« プチ株つみたて2010/1 | トップページ | 2010年米国経済・株式相場の見通し »

2010年1月15日 (金)

日本経済の現状と今後の展望

楽天証券2010年新春講演会より、竹中平蔵氏の講演「日本経済の現状と今後の展望」です。
ご存知の通り、竹中平蔵氏は小泉元首相のもとで大臣を務めた方ですよ。

まーくんなりに講演内容を噛み砕いて、まとめたつもりです。
講演者の意図しない内容も含まれるかもしれません。その旨ご了承ください。

それでは内容に入ります。
まーくんが15分遅刻して会場入りしたため、前半部分は聞き逃してしまいました。
竹中平蔵氏の講演は、まとめると大きく以下の3つに集約されると思います。

2010年日本経済見通し

参院選までは、民主党は失敗恐れあまり動きはないと予想される。
また中国の景気に支えられ、悪くはならないだろう。

ただし参院選後は、民主党にも何らかの動きがあるだろう。

また年後半には、中国で上海万博が終了
それが日本の景気へも影響してくるだろう。
そのため、あまり期待はできない。

民主党への提言

民主党が名目GDPを650兆円にすると明言したことは、大いに評価できる。
しかし、それ以外は全くダメ。全く経済のことを考えていない。
竹中平蔵氏は、成長戦略を見直すべきだと手厳しい

そもそも民主党も自民党もやっていることは、本質的に変わりない。
自分たちの有利になるところへの、金をバラマキだ。

自民党→公共事業
民主党→子供手当て

竹中平蔵氏曰く、公共事業は100のお金を使えば、100の効果が得られる。
しかし子供手当ては、100使っても100の効果は得られない。

ここで来場者に子供手当ての賛成/反対を、挙手でアンケートしたところ、興味深い結果が得られた。
なんと、まーくんを含めた来場者のほとんどが、子供手当てに反対と言うのだ。

そもそも子供手当ては少子化対策というが、すでに生んだ人にお金を支給しても対策にはならない。
少子化対策をするなら、これから生む人に支給するようにすべきだ。
たとえば、子供を1人生んだら100万円、2人目は300万、3人目は500万のように、多く生むほどメリットが出るようにしなくてはならない。

今後日本がすべきこと

それは、多くの国で実施しているが、日本でやっていないことだ。
具体的には次の2つ。

  • 法人税の減税
    日本の法人税が、世界的にも高いことは周知の事実。
    法人税を減税することは、企業を強くすることにつながり、ひいてはそれが国民のためとなるのだ。
    台湾では相続税を一律10%にしたところ、華僑が台湾に戻ってきて、国が良くなったとも言われている。
  • ハブ空港の整備
    アジアでハブ空港の整備をしていないのは、2国だけ。
    1国は日本。そして、もう1国は・・・北朝鮮だ。

最後に。

普通の国であれば、このような政策をとっていたら、経済はズタボロ
それでも、ある程度の水準を保っていられる、日本の底力は認めるべきだ。

また、日本の環境技術スゴイ
GDP1ドルあたりのCO2排出量は欧米の半分。中国、インドの1/9だそうだ。
世界中が日本の技術を持てば、CO2排出量は全世界で1/3になるとのことでした。

 

にほんブログ村 株ブログへ

|

« プチ株つみたて2010/1 | トップページ | 2010年米国経済・株式相場の見通し »

セミナー」カテゴリの記事

コメント

民主党をはじめとする反日組織は、日本人弱体化のため、少子化推進政策を影で進めていると思われます。
・一人で行動する女の子はかっこいい
・離婚はかっこいい
・晩婚が流行している
・草食男児
等のデマを流して国民を洗脳・意識改革し、少子化を推進して移民1000万人(最終的には一億人)計画の大義名分にしようとしています。

しかも、欧米離れと韓国ブームを仕掛けて韓国人男性と日本人女性を結婚させて在日韓国人の増殖をたくらんでいます。
しかし、最終的には中国人の方が大量に日本に上陸するため、韓国人も抹殺される危険性が高いことを彼らは知らないのでしょう。。。
従って、韓国人は日本に見方した方が自国の平和が続くことを知るべきです。

また、欧米系、イスラム系、台湾人など、中国の漢民族以外の全ての民族は迫害される可能性が高いです。

マスコミは誰の手に落ちたのか
http://www.geocities.jp/moai33jp/_gl_images_/kokusekihou.JPG

【村田春樹】シミュレーション「もしも外国人地方参政権が成立したら?」[桜H22/1/5]
http://www.youtube.com/watch?v=NlsikmAlAE4

投稿: 少子化の真実 | 2010年1月16日 (土) 14時02分

始めまして、ブログとツイッターを最近始めた仲沢です。上記ブログのURLにご関心の経済のことにつき、宇宙を含めた大局的な見地から意見を述べていますので、ご参考にして下さい。

投稿: Hiro Nakazawa | 2010年8月 8日 (日) 18時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/47296973

この記事へのトラックバック一覧です: 日本経済の現状と今後の展望:

« プチ株つみたて2010/1 | トップページ | 2010年米国経済・株式相場の見通し »