« 21世紀型金融恐慌とグローバル経済、マーケット展望 | トップページ | 2009年7月4週展望 »

2009年7月17日 (金)

超節約?年収防衛?個人投資家が効率的に殖やす方法は!?

楽天証券10周年記念投資セミナーから、森永卓郎氏の講演まとめです。

この人の話は、タイトルとはまったく別の話をしていたような・・・。
あまり投資に役立つ話はしていなかったようですが、話は面白かったんでいいんです。

ひとつだけ印象に残った話があったので、それを簡単に紹介します。

世界で初めて金融資本主義を実践したのは日本人。
誰かと言うと、それは織田信長である。
彼こそが日本にマネー経済を定着させたのだと。

まず信長は、関所の撤廃や楽市楽座の創設。
規制を緩和し、マーケットを拡大していった。

次に、兵士の雇用。
これまでは戦があれば、そのたびに農民が兵士として徴集されていた。
しかし普段は農業に従事しているために、農繁期には戦が行えない。
この問題を解決する方法としてマネーの力を利用して、専門の兵士を雇うことにしたのだ。

さらに部下への報酬
信長は戦争で得た領土を、部下に与えていくことで領土を拡大し、部下の忠誠も掴んでいた。
これは最小限の自己資金で、会社を買収して大きくしていくM&Aと同じやり方だ。

しかし、そんな信長も志し半ばで倒れる
遺志を継いだ秀吉は、信長のやり方を継承し全国統一。
ここで拡大戦略に陰りがでてくる。
そこで打ち出した次の一手が、朝鮮出兵と言うわけだ。
結果はご存知の通り、失敗に終わり夢は潰えるわけだが。

このあとは、家康による江戸幕府待っている。
そろそろまーくんたちの世界にも、平和で平等な時代がやってくるのではないだろうか。

たまには、こんな話もありですね。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 21世紀型金融恐慌とグローバル経済、マーケット展望 | トップページ | 2009年7月4週展望 »

セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超節約?年収防衛?個人投資家が効率的に殖やす方法は!?:

« 21世紀型金融恐慌とグローバル経済、マーケット展望 | トップページ | 2009年7月4週展望 »