« プチ株つみたて2009/3 | トップページ | 2009年3月3週展望 »

2009年3月14日 (土)

FXノート

今日はFXの書籍紹介です。FXの書籍ですが、株にも活かせる内容となっています。ここ最近の書籍ではかなりのヒット。書店の投資書籍第一位になっていたのもうなずけます。

この本を読んで、自分はFXをするにあたってチャート云々などテクニック以前に、心構えができていなかったことに気づかされましたよ。

月100万円儲ける私のFXノート
鳥居 万友美
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 450
おすすめ度の平均: 5.0
5 知りたかったことが書いてある。

これまでのまーくんのトレードは儲かる日もあれば、大きく負ける日もあり、ムラの大きなトレードを繰り返していました。いつも同じスタイルでトレードしているし、リスクの管理もきっちりしているので損切りも徹底しています。何故これほどムラがあるのか謎でした。しかし、この本がその謎を解決する手助けになったんです。

まず、まーくんのFXトレードには目標がありませんでした。この本では、まず目標を決めろといっています。当たり前のことですが、自分にはできていませんでした。漠然とお小遣い程度稼ぎたいなと思い、日々トレードを繰り返していただけだったんです。そんなことでは勝てなくて当たり前ですよね。

そこで、まずは目標を月5万円に設定しました。この額が多いと思うか、少ないと思うかは人それぞれですが、一般的なサラリーマンのまーくんには十分すぎるお小遣いです。

じゃあ、これが難しい目標なのかというと、そんなことはありません。
一ヶ月のトレード日数は20日ですので、1日あたりたったの2,500円でいいんです。

一日のトレード回数を10回として、6勝4敗平均とします。そうすると一回の損切り幅を10pipsとしたら、利益確定は11pipsにすればいいわけです。それだと1日の利益が11×6-10×4=26pipsとなり、ドル円1万通貨で2,600円が達成できます。10銭程度の利益なら数分で稼ぐことも可能。これなら自分にも、できるかなと思いました。

2番目に、この本の主題である、トレードの記録をノートにつける話。何を判断材料にしていくらでトレードしたのか、そのときの気持ちを毎回書くようにします。こうすることで負けるときと、勝つときのパターンが分かってきます。まーくんの場合、1週間で勝ちパターン、負けパターンはだいたい把握できました。パターンが分かってしまえば、勝率を高めることは可能。いまでは6勝4敗以上のハイペースで勝てています。

そんなわけで、いまはFXが楽しくて仕方ありません!FXで利益がなかなかでないなと思っている方は、是非手に取ってみてください。価値はあると思います。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« プチ株つみたて2009/3 | トップページ | 2009年3月3週展望 »

初心者向け」カテゴリの記事

投資テクニック」カテゴリの記事

投資本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/44338625

この記事へのトラックバック一覧です: FXノート:

« プチ株つみたて2009/3 | トップページ | 2009年3月3週展望 »