« 2010年4月5週展望 | トップページ | ゴールデンウィーク後の投資法 »

2010年4月28日 (水)

分散投資と集中投資

投資の本なんか読んでいると、分散投資至上主義のような内容を良く見受けます。
投資は分散しなきゃダメだみたいな決めつけ。
そして分散投資を妄信する投資家たち。

分散投資懐疑派のまーくんは、そんな書籍を読んだり、投資家の話を聞くとうんざりします。
そもそも本当の意味の分散投資をしている投資家が、どれほどいるのかギモンです。

「トヨタとホンダと日産に分散して投資しています」
これで分散投資とは言ったら笑われますよね。

もう少し広げて、「日本株を10銘柄程度業種をばらけて投資しています」
うーん。日本株だけでは、分散投資なんて言えません。

じゃあ、「中国株と日本株、それとETF、あとは米国株チョット」
これも資産が株だけで、分散していることにはならない。

本来、現金であったり、株、債権、為替、不動産、商品などあらゆるものに分散させてこそ分散投資。
しかし、こんな投資ができるのは金持ちだけだと思います。
そして、どんなに分散したところで、ひとたび危機が起きればリスクマネーは一気に逃げて行きます。
こうなったら分散ももありません。

そこで、まーくんを含めた小額の投資家は、集中投資すべきとなるのです。
そんなまーくんも株を30銘柄程保有していますが、柱となるのは中国株、環境株、高配当株の3本です。
とにかく自分の信じるテーマに突っ込む。それだけです。これこそ集中投資。

ここまで書いて、以前も同じようなこと書いたような気がしてきました。
自分の考えにブレがないと言うことでしょうか。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 2010年4月5週展望 | トップページ | ゴールデンウィーク後の投資法 »

株日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/48201642

この記事へのトラックバック一覧です: 分散投資と集中投資:

« 2010年4月5週展望 | トップページ | ゴールデンウィーク後の投資法 »