« 物色の対象は外需から内需へ | トップページ | フレーミング効果 »

2010年4月18日 (日)

2010年4月4週展望

先週の結果

ようやく下がり始めましたね。
日経平均11,000円割れのシナリオが現実味を帯びてきました。

いったんこうなると、当分は下げ続けるでしょう。

株価が上がってくれるのはもちろん嬉しいですが、あまり過熱しすぎるのもよくない。
適度に相場の熱を冷ましながら、ゆっくりと上昇してもらいたい。

以下は先週の予想の引用。

為替の円高トレンドは一服。そして騰落レシオの高さ。
これでは、さすがに買いづらい状況。
国内でこそ売り要因は見つかりませんが、海外では人民元の切り上げやら、ギリシャ関連やらで不安要因あり。

ここからは、いったん騰落レシオの冷め100程度までに下げないことには、次の上昇はないでしょう。
そのシナリオとして2通り考えられます。

1つは一気に株価を下げる、スピード調整。
上記、不安要因が悪いほうに向かえば、世界的に株安に向かうでしょう。
その場合の日経平均下値のメドは10,600円です。

もう1つは、日柄調整で騰落レシオが下がっていくケース。
これだと、下げても11,000円は割り込まないでしょう。

どちらもありえますが、後者のシナリオが有力とまーくんは考えます。
なぜかといえば、国内には大きな問題はないからです。

そこで、今は売りポジションを多めにして、騰落レシオが100くらいまで下げたところで清算。
そんな戦略を取ろうと思っていますよ。

そういう訳で、今週も「売り」です。
毎週売りって言ってますね。ていうか上がらないでしょう。
日経平均予想レンジは10,600円~11,500円です。

今週の予想

月曜日の11,000円割れは確定的でしょう。
月曜日のうちに25日移動平均線を回復できれば、強さを見せるかもしれません。
しかし、為替は円高だし、この騰落レシオの高さでは一度熱を冷まさないことには再上昇はないでしょう。

今週の見通しとしましては、先週挙げたスピード調整のシナリオが濃厚になってまいりました。
良くて11,000円を挟んだ展開。
最悪の場合、今週は10,700円まで下げるでしょう。

今週は、値がさハイテク株の空売り、円高メリットの株を買いの方針でいかがでしょう。
売りにしても買うにしても、信用倍率、逆日歩には気をつけてくださいね。

そして、今週も「売り」ですね。
日経平均予想レンジは10,700円~11,200円です。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 物色の対象は外需から内需へ | トップページ | フレーミング効果 »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/48118497

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年4月4週展望:

« 物色の対象は外需から内需へ | トップページ | フレーミング効果 »