« 松井証券、中国株から撤退 | トップページ | 2010年9月4週展望 »

2010年9月19日 (日)

株スクール in 日経ホール 2010.09.18

カブドットコム証券主催のセミナー「株スクール in 日経ホール 2010.09.18」に参加してきました。
気付くと、ここ最近のカブドットコムセミナーは毎回参加していますね。

参加は無料だし、他人の話を聞くことはとても刺激にもなります。
みなさまも予定があいていたら、参加してみてはいかがでしょう?

それではセミナーまとめです。

まずはスケジュール。以下のようになっています。

14:00 ~ 15:00 「日経225先物・オプション取引=あなたの疑問・質問を斬る=」 新井邦宏氏
15:10 ~ 15:20 「三菱UFJ信託の純金ETF」
15:20 ~ 16:15 「当面の相場見通し」 山田勉氏

日経225先物・オプション取引=あなたの疑問・質問を斬る=

タイトルの通り、内容は日経225先物・オプション取引について。
事前の質問に対する回答がメインでした。

まーくんもオプション取引の経験がないので、今回の内容は非常に楽しみにしていました。

肝心の内容ですが、まずは先物とオプションの使い分け方。
良く言われるのは、相場に100%の確信を持っているなら先物
70~80%の確信ならオプションだそうです。

オプションは理解するまで時間がかかるが、理解してしまえばなもの。
自分の相場予想を柔軟に取り入れることが出来るのだと。
たとえば、オプションのプットとコールを組み合わせることにより、あまり動かないときでも儲ける事が出来たりとか。

話を聞いてみたものの、イマイチイメージ沸かないなぁ。
やっぱり実際に取引してみないことにはダメだね。

最終的に先物・オプションを外れて、相場の心得の的な話となっていました。
これはこれで共感できることもあり、勉強になることもありで聞く価値ありです。

  • 相場は自分で判断して行うもの(自己責任)
  • 問題意識があれば疑問・質問はたくさんあるはず
  • 疑問・質問がないのは、何も考えていない証拠
  • 相場が上がるか下がるかより、どうすれば利益の積み増しが出来るかを考える
  • 基本を押さえる-頭でわかることとやってできることは別
  • 経験の累積(損切り、失敗、全てその先にいかせばよい)
  • 自分が何をするかによってやり方は異なる
  • 誰でも出来るようになる

非常にためになりました。

三菱UFJ信託の純金ETF

単純に純金ETFの宣伝です。
この「金の果実」では、ETFでありながら現物との交換も可能なものだそうです。
そういうのもあるんだね程度で聞いていました。

当面の相場見通し

最後は山田勉氏。あいかわらず引き込まれる語り口です。

まず年末までの日経平均見通し。
下限は9,000円、4月につけた11,400円あたりが上限だろうとのこと。

メインは、先日の為替介入を受けての話でした。
過去の為替介入から、その後の相場がどうなるか介入額とチャートを使っての解説です。

まとめると、協調介入であれば為替はすぐ反転
単独介入の場合は、効果が出るまで1年くらいかかるが、いずれ介入の効果は出てくるだろう。

しかし、為替介入と株価の関係を調べると、為替介入により株価はすんなり上昇している。
実は為替介入は為替でなく、株価に対して効果があるのではないのだろうかと山田氏は語る。
欧米が日銀の為替介入を黙認することがポイントとなるのだが。

今後の注目イベントは、10/9にワシントンで行われるG7や韓国でのG20だ。

個別銘柄についても、いくつかお話がありましたが、ここでは割愛します。

それではこの辺で。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 松井証券、中国株から撤退 | トップページ | 2010年9月4週展望 »

セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 株スクール in 日経ホール 2010.09.18:

« 松井証券、中国株から撤退 | トップページ | 2010年9月4週展望 »