« アゼルとアルゼ | トップページ | 2009年1月~3月までの日経平均予想を検証 »

2009年4月 5日 (日)

2009年4月2週展望

ついに1ドル100円を超えました。個人的には嬉しいニュースなんですが、円安が必ずしも、いいことばかりとは限りません。しかし、トータルで見れば日本にプラスになることでしょう。

チャート的には、103円あたりで反転下落となりそうですが、103円を超えることになれば、更なる高みを目指しそうです。為替はこれからも目が離せません!

ところで、先週の予想の結果はビミョウですね。週を通してみれば日経平均は陽線でアタリといえなくないのですが、月・火で大きく下げ、予想レンジの下限を若干下回りました。それでも、個人的にはまったく心配してはいませんでしたが、これでアタリというのはやや心苦しいです。ドローとしておきましょうか。

ちなみに、以下が先週の予想です。

ドル円は94~99円のボックスで推移しているようです。94円はダブルボトムのネックライン。意外と堅いですね。90円を割り込むか、100円を突破するかどっちかといえば、現時点では100円突破でしょうね。以前は75円もあるかもと言いましたが、流れが変わってきたように思えます。しかし75円の可能性がなくなったわけでもありませんよ。

この為替水準で推移していれば、株価には好材料

日経平均は、底値から20%以上の値上がり。普通に考えればそろそろ下がるところでしょうが、そう思っているときは上がるものです。理屈じゃないんです。そして誰もがイケイケになったときに下げ始めるもんです。

今はまだ、イケイケまではいっていないと判断。だから、今週は買い予想としてみます。予想レンジは8,200円~9,100円です。今週はいったいどうなるでしょうか?

そんなわけで、今週も予想してみます。結論から先に言うと、今週も強気を継続します。

1ドル100円突破に加えて、市場のセンチメントが良くなってきています。日経平均9,000円まではすぐ達成するでしょうが、問題はそこからです。

さすがに9,000円台に入ると、過熱感がでてくるのではないでしょうか。センチメントは改善していても、実体にそれほど変化があったわけではありません。指標などからちらほらと良い兆しが見え始めたというだけです。現時点では、9,000円台も通過して10,000円超えというのは考えづらいですね。これまで超えられなかった9,500円の壁が限界じゃないでしょうか。

あと懸念点としてはSQですね。しかし、今回のマイナーSQはあまり影響はないと考えています。もうイベントや指標にびくびくして、下げるだけの時期は過ぎました。これからは、現実を冷静に受け止めて、この先どうなるかを考えていく時期です。投資家もだいぶ冷静になってきています。よほどの事件がなければ急落も考えづらいですね。

もう一つの懸念点は騰落レシオ。かなり高くなってきているので、9,000円を超えてきたら、日経225miniで売りから入ってみようと考えています。CFDでもいいのかな?

今週は、週の終値で9,000円台前半から8,000円台後半です。日経平均の予想レンジは8,300円~9,300円としておきます。

繰り返しになってしまいますが、当面はドル円の103円と日経平均の9,500円が上限と考えています。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« アゼルとアルゼ | トップページ | 2009年1月~3月までの日経平均予想を検証 »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/44565803

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年4月2週展望:

« アゼルとアルゼ | トップページ | 2009年1月~3月までの日経平均予想を検証 »