« 選挙後の相場はどうなる? | トップページ | 民主圧勝 »

2009年8月30日 (日)

2009年9月1週展望

先週の予想では、前半強く、後半はチョット弱いと予想していました。
方向感はほぼ正解といっていいでしょう。
ただ予想よりも若干強かったという感じ。

日経平均は、下値を切り上げてきています。
円高の割にはがんばっていますね。
失業率の悪化が唯一の懸念材料か!?

今週はNYの流れを引き継いで、月曜日の日経平均は10,400円程度と高く始まるでしょう。
ただこの流れも週の前半で終わり。
後半は再び下落に転じると読んでいます。
いまの力じゃ、8/14の前回高値10,630円が上限。
だからといって10,000円を切るような状況も考えられない。
この水準で当分もみ合いというのが、まーくんの考えです。

このレンジから上に抜けていくには、相当の材料が必要。
たとえば、100円程度までの円安進行などです。

そんなわけで、方向感の定まらない一週間となるでしょう。
買いか売りかどっちと聞かれれば売りですが、積極的な売りではありません。

日経平均の予想レンジは10,000円から10,700円。
終値も10,400円程度で落ち着くのではないでしょうか。
今週はこんな感じで。

今週も、もみ合い予想としたいのですが、明日は一大イベント。選挙があります。
良くも悪くも選挙結果次第です。

少し長いスパンでの予想は、ここで書いた通り。
民主党大勝なら日経平均は12,000円。
薄氷の勝利や敗北なんて事態になったら、日経平均は10,000円割れに向かうでしょう。

ひとまずは民主党大勝のシナリオで予想してみます。

為替は底値圏。ここより下は考えにくい。

今週の材料は選挙だけ。
もし民主大勝となったら、日経平均は年初来高値更新。
11,000円突破も十分ありえます。

予想レンジは10,500円~11,200円。強気予想です。
※選挙結果によっては予想を変更します。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 選挙後の相場はどうなる? | トップページ | 民主圧勝 »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/46065501

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年9月1週展望 :

« 選挙後の相場はどうなる? | トップページ | 民主圧勝 »