« いよいよGMが破綻 | トップページ | 日経平均が9,600円台回復 »

2009年5月30日 (土)

2009年6月1週展望

2週連続の予想的中・・・。
と言ってもたいした予想ではないので、当てて当たり前と言ったレベルです。
為替が円安に振れてきたことや、GM問題の収束なんかが、日経の強い理由でしょうね。

さて今週は・・・。
為替が1ドル100円まで戻れば、9,600円超えもあるんでしょうけど、そこまでの円安もなさそうだし。多くの企業が想定している1ドル95円より円安ならプラス材料で、円高ならマイナス材料。
また、米国では住宅関係の指標の発表がありますが、そんなに荒れることはないでしょう。良くも悪くもそれほど材料がありません。

一時的に9,000円を割り込むことはあるかもしれませんが、基本は強気です。為替だけ少し気にしておけばいいでしょう。
この水準で少しもみあい、上へ向かっていくのが理想
日経平均の予想レンジ8,900円~9,600円は、先週と変わらずです。ちょっと無難すぎる予想かな。

そんなわけで、今週も予想にはいります。

まず、週明けにGM問題決着つきそうです。
まだ考えるべきことは多々ありますが、これでいったんの区切り。

そして、為替は円安へ向かうと考えています。
騰落レシオも108.46と、それほど高くありません。
悪材料出尽くしで、日経平均は1万円に向け上昇」と言うのがまーくんのシナリオ。

強いて懸念をあげるなら、米国の雇用関係の指標くらいですが、気にすることはないと思っています。それよりも為替です。

週の前半で、日経平均が9,600円を超えたなら、10,000円も現実味を帯びてきます。
逆に超えられないと、週の後半は下げるかもしれません。
日経平均の予想レンジは9,100円~10,000円。
基本的には強気と予想しておきますが、下げる可能性も否定はできません。
さてどうなるでしょう。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« いよいよGMが破綻 | トップページ | 日経平均が9,600円台回復 »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/45177413

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年6月1週展望:

« いよいよGMが破綻 | トップページ | 日経平均が9,600円台回復 »