« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月29日 (日)

2009年12月1週展望

先週の結果

またまた、はずしてます。ひどい予想ですね。
ドル円は84円台つけるし、日経平均は予想レンジの下限を振り切って9,000円台まで下落散々ですよ。

それにしてもドバイショックってなんだよ。
たかだか5兆円の負債。邦銀の損失なんて100億円程度だっていうじゃないか。
これは、どう考えても過剰反応。

しかーし買い場到来と、この事態をポジティブに受け止めてみます。
来週は月曜日から強気に買っていきますよ。

おまけに私事ですみませんが、まーくんの勤務する会社では冬のボーナスは良くて大幅カット、最悪なしと考えていたのが、通常通り支給されるそうです。
外部環境は予断を許さない状況ではありますが、思いのほか会社の経営状況は悪くなかったみたい。

ボーナスのことも含め最近思うことがあります。
それは何かっていうと、ホントに世の中は不景気なのだろうかといこと。
まーくんの周りでは家を買う人も多いし、テレビやらなにやら、結構贅沢している人多いんですよ。
いまの不景気は、マスコミによって作り出された偽り不景気なんじゃないかって・・・。

以下は先週の予想の引用。

気がかりは為替の円高進行です。
いったい、どこまで進むんでしょう。

一方で出来高が増えてきています。
騰落レシオも60台中盤と底値水準です。

まーくんの判断としては、この水準なら迷わず買いです。
いまの状況が、日経平均9,000円を割り込むほど酷いとは思えません。

予想レンジを9,200円~10,000円とします。
今週こそやや強気で。
決算が悪くなかったにもかかわらず、大きく値を下げている銘柄でも仕込んでください。
はしないでしょう。

今週の予想

ドル円80円台にはもう慣れました。
騰落レシオは60割ったし、RSI見てても底値圏、ここで買わずしていつ買うんだ。

予想レンジを9,000円~9,600円とします。
もう難しいこと考えないで買いましょう。
買う銘柄さえ間違えなければ、数ヵ月で利益が出るでしょう。

今週は勝負の週ですよ。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

ドル円底抜け

ドル円が、今年1月の高値(87円10銭)を底抜けして86円台に突入した。

これで日経平均も大幅下落?と、仕事中だったがこっそりと行方を見守っていたわけです。
しかし思いのほか日経は強く、崩れない。

86円で悪い反応を見せなければ、85円だろうが84円でも同じ円高に変わらない。
この先、為替が原因での下落はないと判断(さすがに70円台になったら話は別だが)、安くなった木村化工機を100株買い増し
実は本日、タイ株を売却したお金がちょうど入ってきたばかりだったのだ。

木村化工機は上方修正したにもかかわらず、ここ数日間下落が続いてお手ごろ価格。しかも環境銘柄です。

日経平均は下げても9,000円辺りと踏んで、ここからは金の続く限り買い漁るぞ!

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

いまは住宅の買い時でない

まーくんの実家は千葉県のなかで、都会でも田舎でもない中途半端な地域だ。

この前、久しぶりに実家の近くを車で走ることがあったのだが、昔は空き地だったところには所狭しと住宅が建てられていた。
さほど便利でもないこの地域に、これほどまでに家を買う人がいるのだろうか?
日本の人口はすでにピークアウトしているにもかかわらず。

ギモンに思いつつ国の統計を元に調べてみた。

世帯数は核家族化、単身世帯化により、いまだ増加しているようだ。
ただ、これも2015年あたりでピークを迎える。

それでは、総住宅戸数はどうだろうか。こちらも予想通り増えている。
あれだけ身の回りに住宅が増えているのだから、当然の結果だ。

そして大事なのはここから。
現状では総住宅戸数が世帯数を上回っているのだ。
住宅の1割程度が空室だと言う事実。
そして空室率は、年々上昇していると言うのだ。

物の値段は需給によって決まるわけだから、近い将来には放っておいても住宅価格は値崩れするはずだ。
予想では、第二次ベビーブーム世代(現在の30代)の住宅購入が一段落したあと、値崩れが始まるのではと考えている。
金利が低いからといって、いまが買い時なわけではない。

そんななか、穴吹工務店が更生法を申請したり、アルデプロの粉飾決算など、業界に暗い影を落としています。
それらを全部ひっくるめて、不動産は長期で売りかなと。
不動産投資も以前は興味を持っていたけど、チョット難しいだろうな。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

勝ち馬に乗れ

ダイヤモンドザイの最新号(1月号)に興味深い記事がありました。

どんな内容なのかと言うと、ウォーレン・バフェットの運用成績がマイナスだったのは、44年の間でたったの2年だけ。
インデックスに負けたのは同様に44年間で6年。
神がかっていると思いませんか?

でもバフェットが何を買うかなんて分からないし・・・
そんなあなた。それならすでに投資している銘柄に投資すればいいんじゃないですか。
盲点でした・・・その通り。
バフェットがどこに投資しているかは、ネットで調べればすぐに見つかるでしょう。

安いうちに購入した銘柄を、数年かけて数倍にもするというのが、バフェットのやり方。
バフェットが購入したと報じられ株価は急騰。でも10%くらいなら騰がっても気にしない。
だって数倍になるんだもん。

投資する銘柄を選ぶにあたり、以下の点は注意しましょう。
・バフェットが購入してからあまり上昇していないもの
→バフェットの買値から10%程度
・購入後5年以内
→あまり時間が経っていると、バフェット購入時とは事情が変わっているかも
・5年以上長期保有すること
→これをしないと、バフェット銘柄を買う意味がない

ちなみにアメリカ株は、楽天証券などを利用しADRを通じて買うことができますよ。
試してみてはいかがでしょうか。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

2009年11月4週展望

先週の結果

先週の予想でやや強気なんて・・・
恥ずかしいくらいのはずしっぷり。
ギリギリ予想レンジ内で収まっていたのが唯一の救い。

それにしても弱いよ!!!じわじわ毎日のように下げている
まーくんはここ10日ほどで、資産の一割が消えていきましたよ。

問題は為替と一向に方針が見えてこない政策でしょうか。
事業仕分けも大事ですが、そればっかりやっていてもダメですよ。民主党さん。
民主党が政権をとってから、日経平均は下がり続けてるってことをそろそろ認識してくださいね。
株価対策も必要ですから。

以下は先週の予想の引用。

まだ三菱UFJが残っていますが、決算はほぼ出揃いました。
内容は意外と良かったように思えるので、週の後半には様子見していた人たちが買ってくるんではないかと考えています。

幸い現在の日経平均株価は、前回安値の水準。
買い戻しやすい環境は揃っています。
為替がもう少し円安になってくれれば問題ないんですけど・・・

ひとまず今回は、予想レンジを9,400円~10,200円。
どちらかと言えばやや強気
なんだか曖昧な予想ですね。すみません。

まぁ週前半に9,500円に近づくことがあったら、買ってみるのもいいでしょう。

今週の予想

気がかりは為替の円高進行です。
いったい、どこまで進むんでしょう。

一方で出来高が増えてきています。
騰落レシオも60台中盤と底値水準です。

まーくんの判断としては、この水準なら迷わず買いです。
いまの状況が、日経平均9,000円を割り込むほど酷いとは思えません。

予想レンジを9,200円~10,000円とします。
今週こそやや強気で。
決算が悪くなかったにもかかわらず、大きく値を下げている銘柄でも仕込んでください。
はしないでしょう。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

タイ株売却

ついについにタイ株(タイオイル、バンコク・エキスプレスウェイ、ティプコ・フーズの3銘柄)を売却しまいました。
思えば、タイ株を購入したのは昨年の12月
冬のボーナスでの中国株とタイ株に半分ずつ投資しました。

タイ株は運良くほぼ底値で購入できたので、今回は利益確定です。
しかし、そうは言っても手数料(特に為替手数料)が高すぎたので、それほど利益は出ていません。
全額中国株に投資すべきだったと後悔

現在、まーくんのなかで魅力的な海外の投資先は、中国、ブラジル、インドの順。
投資環境と言う面で考えると、中国以外に個別外国株へ投資できる国はないと考えています。
そうすると、無理に政変が多いタイに投資する魅力は感じなくなったことが売却理由のひとつ。

もうひとつは、利用していたユナイテッドワールド証券がタイ株から手を引いたこと。
これが決定打となり、売却するに至りました。

現在、ユナイテッドワールド証券でのタイ株は、電話での売却注文のみしか受け付けていません。
電話での売却には、口座番号を控えておいてください。まず最初に聞かれますから。
そしてかんたんな本人確認の後に、売却注文という流れ。

売却注文は、オペレータの方が現在すぐに約定できる値段を教えてくれます。
特に希望がないまーくんは、言われるがまま即座に売却。

出金は約定日を含め4営業日後。
再度電話で出金の依頼が必要だそうです。

この円高ピークで出金せずとも、円安を待ってから出金すると言う手もあります。
しかし、いまはすぐに出金し、その資金で安くなった日本株を購入するのが得策
どの銘柄を買うかは、週末に検討だー!

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年11月18日 (水)

田中化学研究所よまだ下げるのか?

三空だから田中化学研究所は買いだとか煽っておいて、本日も爆下げでした。すみません・・・

でも、ひとつだけ言い訳させてください。
今日の下げはここに限ったことではありません。
戸田工業やGSユアサもダメ
リチウムイオン関連銘柄はほぼ全滅でした。さらには環境銘柄全般ダメでした。

田中化学研究所が大きく下げている原因は、決算の数字が期待以上に悪かったからだったと言われています。
しかし、まーくんは決算なんて元から期待はしていませんでした。
どうせ決算なんて水物
こんなものに振り回されていたら、いつまでたっても勝てませんよ。

確かなことは、将来あらゆるものが電池で動くようになると言うこと。
だから上がっていっているときには少しずつ利益を確保しつつ、下がっているときは強気で買い増せばいい。
どうせ底値で買うなんて無理なんだからさ。

ただ、出来高も増えてきているのではすぐそこ。(スミマセン)

それにしても、田中化学研究所に限らずあらゆる銘柄がバーゲンセールのように安くなっております。
買いたい銘柄は山ほどあるのですが、下がっていく過程でかなり買い込んだため、すでにノーマネー
ここからは先は信用の枠を使うしかありませんな。

しかし、今の日経は何があっても上がらないんだよなぁ・・・
日経平均は、民主党が政権をとった日から下げっぱなしだもん。
ん?ということは必然的に悪いのは民主党か!?

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

田中化学研究所のチャートが三空を形成

三日連続で下放れしながら陰線が連続するチャートパターンを三空叩き込みといって、相場の反転を暗示しています。
いま、田中化学研究所のチャートを見ると見事にこの三空が形成されています。

本日の値動きを見ていても、売りは枯れてきた印象を受けました。
こうなると明日からはふたたび上昇トレンドになる可能性大です。
今日買った人がおそらく正解だと思います。

まーくんは金曜日のS安で買ってしまいました。
いつも一手早いんです。落第ですね。

念のため言っておきますが、明日から絶対に上がると言ってるわけではありませんよ。
上がるか下がるかといったら、上がる確率のほうが高いと言っているのです。

しかし、下がっているときに買いを入れるには勇気が要ります。
いくら偉そうなこと言ってる人でも、こういうときに買えないような人はもしませんが、儲けらることもできません
ただひとつ貴重チャンス失い続けるだけです。

目標株価は2,600円です。今年中には達成できるんじゃないかな?
なんて偉そうなこと書いて、はずしたらゴメンナサイ

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

2009年11月3週展望

先週の結果

先週の日経平均は、ダウに引っ張り上げられていただけ。
ダウの助けがなければ、ストンと落っこちていたことでしょう。
日経弱すぎです。

何故こんなにも弱いのか?
機械受注も良かったし、決算だって悪くないではないか。
もう人々の意識は来期に向かっているようだが、そんなに悲観しなくともいいと思うけどな。

しかし、そのおかげで予想が当たり見事な横ばい。

以下は先週の予想の引用。

そして今週です。
為替が80円台と円高に振れているのが気になりますが、いまさら気にするほどでもない水準。
オプションSQですが、これも気にすることなし。
材料はこのくらい。良くも悪くも材料なし。

予想レンジは9,400円~10,100円と、横ばいで推移するでしょう。
いまの株価なら、少しずつ買いを入れていってもいいかもしれませんね。

今週の予想

まだ三菱UFJが残っていますが、決算はほぼ出揃いました。
内容は意外と良かったように思えるので、週の後半には様子見していた人たちが買ってくるんではないかと考えています。

幸い現在の日経平均株価は、前回安値の水準。
買い戻しやすい環境は揃っています。
為替がもう少し円安になってくれれば問題ないんですけど・・・

ひとまず今回は、予想レンジを9,400円~10,200円。
どちらかと言えばやや強気
なんだか曖昧な予想ですね。すみません。

まぁ週前半に9,500円に近づくことがあったら、買ってみるのもいいでしょう。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

田中化学研究所がS安

田中化学研究所は、水曜日引け後の決算が普通の内容だったことで木曜日は失望売り
本日(金曜日)は、野村のレーティング引き下げによるストップ安

前から思っていたんだけど、レーティングというものは株価操縦にはならないんだろうか?
レーティングひとつで、株価なんて証券会社の思い通り。証券会社がやれば合法なのかよ。
まぁ引き下げてきたってことは、きっと安く仕込みたいってことなんだよな。

ところで、まーくんの田中化学研究所の平均取得単価は3桁。
その上、持ち株の4割はすでに売却済み。
投資額の回収は済んでいたので、今回の決算は比較的冷静に眺めていました。

Yahoo!の掲示板などでは決算前には、「目標株価5,000円」だとか「5桁も夢じゃない」みたいな買い煽り発言がありましたが、さすがにそりゃねーよと思ったし。
いまはいまで、「適正株価は700円」だとか・・・。
さすがにそれもねーだろと。
冷静に読んでると楽しいものです。

自分なりに下値は高値から1/3下げた2,400円あたりと考えて、無理を覚悟で本日ストップ安価格で注文だしていたら通ってしまいました。一手早すぎたかなと反省

こうなると次の下値は半値の1,700円あたりなんだろうか?
いやいや、さすがにそこまでは下げませんよ。
だって、月曜日も窓を空けて下げれば三空で買いですから。
月曜日は寄り付いたら反発するでしょう。いや、するべきだ。

そういえば、水曜日には昭和電線ホールディングも80円で買い増ししちゃいました。
現金比率を高めようと、利益の出ている持ち株を、じわじわと売っていたのに、今週で現金全部使いきちゃった。
だって買いたい銘柄がことごとく安いんだもの。
嬉しい悩みですね。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

プチ株つみたて2009/11

プチ株つみたての時間がやってまいりました。

今月は、ちょうど株価が調整中なので、普段より1万円強多めに積み立ててみましたよ。
はたしてこれがとでるか?

コナミの下落痛いけど、積み立て投資なので気長にいきますよ。

エーザイ 3株
資生堂 5株
キヤノン 3株
みずほ 87株
コナミ 13株

これまでの積み立て

銘柄(コード) 保有株数 現在値
平均取得単価
時価評価額
取得金額
評価損益
評価損益率
エーザイ(4523) 64株 3,270円
3,618円
209,280円
231,552円
-22,272
-9.6
資生堂(4911) 136株 1,652円
1,549円
224,672円
210,664円
+14,008
+6.6
キヤノン(7751) 61株 3,430円
4,003円
209,230円
244,183円
-34,953
-14.3
みずほ(8411) 1,217株 178円
183円
216,626円
222,711円
-6,085
-2.7
コナミ(9766) 129株 1,522円
1,741円
196,338円
224,589円
-28,251
-12.6

プチ株つみたてはカブドットコム証券で!!!

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

楽天CFDが今年の12月に開始予定

楽天証券が今年の12月にCFDの取り扱いを開始予定です。

まずは、知らない人のためにCFDをかんたんに説明。
ざっくりいうとFXは為替だけだが、株価指数から商品などあらゆるものを差金決済する取引がCFD。
FXもいうなれば、CFDの1つなのだ。

楽天CFDでは、アップルやグーグルなどの米国個別株や、米国や英国、フランスなど先進国株価指数、はたまた原油や金、銀をFXのように小額の証拠金で取引ができる。

そもそも日経平均の値動きは、前日のダウの結果に大きな影響を受けますよね。
それなら日経225先物などせず、ダウに投資したほうがスマート
これだけでも十分なメリット

これまでまーくん自身もCFDはちょこちょこ挑戦していました。(CFDはじめましたCFDはじめました(その2)
しかしメインの楽天証券と、CFDを利用していた証券会社との間での資金移動が面倒で、なかなか定着しませんでした。
楽天証券がCFDを開始すれば、その手間もなくなるので、気軽にできるようになることでしょう。

楽天CFDの良いところは表示が日本語表示ってところ。
多くの証券会社は表示が英語。
英語が得意な人には問題ないのでしょうが、日本語しか分からないまーくんにはチョット・・・。

楽天証券に口座を持っている方は是非CFDにチャレンジしてみてください。
口座がないなら開設してください。
CFDという選択肢があるのとないのでは、投資の幅の広がりが大きく変わってきますよ。

 

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年11月 8日 (日)

2009年11月2週展望

先週の結果

先週は大きく売られるところから始まりました。
しかし、思っていたほどの下落でもなく「日経は意外と強いのか!?」と思ったのですが・・・
そんなことはありませんでした。

NYが200ドル超上げても、日経はほとんど上げず。
日経の弱さだけが目立った1週間。

決算は良い結果がでていますが、先行きを考えると不安というのが、いまの日経の弱さに現れているんだと考えています。

自分の予想は方向性はあっていたし、ほぼ想定内の結果でした。

以下は先週の予想の引用。

為替は再び円高。そして週末のNYも-250ドルと大暴落
週明けから日経は大きく売られる展開が予想されます。

来週は25日移動平均線が、上値の抵抗線となるでしょう。
問題は下値がどの辺りかと言うこと。
まーくんは最悪でも9,400円までかなと考えています。
これまで、25日移動平均線から700円下くらいで、下げ止まっているところから計算しています。

予想レンジは9,400円~10,100円。
弱気ですが、9,500円台まで落ちてきたら、買ってみようと思っています。

今週の予想

そして今週です。
為替が80円台と円高に振れているのが気になりますが、いまさら気にするほどでもない水準。
オプションSQですが、これも気にすることなし。
材料はこのくらい。良くも悪くも材料なし。

予想レンジは9,400円~10,100円と、横ばいで推移するでしょう。
いまの株価なら、少しずつ買いを入れていってもいいかもしれませんね。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

非エコカー増税

「燃費の悪い車は増税もありうる」と峰崎直樹財務副大臣が言ったそうで。
まぁ、それもやむなし。
早急にエコカーへの買い替えを促すのも狙いもあるでしょう。

また高速道路無料化実現のために、車を乗らない人に負担させるのはナンセンスだし、何といっても温室効果ガス削減に反する
やはり車に乗ってる人から多く徴収しないのはおかしいです。

しかし、それだと、あまり車には乗らないけど、燃費の悪い車を持っている人が一番をするというおかしなことにもなります。
結局、ガソリンに課税する現行の方式でいいんじゃ・・・

この非エコカー増税の実現で、一番きついのは、エコのイメージがないマツダ(7261)。
ロータリーエンジンは非エコだし、水素ロータリーエンジンもうどうだか。
マツダの空売りでも検討かな。

それにしても選挙前は減税を強調していたにもかかわらず、実際はマニフェストの先送り増税ばかり。
そのうち民主党は国民に愛想つかされるぞ。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

東京モーターショー2009

2年に一度、幕張メッセで開催される東京モーターショーを見てきました。
もともと車は好きだし、車業界の動向を知ることは、株式投資にはプラスになることでしょう。
こういう事にでもアンテナを張っておけば、ふとしたときに思わぬ投資のヒントにもなり得ます。

ところで、今回のモーターショーは、不況の影響からか出展は少なく、外国メーカーはほとんど不参加
ここでも、景気はまだ回復していないと実感。本格回復はまだ先だなと実感。

また、モーターショーに若者が少なかったことも気になりました。
若者の車離れは予想以上に深刻なのかもしれません。

ところで、今回のモーターショーのテーマはエコです。
前回のモーターショーでは、エコカーは少数でしたが、今回はメーカーによって電気自動車、燃料電池車、水素自動車、プラグイン・ハイブリッドと方式は様々ですが、全メーカーがエコカーメイン。
各社、環境負荷が少ないことをアピールしていました。

個人的には様々な方式のなかでも、通常は電気自動車として走りますが、電池がなくなるとガソリン車として走るプラグイン・ハイブリッドがいまは最有力かなと思います。
日本であれば国土も狭く、電気自動車もありえない選択肢ではありますが、国土の広いアメリカや中国では、いまの電池性能では航続距離の面で少し厳しいと思うんですよ。
私見になりますが、世界で勝負するにはプラグイン・ハイブリッドだと思っています。

しかし、どうあったとしても、電池、モーターは重要な技術。
これからの世の中では、何をするにも電池が必要。
まだまだ、電池、モーター関連企業の株価は上がっていくでしょう。楽しみです。

全体としての感想はこのくらい。

メーカー別で見ると、スバルが予想以上に健闘していたようです。結構な人だかりでした。
でも一番はやはりトヨタ。大人気でした。
まだまだトヨタの天下は続くのでしょうね。

でもトヨタもハイブリッドばかりに固執していたら、いつか時代に取り残されます。
強い企業が生き残るのではなく、環境に適応できる企業が生き残っていくんです。
恐竜が生き残れなかったように、このことは進化の歴史が証明しています。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

2009年7~9月期決算をみて

全ての決算をチェックしているわけではないのですが、ここまでの2009年7~9月期決算をみると、かなり良い数字。
利益は予想を大きく上回っているように見受けられます。

しかし株価はと言えば下降線。この理由を考えてみた。
NYが軟調と言うこともあるが、考えられることは、利益は伸びているが売上高は伸びが低いことでなかろうか。
要するにリストラなど経費削減効果がでて、利益をなっているだけなのだ。
このやり方では、遅かれ早かれ限界が来るのは目に見えているだろう。
それが軟調な株価に現れているのだ。

家庭で例えるなら、年収は上がらないが旅行や外食などの贅沢を控えて、貯金しているようなもの。
やはり年収が上がらないことには、家庭に幸福は訪れないよ。

しかし、決算は良いに越したことはありません。
この株価が低迷しているいまこそ、好決算企業の株をチャンスですよ。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

2009年11月1週展望

先週の結果

先週はさっぱりでした。完全にNYに翻弄されました。
日経平均は、25日移動平均線を割り込んで売りの展開。
年初来高値更新なんて、夢のまた夢でしたね。
弁解の余地もありません。

以下は先週の予想の引用。

為替が円安に向かっていることは、徐々に日経平均に好影響を与えていくでしょう。

騰落レシオは80台後半。まだまだいけます。

チャートでは25日移動平均線(10,100円付近)が下値支持線になっています。
また、上値は10,400円あたりが壁になっているようです。

さらに、今週からは日本企業の決算が本格化します。
決算では、それほど悪い数字はでないと思っています。
よほど酷くでなければ、懸念材料が消えるので好材料と受け止められるでしょう。

これらを総合して、日経平均は年初来高値(10767円)を目指して進んでいくと考えています。
予想レンジは10,000円~10,700円。
今週は強気ですよ。

ただ、25日移動平均線を割り込むような展開になれば、手のひらを返して売りで!

今週の予想

為替は再び円高。そして週末のNYも-250ドルと大暴落
週明けから日経は大きく売られる展開が予想されます。

来週は25日移動平均線が、上値の抵抗線となるでしょう。
問題は下値がどの辺りかと言うこと。
まーくんは最悪でも9,400円までかなと考えています。
これまで、25日移動平均線から700円下くらいで、下げ止まっているところから計算しています。

予想レンジは9,400円~10,100円。
弱気ですが、9,500円台まで落ちてきたら、買ってみようと思っています。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »