« 日本の歩むべき道 | トップページ | ファンダメンタル分析とテクニカル分析からみた株価動向の読み方について »

2010年7月11日 (日)

2010年7月3週展望

先週の結果

明日は参院選です。
みなさん、どこに投票するか決めましたか?

今回の参院選では、民主党が負けたほうが株価にはプラスと考えています。
はたして、どうなることでしょう。

先週の相場は、株価底打ち
期待通りの展開。予想的中です!!!

さすがに9,000円を割り込むほどヒドイ状況ではないようです。

以下は先週の予想の引用。

いつ底打ちするのかが、いまの注目点。

個人的には、ここまで下げれば十分。
さすがに下げすぎと考えています。
断固買い下がりますよ。

イベントとしましては、オプションSQと参院選があります。
参院選に向け相場が動き出すのではないでしょうか。
環境関連銘柄の動きが興味深い。

日経平均は、PBRがほぼ1倍。
この状況では理屈なんか関係ありません。買いです。
ボーナスが支給された方は、この機会に仕込んでください。

今週の日経平均の予想レンジは、9,000円~9,700円。
買いでいいと思うんですけどね・・・。

今週の予想

まずは参院選ですね。

民主大敗で、ねじれ国会の再現となる公算大です。
しかし、これも株価にプラス。増税不安が後退するためです。

逆に民主が勝つようだと、消費税増税懸念が増し、株価には悪影響と考えています。

あとは米企業の決算なんかも要注目。
しかし、ここまでにだいぶ下げているので、多少の悪化であれば織り込み済み。

テクニカルでは、日経平均日足のMACDがゴールデンクロス。
今週は、反発に向け動き出す週となるでしょう。

下値不安は遠のきましたが、一気に上がるにはサプライズが必要。
上げ下げを繰り返し、ゆっくり上昇していくと読んでいます。

今週の日経平均の予想レンジは、9,300円~10,000円。
まだまだ買っていきましょうね!

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 日本の歩むべき道 | トップページ | ファンダメンタル分析とテクニカル分析からみた株価動向の読み方について »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/48846460

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年7月3週展望:

« 日本の歩むべき道 | トップページ | ファンダメンタル分析とテクニカル分析からみた株価動向の読み方について »