« 2010年夏ボーナスで買う中国株 | トップページ | 2010年後半に向けての米国経済・株式相場の見通し »

2010年7月20日 (火)

2010年7月4週展望

先週の結果

予想的中かと思いきや、10,000円を間近にして金曜日に暴落。そしてダウの急落
買いの方針は、まだ変えるつもりは無いけれど、週明けの相場はギャップダウンして始まりそうです。
チャート的にも長い上ヒゲつけてしまいました。
本当にうまくいかないものです。

今週は底値を探る展開なのか?

以下は先週の予想の引用。

まずは参院選ですね。

民主大敗で、ねじれ国会の再現となる公算大です。
しかし、これも株価にプラス。増税不安が後退するためです。

逆に民主が勝つようだと、消費税増税懸念が増し、株価には悪影響と考えています。

あとは米企業の決算なんかも要注目。
しかし、ここまでにだいぶ下げているので、多少の悪化であれば織り込み済み。

テクニカルでは、日経平均日足のMACDがゴールデンクロス。
今週は、反発に向け動き出す週となるでしょう。

下値不安は遠のきましたが、一気に上がるにはサプライズが必要。
上げ下げを繰り返し、ゆっくり上昇していくと読んでいます。

今週の日経平均の予想レンジは、9,300円~10,000円。
まだまだ買っていきましょうね!

今週の予想

7月8日に空けた窓埋めは確実。
その後に反発するか否か興味深いところではあります。

しかし今週末には欧州銀行のストレステスト結果発表が控えています。
結果次第では大きく上下することがあるので、買いあがるにも売り込むにも仕掛けづらい状況。
動きの少ない一週間になると読んでいます。

一気に9,000円を割りこむようだと買いづらいですが、この水準でもみ合うようなら中長期で迷わず買いといきたいところ。
まーくんは中国株に突っ込んでしまったので、もう資金がありませんけどね・・・。

悪材料が出ないことを祈り、今週の日経平均の予想レンジは9,000円~9,700円。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 2010年夏ボーナスで買う中国株 | トップページ | 2010年後半に向けての米国経済・株式相場の見通し »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/48921241

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年7月4週展望:

« 2010年夏ボーナスで買う中国株 | トップページ | 2010年後半に向けての米国経済・株式相場の見通し »