« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月30日 (木)

「いざ」という時に備えるリスクヘッジとその方法について

すでにセミナーから相当日数が経ってしまっていますが、楽天証券10周年記念投資セミナーから福永博之氏の講演です。

福永氏の講演はリスク回避の話。かなり、ためになる内容でしたよ。

早速、内容に入ります。株式投資には3種類のリスクがあります。
どんなリスクがあるかと言うと、流動性リスク、信用リスク、価格変動リスクの3つ。

流動性リスクは、換金しようと思ったとき、希望した価格で売れない可能性のあるリスク。
信用リスクは、投資企業が倒産してしまうリスク。
この2つは取引開始前に、回避することが可能なリスクだ。
流動リスクを回避しようと思えば、売買の少ない銘柄は避け、信用リスクを避けようと思うなら、営業キャッシュフロー+投資キャッシュフロー(フリーキャッシュフロー)がプラスになっている企業を選べば良いのだ。

しかし、価格変動リスクだけは、取引成立後に発生するリスク。
価格変動リスクを回避するにはリスクヘッジが有効になる。
リスクヘッジに最適なのが、日経225先物や日経225mini。
ただし、リスクヘッジは、利益を上げるための取引ではないことを肝に銘じておくことが重要。

先物ヘッジの枚数を、何枚にするかは時価評価額とβ値から算出する。
β値は銘柄ごとに決まっていて、市場平均(日経平均)との連動係数と言っていいだろう。
β値が1なら市場と完全に連動。2なら市場平均の2倍の値動きがあることを示す。
要するに、時価評価額とβ値を掛けた価格が、市場平均に引きなおした時価総額となり、これを全銘柄分足し合わせることで、ヘッジすべき先物の額が分かり、枚数が計算できるのだ。

例をあげると、以下のようになる。このときの日経平均は10,000円とする。

銘柄A:株価500円、1000株、β値1.50
銘柄B:株価2000円、200株、β値0.95

このポートフォリオの時価総額は、以下の計算式で分かるように113万円となる。
500×1000×1.50+2,000×200×0.95=1,130,000

ちなみに、日経225miniで100倍のレバレッジがかかっているので、1枚で100万円分のヘッジが可能。
そこから、日経225mini1枚でヘッジすればいいことが分かる。

仮にこのあと、日経平均が下がり8,000円になったとする。
そのとき銘柄Aの株価が350円、銘柄Bが1,500円だったとしたら、持ち株は25万円の損失になる。
しかし、ヘッジで20万円の利益になるため、トータルの損失を5万円に抑えることができるのだ。
さらに、ヘッジで得た20万を利用して、銘柄Bを100株買い足すこともできてしまう。

長くなったが、これが価格変動リスクの回避方法。
相場の雲行きが怪しくなってきたら、是非ヘッジをしてみてようという話でした。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

それでも、日はまた昇る!次のステージで活躍する企業群

楽天証券10周年記念投資セミナーから和島英樹氏の講演です。

内容は和島氏のオススメ銘柄紹介。
実はあまり興味がない内容だったので、講演中はほとんど寝ていました。
しかし、それではお話にならないので、聞いていないなりにサクッと以下にまとめてみました。

欧米を主戦場としている企業はダメ
今後も相場の中心は、新興国を相手にしている企業。
特にアジアが有望

成長分野は農業、環境。

農業関連では、クボタを絶賛していたような。
他には井関農機、日本農薬なども紹介していた。
やっぱり農業は注目分野なのだろうか?
まーくんには、まだそう思えないのだが・・・。

環境では、まーくんも注目している超伝導に触れていた。
代表銘柄は、古河電気工業だそうだ。

また電気二重層キャパシタという、蓄電技術に注目しているらしい。
代表銘柄は、日本ケミコンや指月電機製作所。

この程度しか記憶に残っていません。ごめんなさい。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月26日 (日)

2009年7月5週展望

ちょっと木曜日の夜から旅行へ行ってまして・・・。
帰ってきて株価をチェックしたら、予想以上の事態に。
ちょっと上がりすぎじゃね?

そんなわけで、先週の予想は完全にハズレ
そろそろヘッジを解消しないとです・・・。

以下は先週の予想です。

さて、今週はどうなるでしょうか。
月曜日のNYを見てからといきたいところですが、それほど動きがある気もしないので、先に予想しておきます。

まず、チャートはよくない。
日経平均9,500円で反落しそう。

次に為替。
意外と底堅いですね。
しかし、プラス材料にはなりません。
現在は、この水準は妥当なところでしょう。

また騰落レシオは順調に下げていますが、まだ割安と言える水準にはきていません。
買いで勝負するなら、せめて70台まで落ちてきて欲しいところ。

今週はイベントもそれほどなく、動きは小さいのではないでしょうか。

総合すると、それほど弱くはないけど上昇するには材料不足
やや弱気のもみ合いを予想します。
予想レンジは9,000円~9,700円。

こんな感じで。

気を取り直して、今週の予想。

日経平均1万円回復確実的になってきました。
問題はどこまで上がるかですね。
1万円を挟んでの攻防を予想しているんですけど、こういう勢いってなかなか止まらないんですよ。

ポイントは、前回高値の10,170円を超えるかどうかというところでしょう。
騰落レシオも100ちょいと、まだ上げる余地は十分に残っていますね。
為替もいまの水準に慣れてきたので、問題ないでしょう。

先週までは弱気予想一辺倒でしたが、今週からは強気に変えます。
しかし、そうは言っても上がり過ぎ。
どこかでちょっと下げるんじゃないかと思っています。

日経平均の予想レンジは25日線の9,600円から10,300円あたりと予想してみます。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

2009年後半米国経済・株式相場の見通し

楽天証券10周年記念投資セミナーから、堀古英司氏の講演まとめです。

堀古氏は、まーくんが最も信頼するアナリスト。
今回も参考になるお話を、たくさんしていただきました。

前回の堀古氏の講演でも言っていましたが、レバレッジの高い順に破綻の連鎖が進んでいく。
100倍以上:モノライン(金融保障)
50~60倍:政府系金融(ファニーメイ)
30~40倍:大手証券(ベアー、リーマン)
10~20倍:銀行、自動車(GM、クライスラー)

次のターゲットは5~6倍。
ここには、1000万円の自己資本で5~6000万円の住宅を買っている個人も含まれる。

これまでは、家を手放すことはやむを得ない事情だったが、今は損得勘定。
手放して借金をチャラにしたほうがだと考える人が増えてくる。
これが国家の財政を悪化させることになる。

3月は大底でない。
2009年7~9月期にオバマ景気対策の効果が現れるが、この効果はすぐになくなる。
そして再度、底をつけにいくだろう。
なぜならば、これまでにやってきたことは問題の先送りや国家へ責任を転嫁(空売り規制、時価会計ルールの緩和、ストレステスト、官民投資プログラム、住宅ローン条件変更プログラム)に過ぎないからだ。
これ以上の対策を打ち出さないと、2010年は厳しい年になるだろう。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

長期投資で実現する輝く未来

楽天証券10周年記念投資セミナー。澤上篤人氏の講演内容です。

タイトルは「長期投資で実現する輝く未来」。
澤上さんの思想は結構好きなんですけど、いつも同じ内容なので若干聞き飽きてきました。

内容はというと、のっけから、「100年に1度の大不況といいますが、ここ1年で保有株が値下がりした以外に変わったことありますか?」と始まりました。
まーくんも含め、ここに来ているような方には変化はないんですよね。

さらに。世界の人口はこれからも増え続けるし、経済は拡大していくんです。
過去にも世界的大企業は不況期に起っています。
だから長期で見るならば、いまが買いどきと。
こんな感じで相変わらずポジティブです。

そして。評論家は悲観的なことばかり言うが、評論家の言うとおりやっていたら、まず勝てない
評論家は投資家ではないんですね。
まーくんもこの意見は同感ですよ。

最後に長期投資はイメージが大切。
イメージを持って望んでいないと、いい銘柄を見つけるチャンスを逃しますよ。
常に未来をイメージしてくださいとのことでした。

何度も聞いた内容なので、目新しいことはなかった・・・。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月19日 (日)

2009年7月4週展望

大体レンジ内での値動きでしたね。
的中というほどの予想ではありませんが、はずしてもいません。

日経平均は、じわじわとあげてきていますが、アメリカの好決算につられてあがっただけ。
今がまさに一時的な反発場面と考えています。
まーくんは金曜日から、日経225miniを売り建てでヘッジ中。

以下は先週の予想。

じゃあ、今週はどうなるかと言うと・・・。
まったく期待できません。超弱気です。
トレンドは反転したと見ています。

これだけ下げてるのだから、一時的な反発はあるかもしれません。
でも反発したなら、空売りのチャンスとみるのがいいでしょう。
今週の日経平均予想レンジは、8,500円~9,500円です。
1万円回復は遠のきました。

しかし何もできないわけではありません。
いまとるべき戦略は、以下の3つと思っています。

  1. 円高を活かして、外国株へ投資。中国のH株あたりはどうでしょう。
  2. 割高になった銘柄や日経平均先物などのショートで勝負。
  3. 長期投資用銘柄の仕込み。日経平均8,500円もしくは騰落レシオ70くらいを目安に、思い切って買ってみるのもいいでしょう。

さて、今週はどうなるでしょうか。
月曜日のNYを見てからといきたいところですが、それほど動きがある気もしないので、先に予想しておきます。

まず、チャートはよくない。
日経平均9,500円で反落しそう。

次に為替。
意外と底堅いですね。
しかし、プラス材料にはなりません。
現在は、この水準は妥当なところでしょう。

また騰落レシオは順調に下げていますが、まだ割安と言える水準にはきていません。
買いで勝負するなら、せめて70台まで落ちてきて欲しいところ。

今週はイベントもそれほどなく、動きは小さいのではないでしょうか。

総合すると、それほど弱くはないけど上昇するには材料不足
やや弱気のもみ合いを予想します。
予想レンジは9,000円~9,700円。

こんな感じで。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

超節約?年収防衛?個人投資家が効率的に殖やす方法は!?

楽天証券10周年記念投資セミナーから、森永卓郎氏の講演まとめです。

この人の話は、タイトルとはまったく別の話をしていたような・・・。
あまり投資に役立つ話はしていなかったようですが、話は面白かったんでいいんです。

ひとつだけ印象に残った話があったので、それを簡単に紹介します。

世界で初めて金融資本主義を実践したのは日本人。
誰かと言うと、それは織田信長である。
彼こそが日本にマネー経済を定着させたのだと。

まず信長は、関所の撤廃や楽市楽座の創設。
規制を緩和し、マーケットを拡大していった。

次に、兵士の雇用。
これまでは戦があれば、そのたびに農民が兵士として徴集されていた。
しかし普段は農業に従事しているために、農繁期には戦が行えない。
この問題を解決する方法としてマネーの力を利用して、専門の兵士を雇うことにしたのだ。

さらに部下への報酬
信長は戦争で得た領土を、部下に与えていくことで領土を拡大し、部下の忠誠も掴んでいた。
これは最小限の自己資金で、会社を買収して大きくしていくM&Aと同じやり方だ。

しかし、そんな信長も志し半ばで倒れる
遺志を継いだ秀吉は、信長のやり方を継承し全国統一。
ここで拡大戦略に陰りがでてくる。
そこで打ち出した次の一手が、朝鮮出兵と言うわけだ。
結果はご存知の通り、失敗に終わり夢は潰えるわけだが。

このあとは、家康による江戸幕府待っている。
そろそろまーくんたちの世界にも、平和で平等な時代がやってくるのではないだろうか。

たまには、こんな話もありですね。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

21世紀型金融恐慌とグローバル経済、マーケット展望

楽天証券10周年記念投資セミナーで、榊原英資氏の講演内容です。
実際の内容とはニュアンスなどビミョウに異なるかもしれませんが、まーくんが聞いて感じたことをまとめてみました。

榊原英資の講演には、かなり引き込まれました。
よかったです。
内容は大体次のような感じでした。

今回の不況はこれまでの循環型の不況とは違う。
もうをつけたと考えるのは早計だ。

例え景気が回復したとしても、自動車産業の需要は戻らないだろう。
それは、自動車が21世紀のキーワード「環境」、「安全」、「健康」にことごとく反しているからだ。
特にガソリン車、大型車は厳しいだろう。

21世紀の成長産業になるのは「医療」と「農業」。

医療については、国が全てを決定する社会主義型の現状を変えていかないとダメだ。
農業も株式会社が参入するには、規制が多すぎるのが現状。
どちらも緩和していく方向に持っていかないと未来はない。
逆に緩和していくことができるなら、成長産業となっていくだろう。

とにかく日本は政治を変えていかなくてはダメなのだ。
それには戦後初の本格的な政権交代が必要。
新たなトップが外国人にアピールし、株の上がる要因にしていかなくてはならないと締めていた。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

プチ株つみたて2009/7

10万円程度まで回復した含み損が再び30万超まで拡大。
今月もプチ株つみたて結果を報告します。

今月も少なめのつみたて。
日経平均が9,000円を下回れば、無理をしてでも多めにつみたてますよ。

エーザイ 2株
JFEホールディングス 2株
トヨタ自動車 2株
キヤノン 2株
三井物産 7株
日本郵船 43株

これまでの積み立て

銘柄(コード) 保有株数 現在値
平均取得単価
時価評価額
取得金額
評価損益
評価損益率
エーザイ(4523) 62株 3,300円
3,661円
204,600円
226,982円
-22,382
-9.9
JFEホールディングス(5411) 72株 2,850円
4,056円
205,200円
292,032円
-86,832
-29.7
トヨタ(7203) 57株 3,380円
3,373円
192,660円
192,261円
+399
+0.2
キヤノン(7751) 65株 2,920円
4,075円
189,800円
264,875円
-75,075
-28.3
三井物産(8031) 195株 1,035円
1,557円
201,825円
303,615円
-101,790
-33.5
郵船(9101) 461株 376円
478円
173,336円
220,358円
-47,022
-21.3

プチ株つみたてはカブドットコム証券で!!!

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

楽天証券10周年記念投資セミナー参加

本日、楽天証券10周年記念投資セミナーに参加してきました。
自分の知らないこと、同じことに対しても違う考えなど、色々な人の話を聞くのはとても勉強になります。
無料で参加できるなんて、とってもお得ですね!

セミナーの内容は以下です。

榊原英資氏:『21世紀型金融恐慌とグローバル経済、マーケット展望
森永卓郎氏:『超節約?年収防衛?個人投資家が効率的に殖やす方法は!?
澤上篤人氏:『長期投資で実現する輝く未来
堀古英司氏:『2009年後半米国経済・株式相場の見通し
和島英樹氏:『それでも、日はまた昇る!次のステージで活躍する企業群
福永博之氏:『「いざ」という時に備えるリスクヘッジとその方法について
大島和隆氏:『最近の投資環境事情~今注目のビジネストレンド~

今回のセミナーを簡単にまとめると、「今後の世界経済」「政権交代」が大きな話題でした。
あとは「スマートグリッド」がキーワードとしては何度かでてきましたね。

近いうちに、もう少し細かな内容を報告しますので、今日はこの辺で

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

2009年7月3週展望

先週の予想の反省です。
久しぶりに予想をはずしました。

もともと悲観予想でしたが、あれほどの下げは想定外
せいぜい9,500円を、ちょこっと割り込むくらいだろうとたかをくくっていました。
原因は完全に円高ですね。

しかし大きく下げたからと言っても、日経平均は決して割安になったとは言えません。
日経平均をドルベースに換算すると、現在100ドルですから妥当な水準でしょう。

分かってはいたのですが、木、金はそろそろ反発するだろうと、日経225miniで勝負。
見事返り討ちにあいました。

今週はオプションSQくらい。大きなイベントはありません。
先週の米雇用統計の悪化を受けて下げるのか、はたまたあく抜けで上がるのか?

まーくんの予想は、相変わらず9,500円から10,200円のボックス相場です。
さらに細かく予想するならば、ボックスの下側で推移するとみています。
しかし安くなれば買いが入ってくると思うので、悲観することではありません。
今週中に日経平均9,500円割れがあるとは考えにくい。

為替は1ドル95円あたりが結構堅いようですが、騰落レシオはまだ高い。
いったん騰落レシオが100を割り込まないと、もう一段上にはいかないと考えています。

毎週のように、為替ばかりを気にしていますが理由はあります。

内需に日経を押し上げる力がない。ゆえに日経は外需頼み。だから為替。
いたって単純な思考回路です。

面白味のない予想ですね。

じゃあ、今週はどうなるかと言うと・・・。
まったく期待できません。超弱気です。
トレンドは反転したと見ています。

これだけ下げてるのだから、一時的な反発はあるかもしれません。
でも反発したなら、空売りのチャンスとみるのがいいでしょう。
今週の日経平均予想レンジは、8,500円~9,500円です。
1万円回復は遠のきました。

しかし何もできないわけではありません。
いまとるべき戦略は、以下の3つと思っています。

  1. 円高を活かして、外国株へ投資。中国のH株あたりはどうでしょう。
  2. 割高になった銘柄や日経平均先物などのショートで勝負。
  3. 長期投資用銘柄の仕込み。日経平均8,500円もしくは騰落レシオ70くらいを目安に、思い切って買ってみるのもいいでしょう。

簡単ですが、今日はこの辺で。
明日(もう今日か)は楽天証券の投資セミナーに参加してきます。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

トレンド転換!?

想定外というほどでもありませんが、日経平均が9,500円を割り込んでしまいました。

しかし、ここ数日下げ続けていたので、短期(1~2日)では反発だと思います。
数週間の中期的に見てみると、25日線を大きく割り込みました。
上昇トレンドは崩れ、トレンド転換。でしょう。
さらに長期になると、まだ上昇トレンドです。

現時点は、こんな具合に考えています。
あくまでも現時点。明日になれば考えが変わってるかもしれませんが。

そんなわけで、まーくんのとる戦略は反発したところを空売り
25日移動平均線が売値の目安。いまだと9,800円付近。

空売りの買戻しは、9,400円を割り込むかがポイント。
9,400円を割り込んだら、8,700円まであるかも。
9,400円を、なかなか割り込まないようなら撤退で。

久しぶりに日経225miniでもやってみるかな。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

2009年7月2週展望

先週も的中でしたね。ほぼ100%予想通りでした。

先週末は、米雇用統計の悪化でNYは下げました。
株価が上がって浮かれていますが、これが現実なんです。
世界はさほど変わっていないのです。
それでも日経はがんばっていますよ。

今週は、日米で重要な指標の発表が相次ぎますが、よほどでなければ気にすることもないでしょう。

先週に引き続き9,500円~10,000円のボックス相場と考えるのが妥当。
しかしCMEが9,900円台に突入していることから、一時的な10,000円回復もありえるでしょう。

円高気味な為替と、再度上昇を始めた騰落レシオがやや気がかり。
前回高値の10,170円に近づくことがあれば、ショートポジションで狙ってみるのもありですよ。
日足チャートはきれいな上昇トレンドを描いてるんですけど、いまの日経に、高値を更新して上げるほどのパワーはないと思います。

そういう訳で、予想レンジは9,500円~10,300円。
上限を300円ほど上げてみました。

今週はオプションSQくらい。大きなイベントはありません。
先週の米雇用統計の悪化を受けて下げるのか、はたまたあく抜けで上がるのか?

まーくんの予想は、相変わらず9,500円から10,200円のボックス相場です。
さらに細かく予想するならば、ボックスの下側で推移するとみています。
しかし安くなれば買いが入ってくると思うので、悲観することではありません。
今週中に日経平均9,500円割れがあるとは考えにくい。

為替は1ドル95円あたりが結構堅いようですが、騰落レシオはまだ高い。
いったん騰落レシオが100を割り込まないと、もう一段上にはいかないと考えています。

毎週のように、為替ばかりを気にしていますが理由はあります。

内需に日経を押し上げる力がない。ゆえに日経は外需頼み。だから為替。
いたって単純な思考回路です。

面白味のない予想ですね。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

日本精線売りました

本日、10ヶ月近く保有していた日本精線を売りました。

ここはガスから水素を抽出する、燃料電池関連企業として買ったんです。
しかし自動車分野では、燃料電池車よりも電気自動車が現実的。
自分の中では、燃料電池への期待がみるみる萎んでいきました。

そんなときに材料が出てS高
このチャンスを逃すわけにはいきません。
買った時期が悪かったので収支はトントンですが、配当と優待を貰ったので良しとします。

安くなることがあれば、再度買うかもしれませんので、株価だけはチェックしておきます。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

環境投資は世界経済を救えるか

本日はチョット環境関連の書籍の紹介。
投資の本ではないことを最初に断っておきます。

環境が、今後の相場の目玉になることは間違いない。
株式投資で利益を出していくためには、環境問題への知識が必要になってきます。
この本は、そう考えている人にオススメ。
日米欧中が環境に対してどのように取り組んでいくか、今後のテーマがどうなっていくのか、そんなことが分かる一冊になっています。

グリーン・ニューディール―環境投資は世界経済を救えるか (生活人新書)
寺島 実郎 飯田 哲也 NHK取材班
日本放送出版協会
売り上げランキング: 2835

この本では、まず最初に自然エネルギーとして、太陽光発電と風力発電が取り上げられている。
環境に悪い発電方法は論外だが、太陽光と風力であれば大差はないだろう。
適材適所に使えばいいってこと。
個人的には、太陽光発電のほうが将来性は高い気がする。
しかし投資対象としてみると、どちらも魅力的ではない。

発電方法がどうであれ、絶対に必要なのが送電
オバマ大統領も送電網は、政策の一つにあげている。
しかし、ここで言っている送電とは、我々が考えているような単純なものでない。
スマートグリッドと呼ばれる、次世代の送電技術のことだ。
簡単に言えば、送電とITの融合と言ったところか。
是非知っておいたほうがいい技術だ。
また効率的な送電を行うためには、超伝導の技術も必須
これら2つは、金になる有望なテーマと成り得るだろう。

発電、送電とくれば、最後は蓄電だ。
自然エネルギーで発電した電力を効率よく利用するためには、電池に貯めておく必要がある。
そこで、使われるのがリチウムイオン電池。
これは、日本が世界に誇る技術の一つ。
しかし単品の技術だけ勝負していこうとするならば、日用品となってしまい価格競争は免れないだろう。
ビジネスモデルとしての、電池の利用が必要だと、この本では述べている。

たとえば自然エネルギーで発電した電気を、電気自動車の電池に蓄える。
そして必要なときは、自動車からの電力を利用する。
特に震災時など、電気が利用できない場面では有効ではないだろうか。
ちなみに電気自動車の電池で、家庭の電力の2日分が賄えるらしい。

電池銘柄はすでにブレークしているので、今後は送電技術や超伝導銘柄への投資が有効ではないだろうかと考える。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »