« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

民主圧勝

どうやら民主党圧勝で決まりそうです。
歴史的大勝ですね。
正直ここまでとは考えていませんでした。

今回の選挙は若者や女性の当選が目立っています。
政権交代だけでなく世代交代もおきているようですね。
これからの日本には、古い考えの年寄りではもうダメということでしょう。

選挙速報見ていて、将来に期待してもいいのかもって気持ちになりました。
明日は日経平均あがるんだろうな。
当面は好材料として受け取っていいでしょう。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月30日 (日)

2009年9月1週展望

先週の予想では、前半強く、後半はチョット弱いと予想していました。
方向感はほぼ正解といっていいでしょう。
ただ予想よりも若干強かったという感じ。

日経平均は、下値を切り上げてきています。
円高の割にはがんばっていますね。
失業率の悪化が唯一の懸念材料か!?

今週はNYの流れを引き継いで、月曜日の日経平均は10,400円程度と高く始まるでしょう。
ただこの流れも週の前半で終わり。
後半は再び下落に転じると読んでいます。
いまの力じゃ、8/14の前回高値10,630円が上限。
だからといって10,000円を切るような状況も考えられない。
この水準で当分もみ合いというのが、まーくんの考えです。

このレンジから上に抜けていくには、相当の材料が必要。
たとえば、100円程度までの円安進行などです。

そんなわけで、方向感の定まらない一週間となるでしょう。
買いか売りかどっちと聞かれれば売りですが、積極的な売りではありません。

日経平均の予想レンジは10,000円から10,700円。
終値も10,400円程度で落ち着くのではないでしょうか。
今週はこんな感じで。

今週も、もみ合い予想としたいのですが、明日は一大イベント。選挙があります。
良くも悪くも選挙結果次第です。

少し長いスパンでの予想は、ここで書いた通り。
民主党大勝なら日経平均は12,000円。
薄氷の勝利や敗北なんて事態になったら、日経平均は10,000円割れに向かうでしょう。

ひとまずは民主党大勝のシナリオで予想してみます。

為替は底値圏。ここより下は考えにくい。

今週の材料は選挙だけ。
もし民主大勝となったら、日経平均は年初来高値更新。
11,000円突破も十分ありえます。

予想レンジは10,500円~11,200円。強気予想です。
※選挙結果によっては予想を変更します。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月28日 (金)

選挙後の相場はどうなる?

選挙後、相場がどう動くか少し考えてみた。

現時点で、民主党が勝つことは明らか。
もし負けるようなことがあれば一大事ですね。

勝つとしてもギリギリの勝利では下落要因
圧勝してこそ意味があります。
さすがに300議席には届かないと思ってますが、どうでしょうか。

しかし民主党が政権をとることで、衆参のねじれ解消改革は進みます。
これは相場にとって好材料

民主党圧勝で、日経平均は12,000円。
まさかの敗北もしくは、ギリギリの勝利だと10,000円割れというのが、まーくんの予想。

テーマ別で考えると、高速無料化により、ETCは不要になるのでETC関連銘柄には悪材料
運輸業には好材料といったところでしょうか。
個人的には、環境を悪化させる、この政策に反対です。

次に子育て支援。
これは、あまり効果がないと考えます。
金を貰ったところで、消費に向かうかは怪しいところ。
これも反対。

投資を考えるなら断然環境銘柄。
特にスマートグリッドはど真ん中でしょう。
(最近スマートグリッドばかりですみません。マイブームなんです)

農業関連なんかもいいのだろうか。
この辺りはあまり詳しくないのでコメントは控えます。

こんな感じで考えていますよ。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月26日 (水)

民主党ならスマートグリッド?

いよいよ今週末は選挙。
政権交代が叫ばれるなか、選挙運動が激化しています。

一通り、各党のマニフェストをチェックしましたが、どこもそんなに変わらないな印象。
そして公約は実現できるのだろうか。たいへん疑わしいですね。

そもそも、子供はいないし、車も持ってないまーくんには、子育て支援とか高速道路無料とかまったくメリットないんですよ。
むしろ、すごい不公平感を覚えます。
こんなのは、人気取りのためのバラマキです。

そんなことより、金かけるならやるのは景気対策でしょ。
大抵の問題は景気がよくなれば、解決するんですから。
支援なんかも、きっと必要なくなるでしょうし。

「1年間でいいから消費税ゼロやってみろよ!」と言いたいところです。
まぁ、文句ばかり言っていても仕方ありません。

どの党が自分にメリットがあるのかと見てみたら、民主党のマニフェストに気になる政策があるじゃないですか。

・効率的な電力網(スマートグリッド)の技術開発・普及を促進する
・燃料電池・超伝導・バイオマスなどの研究開発・実用化を進める

民主党ならスマートグリッド。
スマートグリッド銘柄は、今後も買いでOKそうですよ!

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月24日 (月)

次のテーマは超電導電線(後編)

前回の続き。超電導電線銘柄について考えてみます。

電線業界には、電線大手6社というものが存在するようです。
古河電工(5801)、住友電工(5802)、フジクラ(5803)、三菱電線工業(5804)、昭和電線HD(5805)、日立電線(5812)の6社です。

この中で住友電工が最大手。時価総額でも圧倒的です。
そのあとに古河電工、フジクラ、日立電線と続き、このあと少し開いて、昭和電線HD、三菱電線工業となります。

このほかにも○○電線という会社が多いんです。
業界再編も期待できそうですね。

銘柄(コード) 時価総額(億円) PER PBR 配当利回り 自己資本比率
古河電工(5801) 2395 120.57 2.07 1.47 18.4
住友電工(5802) 8495 94.36 1.09 1.31 46.7
フジクラ(5803) 1483 - 0.99 1.22 39.9
三菱電線工業(5804) 190 137.14 3.33 0.00 8.3
昭和電線HD(5805) 200 - 0.74 0.00 25.8
日立電線(5812) 1133 - 0.88 1.65 45.2

※データは2009.08.21時点のもの

三菱電線工業だけ、超伝導に取り組んでいるのか不明でしたが、そのほかの5社は、それぞれ取り組んでいるようです。
HPで見ると、住友電工と昭和電線HDが超伝導に力を入れているように感じます。

また古河電工、昭和電線HDは、NEDO(独立行政法人)のプロジェクトで超伝導ケーブルの開発を行っています。
しかし民主党が政権をとった場合、このNEDOが廃止になる公算が高く、不透明なところもありますね。

超伝導で買うなら、やはり住友電工ははずせません。
日経平均暴落時など、安くなるときがあれば仕込みたい銘柄です。

本命は不透明感があるものの、昭和電線HDとします。
時価総額が小さく低位株というのが魅力的
成長ののびしろがあるからです。

東芝系の企業と言うこともプラス材料。
米国での原発建設で、ここに仕事が回ってくる可能性もなんて考えてしまいます。
そういう意味では、日立系の日立電線も同じですね。

当面は、昭和電線HDと住友電工を追いかけてみます。
先週の金曜日に、昭和電線HD1000株購入済です。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

2009年8月5週展望

こんばんわ。久しぶりに土曜日を自宅でゆっくり過ごした、まーくんです。

ところで先週の予想・・・。見事的中!!!
相場の方向感もさることながら、終値もかなりの精度です。
神懸かっていますね。

この勢いで、今週も予想してみます。

今週はというと、夏休み明けの相場。
注目は、米国の住宅関連指標でしょうか?

そろそろ調整があってもいいと思っていますが、どうでしょう。
為替は94円台。
7月中旬の下落が、騰落レシオの計算から外れたため、騰落レシオは130に急上昇
よくこれで、10,500円を保っているなというのが率直な感想。
下がらないとしても、これじゃあ上がらないよ。

日経平均の予想レンジは、25日線の10,000円から10,800円。
ここから買っていける理由がありませんよ。
週の終値は10,200円と予想。
今週も売り予想で。

今週はNYの流れを引き継いで、月曜日の日経平均は10,400円程度と高く始まるでしょう。
ただこの流れも週の前半で終わり。
後半は再び下落に転じると読んでいます。
いまの力じゃ、8/14の前回高値10,630円が上限。
だからといって10,000円を切るような状況も考えられない。
この水準で当分もみ合いというのが、まーくんの考えです。

このレンジから上に抜けていくには、相当の材料が必要。
たとえば、100円程度までの円安進行などです。

そんなわけで、方向感の定まらない一週間となるでしょう。
買いか売りかどっちと聞かれれば売りですが、積極的な売りではありません。

日経平均の予想レンジは10,000円から10,700円。
終値も10,400円程度で落ち着くのではないでしょうか。
今週はこんな感じで。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

夢の超伝導買います!

本日の引けで、昭和電線HD(5805)を1000株だけ買いました。
スマートグリッド銘柄です。
1000株で終わりではなく、このあと何回かに分けて買っていくつもりです。

同じくスマートグリッド銘柄として、住友電気工業(5802)も狙っています
住友電気工業は電線最大手
あえて今回、昭和電線HDを選んだのは、ここが東芝系だということ。
東芝の米国での原発受注により、米国スマートグリッドの恩恵を受けるのではという思惑もあってここにしました。
そういう意味では、日立系の日立電線もあるが、昭和電線HDのほうが時価総額が小さい低位株
のびしろも日立電線に比べて、大きいと見ています。

超伝導といえば、子供のころに見た技術。
それが高温超伝導として、現実的に普及するところまできているんです。

買っただけで、すでにワクワクしていますよ。
やっぱり株は、夢に投資してナンボですね。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月20日 (木)

次のテーマは超電導電線(前編)

いま目をつけている超電導銘柄の話でもチョット。
でも、その前に概要からさらりと。

我々が利用する電気は、発電、送電を経て家庭に届けられる。
電気は持ち運びはできず、放っておくと放電してしまう。
そこで蓄電として、現在テーマになっている二次電池がある。
この3つでひとつの巨大なシステムとなる。

まず発電には、太陽光、風力、原子力などなど、さまざまな方法がある。
しかし、このなかのどれかが市場を占めると言うことではない。
どの技術も一長一短、適材適所で使われていく。
そして、今後も新たな発電方法がでてくるだろう。
そんなわけだから、このなかから銘柄を絞るのは困難なのだ。
まーくん自身は、原子力が最も現実的なエコ発電技術だと考えているが、実際にどうなるかは予想もつかない。

蓄電は、一大テーマになっている電池のこと。
リチウムイオン電池が最有力
ここでも、以前から紹介している田中科学研究所などからも分かるとおり、いまから買っていたのでは遅い

そういうわけで、これから狙っていけるのは送電銘柄。
オバマ大統領が、政策の目玉としてスマートグリッドを挙げていることからテーマ化必至だ。

細かく分けると、スマートグリッドにも2つのテーマがある。
ひとつは電気の使用状況など、送電網を監視し、効率的に電気を利用する技術。
いわゆるIT技術の応用なので、Google、Cisco、IBM、IntelなどIT企業が名を連ねる。
ここでは、日本企業が食い込んでいく余地はないだろうと考えている。

スマートグリッドのもうひとつは、効率的に送電を行う電線。
通常の送電では、電気抵抗により多くの送電ロスが発生する。
これでは、せっかく発電した電気が無駄になってしまう。

これを解決する技術が超電導電線
超電導技術を利用することにより、電気抵抗をなくし電気を有効に活用できるというわけ。
この手の技術は日本のお家芸。
狙うなら超電導電線銘柄だ!

この超電導電線オススメ銘柄は、また次回にでも。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月18日 (火)

手数料値下げ合戦

楽天証券とSBI証券が壮絶値下げ合戦を繰り広げています。
完全に消耗戦の様相です。

以下は、これまでの両社の動向

7/13 楽天証券が手数料を472円から198円に値下げ
       SBI証券が楽天証券に対抗し、手数料を200円から180円に
7/15 楽天証券が、SBI証券と180円に値下げ
7/16 SBI証券が170円に値下げ
7/17 楽天証券が一気に150円へ値下げ
7/21 SBI証券が147円に値下げ
7/28 楽天証券がSBI証券と同額の147円へ値下げ
8/03 SBI証券が145円に値下げ
8/11 楽天証券がSBI証券と同額の145円へ値下げ

安くなることは歓迎なのですが、まーくんのような年に数回しか取引のない長期投資家にはメリットはあまりありませんね。
まぁ手数料を落としてくれない長期投資家よりも、多くの手数料を落としてくれるデイトレーダーがターゲットなのは仕方ありませんが。

それにしても、両社にとって業界最安値の看板は魅力的
もう引っ込みがつかない段階にきているのでしょう。
下げ幅が小さくなってきてることから、そろそろ限界と見ています。
この後、SBI証券がどう動くかに注目です。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月17日 (月)

2009年8月4週展望

お盆休みの間、帰省していました。
もろに帰省ラッシュに巻き込まれ、ついさっき帰ってこれました。
くたくたですが、今週の予想だけしておきます。

まず先週の反省。
アタリともハズレともつかない予想でした。
週後半は、SQを意識して下げると予想したが・・・。強かった。
これだけ強い理由がさっぱり分かりません。

で、今週の予想。
金曜日のNYを受けて、月曜日の日経平均は高く始まるでしょう。
まぁ間違いはありません。
10,500円の壁を超えてくると思います。

騰落レシオも100前後と過熱感はありません。
ドル円の97円は好材料です。
このあたりをふまえて、上値のメドは10,900円とします。
ただ、ここまではいかないでしょうね。

なぜって・・・。今週はSQ。
週の後半は下げに転じると考えています。

週の後半に売りで勝負が、面白いかもしれません。
日経平均の予想レンジは、25日線の9,800円から10,900円です。

いかがでしょうか。

今週はというと、夏休み明けの相場。
注目は、米国の住宅関連指標でしょうか?

そろそろ調整があってもいいと思っていますが、どうでしょう。
為替は94円台。
7月中旬の下落が、騰落レシオの計算から外れたため、騰落レシオは130に急上昇
よくこれで、10,500円を保っているなというのが率直な感想。
下がらないとしても、これじゃあ上がらないよ。

日経平均の予想レンジは、25日線の10,000円から10,800円。
ここから買っていける理由がありませんよ。
週の終値は10,200円と予想。
今週も売り予想で。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月13日 (木)

そろそろ売り始めようかと

日経平均も10,000円オーバーで安定し始めてきたことだし、そろそろ利益がでているところから換金売り
勇気を出して、安いところを買い漁ったことが、ここになって効いています。
最終的に資産の3割程度を現金化したいな。

まずは本日、第一段階として田中科学研究所を200株売却。
2,000円近辺で売るつもりが、あれよあれよと現在2,760円。
一気の上昇で嬉しい誤算。500円で買えたころが懐かしい。

次は配当を貰ってから、タイ株を処分するつもり。10月ころかな。

同時に、スマートグリッド関連銘柄をいくつか物色中。
注目しているのは昭和電線ホールディングス。
明日以降の株価の動向には注目

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月11日 (火)

プチ株つみたて2009/8

最近バタバタしてまして。
ブログの更新が滞り気味ですが、徐々にペースを上げていく予定です。
早速、今月のプチ株つみたて結果を報告します。

先月に続き、今月も少なめのつみたて。
日経平均がこの水準では、多くはつみたてる気はしません。

トヨタがいい感じに利益出しています。

エーザイ 2株
JFEホールディングス 2株
トヨタ自動車 2株
キヤノン 2株
三井物産 6株
日本郵船 50株

これまでの積み立て

銘柄(コード) 保有株数 現在値
平均取得単価
時価評価額
取得金額
評価損益
評価損益率
エーザイ(4523) 64株 3,430円
3,655円
219,520円
233,920円
-14,400
-6.2
JFEホールディングス(5411) 74株 3,690円
4,048円
273,060円
299,552円
-26,492
-8.8
トヨタ(7203) 59株 4,130円
3,400円
243,670円
200,600円
+43,070
+21.5
キヤノン(7751) 67株 3,480円
4,057円
233,160円
271,819円
-38,659
-14.2
三井物産(8031) 201株 1,298円
1,550円
260,898円
311,550円
-50,652
-16.3
郵船(9101) 511株 417円
472円
213,087円
241,192円
-28,105
-11.7

プチ株つみたてはカブドットコム証券で!!!

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 8日 (土)

2009年8月3週展望

本日、富士山頂でNYの結果を確認しました。
ドル円が2円も円安になっていたのには驚きでした。
雇用統計の結果がよかったようですね。
来週も好調でしょうか。

さて先週の相場を振り返ります。
雇用統計を控えて様子見っていうのは、結構当たっていたんじゃないでしょうか。
でも日経平均は意外と強かったかな。
調整入りとまではいきませんでしたが、レンジは想定内の推移でした。
日経平均10,500円にを感じますね。

好決算もちらほらとでてきているが、先週までのような一本調子の上昇はないでしょう。
為替とか騰落レシオとかは関係なく、雇用統計の発表に向けて様子見となる可能性大です。
そろそろ調整入りとみています。

日経平均の予想レンジは、25日線の9,700円から10,600円ですね。
正直なところ、メドと言うメドがないので上限は予想しづらいのです。

で、今週の予想。
金曜日のNYを受けて、月曜日の日経平均は高く始まるでしょう。
まぁ間違いはありません。
10,500円の壁を超えてくると思います。

騰落レシオも100前後と過熱感はありません。
ドル円の97円は好材料です。
このあたりをふまえて、上値のメドは10,900円とします。
ただ、ここまではいかないでしょうね。

なぜって・・・。今週はSQ。
週の後半は下げに転じると考えています。

週の後半に売りで勝負が、面白いかもしれません。
日経平均の予想レンジは、25日線の9,800円から10,900円です。

いかがでしょうか。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)

最近の投資環境事情~今注目のビジネストレンド~

長きに渡って続いた楽天証券10周年記念投資セミナー参加記は、いよいよ最後。
トリは大島和隆氏の講演です。

タイトルにもあるように、注目のビジネストレンド紹介から入ります。

まずは車。
テーマとしてあげていくと、ハイブリッド、ディーゼル、電気自動車、燃料電池自動車が注目だそうです。
これくらいなら、言われなくても分かります。

次は、スマートグリッド関連。
これもキーワードだけですが、発電、蓄電池、全体制御が注目とのこと。

要するに環境関連銘柄と、ひとくくりで言ってしまっていいでしょう。

そして最も注目しているのが、クラウドコンピューティングだそうです。
IT企業に勤めているまーくんにとっては、何をいまさらといった感じ。
こんなものは何年も前からある技術です。
もちろん大島氏もそんなことはご存知で、ようやく採算がとれるようになったという意味での注目だそうです。
ただし日本では当てはまる企業がほとんどなく、このセミナーの主催者である楽天が一番手といったレベル。

最後は日経平均の話。
年初予想した7,000円~11,000円は変更なし。
ここ20年の大幅反転時期の年間上昇率は6割弱。
これに当てはめて、底値の7,000円から計算すると、高値は11,000円になるようです。

ここからは個人的な意見だが、過去に当てはめて6割上昇と考えるのはどうだろうか?
100年に1度とまで言われた暴落相場だったのだから、反転も100年に1度のレベルになると考えるべきではないのか?

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

2009年8月2週展望

田中化学研究所が、好決算上方修正で喜んでいたのもつかの間、昨日は家の鍵を紛失してしまい散々でしたよ。
どうにか家に入ることはできたので、よかったですけどね。
いいことばかりは続きませんね・・・。

まずは、先週の予想を確認してみます。

ほとんど下げることなく上がり続けましたね。
9連勝はバブル期以来だとかで。
どこかで下げるというのはハズしましたが、強気予想は想定内。
しかし、予想レンジの上限を超えていますので、アタリというには気が引けます。
当たらずとも遠からずといったところですね。

日経平均1万円回復確実的になってきました。
問題はどこまで上がるかですね。
1万円を挟んでの攻防を予想しているんですけど、こういう勢いってなかなか止まらないんですよ。

ポイントは、前回高値の10,170円を超えるかどうかというところでしょう。
騰落レシオも100ちょいと、まだ上げる余地は十分に残っていますね。
為替もいまの水準に慣れてきたので、問題ないでしょう。

先週までは弱気予想一辺倒でしたが、今週からは強気に変えます。
しかし、そうは言っても上がり過ぎ。
どこかでちょっと下げるんじゃないかと思っています。

日経平均の予想レンジは25日線の9,600円から10,300円あたりと予想してみます。

好決算もちらほらとでてきているが、先週までのような一本調子の上昇はないでしょう。
為替とか騰落レシオとかは関係なく、雇用統計の発表に向けて様子見となる可能性大です。
そろそろ調整入りとみています。

日経平均の予想レンジは、25日線の9,700円から10,600円ですね。
正直なところ、メドと言うメドがないので上限は予想しづらいのです。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »