っぽい?ネタはたくさんあるので、せめて2日に1回くらいは、記事を書けるようにがんばります。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

楽天証券2009年新春講演会

土曜日に楽天証券の新春講演会に参加してきました。場所は横浜。楽天証券の講演会には毎回参加していますが、相変わらず豪華なメンバーです。テレビや雑誌でもよく見る面々。これで無料なんだからかなりお得ですね。こんなそうそうたるメンバーの公演を丸一日かけて聞いてきました。

10:10~11:10 澤上篤人 「ゆったり長期投資で豊かに生きる
11:20~12:10 山崎元「2009年投資環境と投資戦略
12:50~13:50 田嶋智太郎「チャートを活用してFXの売買ポイントを見極める。
14:00~14:50 堀古英司「2009年米国経済・株式相場見通し
15:00~15:25 本田淳一「海外ETFの魅力とその活用法
15:25~15:50 豊島逸夫「金市場―ヘッジファンドの売りと年金の買いの構図
16:00~16:50 福永博之「今からでも遅くない。局面別対処法」~個人投資家にできる、最善の方法とは…~
17:00~17:50 大島和隆「2009年投資の着眼点

講演の詳細については、メモしてきたので逐次小出しに紹介していきます。まず最初は全体的な総括から。

一日中色々な話を聞いて感じたことをまとめると、大体以下のよう。

  • 2009年は株の絶好の買い場になる
  • 底値の予想にはフィボナッチが有効
  • これだけ金融緩和を行っているのだから、近いうちにバブルが発生する

また講演以外で思ったこととして、講演の最後に行われるプレゼント抽選会がなくなった。入場時に入り口で記念品や広告の入った手提げ袋をもらえるのだけれども、例年に比べ明らかに広告が減っている気がする。

こんなところからも不景気を実感するなんて。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

2009年2月1週展望

本日、楽天証券の新春講演会参加しました。土曜日だって言うのに朝早くおきて横浜まで行ってきたもんだから、すでに眠いんです。内容についてはそのうち報告します。まずはチャチャッと先週のおさらいから。ハズレて欲しいときに限って的中。レンジも予想の範囲内だし、最終的に8,000円を割り込んでのフィニッシュ。文句なしです。

日本企業の決算発表は、今週からが本番です。悪い決算はある程度予想していますが、さらに悪化するようですと、ここから下げていくでしょう。テクニカル的にもまだ下げそうだし、期待できない1週間になるんじゃないかと。

ひとまず、予想レンジは7,500円~8,500円としますが弱気です。今週、8,000円オーバーをキープするのは難しいでしょう。

予想がハズレることを祈ります。

今週は・・・好材料が一つも見当たりません。最悪です。月足で8,000円を割り込んで終わるのは、2003年4月以来。さらに下げ続けるようだと、再び底値を試しにいく展開になるかと。いまだ下降トレンドは継続中とみるのが正解でしょうか?

さらに個別株では下方修正が頻発しています。考えていたよりも企業の経営悪化が進行しているようです。

そんなわけだから予想もかなりネガティブで、レンジは7,200円~8,400円で今週も弱気です。週足は陰線。もう少し売り儲けられるかもしれません。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »