« 2009年9月2週展望 | トップページ | タイ株絶好調 »

2009年9月 8日 (火)

温暖化ガス25%削減

民主党の鳩山代表が2020年までに日本の温暖化ガス排出量を「1990年比で25%削減する」と表明しました。
達成できないだとか、負担が増える(環境税の導入などにより、個人の負担増も免れない)だとか反発もあるようですが、個人的には大歓迎

個人的には、表明したからと言って、必ずしも達成しなくてもいいと思っています。
結果15%しか削減できませんでしたもありかなと思うんですよ。
5%削減を目標にして5%削減するよりも、25%削減を目標にして15%削減するほうがいいに決まってるし。

日本が世界に技術力を示すことで、お金を呼び込む可能性もあるわけだし、マイナスなことばかりではありません。

総理になる人の発言ですから、本気度はかなり高いでしょう。

10年たって削減目標が達成できていたら、環境銘柄の株価は10倍どころじゃありませんよ。
エコ技術を持つ日本企業が、世界屈指の企業になるなんてことも。
環境銘柄からは当分目が離せませんね。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 2009年9月2週展望 | トップページ | タイ株絶好調 »

株日記」カテゴリの記事

コメント

--- 鳩山由紀夫のCO2増大策 ---
毎年3兆円の税金を投入して、高速道路を無料にしてレジヤーで高速道路を利用する人を優遇する。
利用増による渋滞によって、排ガスが増加するだけでなく、運送会社や高速バス会社は予定の時間通りに走れず事業が成り立たないので、無料化に反対している。渋滞はマイナスの経済効果となる。
自家用車の利用増及び走行距離の増加によって、排ガスが増加して地球温暖化および健康被害を加速させる。
本来、モーダルシフトによって、自家用車から公共交通機関へ移行させて、ガソリン使用量及び二酸化炭素の排出量を減らして省エネルギー及び温暖化対策とするべきであるが、その逆を推進しようとしている。
新聞社による全国の知事へのアンケート調査では、高速無料化を評価した知事は岩手、徳島、沖縄のわずか3知事だけ。
(注)排ガスに含まれる有害物質は、煤塵、窒素酸化物、硫黄酸化物、炭化水素、二酸化炭素など。

投稿: 在日民主党 | 2009年9月24日 (木) 19時58分

nosmoking 毎年3兆円の税金を投入する高速道路の無料化によって集客範囲が拡大するとイオン(株)は期待しており、大型店の出店を増やす予定である。
商圏が拡大すると自動車の走行距離が長くなり、排ガスの排出量が増え健康被害および地球温暖化が加速する。
(商圏の拡大は地元商店の衰退をもたらす。)
なお、イオン(株)社長の岡田元也は、民主党の岡田勝也の兄である。

投稿: 在日民主党 | 2009年9月24日 (木) 19時59分

在日民主党さんへ

この辺のことはいずれネタにしようと考えていました。

私も高速道路無料化は反対です。

しかし運送会社が反対しているっていうのは、ホントでしょうか?
渋滞しても余りあるメリットがあると思うのですが・・・。
まぁ個人的に改革しようという気持ちは評価します。

25%CO2削減を目指すにあたり、バランスをとるには、荒治療ですがガソリン車の税金を極端に高くしてしまうべきでしょう。
そして電気自動車は、ただ同然の税金にして、早期に普及をはかるというのはどうでしょう。
アメばかりでなく、ムチも必要だと思います。

最後に、イオンと高速無料化はまったく関係ないでしょう。
どちらかと言えば、鳩山さんが株を大量に保有している「ブリヂストン」のほうが恩恵を受けると考えています。
そうとられても文句言えない政策だと思うのですが・・・。

投稿: まーくん | 2009年9月25日 (金) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/46151640

この記事へのトラックバック一覧です: 温暖化ガス25%削減:

« 2009年9月2週展望 | トップページ | タイ株絶好調 »