« 日経平均9,500円割れ | トップページ | ゴールデンクロス目前 »

2010年5月30日 (日)

2010年6月1週展望

先週の結果

金、土、日の3日間で、屋久島へ行ってきました。
雨の多い屋久島ですが、旅行中は天気も良く、充実した旅行となりましたよ。
そんな訳で週末は相場を見ていなかったため、ただいま復習中です。

そして、先週の予想ですが・・・。
当たっていると言っていいのかは分かりませんが、悪くはない予想だったと思いますが、どうですかね?

以下は先週の予想の引用。

底抜けしてしまいましたが・・・
騰落レシオは70を割り込み。PERの低下。移動平均との乖離率拡大など、多くの指標が底打ちを示唆しています。

そうは言いましても、国外の状況は不安定で勝負どころの判断は困難
安全にいくなら、買いは日足のMACDがゴールデンクロスしてからでもいいでしょう。

まず、ここから日経平均が反発するためには、為替の安定が必要。
いまの為替水準では、大きい上昇は見込めない。
早期の10,000円復帰を果たすためには、一層の円安が求められます。
結局、欧米の相場に大きく影響を受けることになるでしょう。

しかし国内に問題はあまりなし。
ここは年に1回あるかないかののチャンスです。
まーくんはこれまで、なかなか買えなかった銘柄を信用枠を利用し仕込んでいます。
東亜バルブエンジニアリング、明電舎などです。
常日頃から、こういうときに買う銘柄をいくつか持っておくのは重要です。

今週の日経平均予想レンジは、9,000円~10,200円です。
短期では、どちらか動いたほうについていくのがいいでしょう。
長い目で見れば、徐々に買いでいいと思いますね。

今週の予想

先週の株価は反発
騰落レシオはやや上昇
そして移動平均との乖離率も縮小

テクニカル的には、いい雰囲気になってきました。悪材料は出し尽くしなのか?
あとはMACDのゴールデンクロスを待つだけ。
なんて思っていたら、今度はスペインの格下げ・・・。
また不穏な空気が流れてまいりました。

現段階では底打ちしたとはいえない状況ですが、売られすぎな感もあります。
そのため、ここからはあがらないとしても、それほどは下げないと考えています。

今週は安いところがあったら買いです。
日経平均予想レンジは、9,400円~10,000円。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 日経平均9,500円割れ | トップページ | ゴールデンクロス目前 »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/48500783

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年6月1週展望:

« 日経平均9,500円割れ | トップページ | ゴールデンクロス目前 »