« プチ株つみたて2010/9 | トップページ | 松井証券、中国株から撤退 »

2010年9月16日 (木)

潮目が変わった

先週あたりから米株式市場の好調さを反映し、日本市場も下げ止まりの様相を見せていました。
しかし民主党代表選が控えていたため、一本調子の上昇とはならず様子見の相場。
ようやく代表選が終わり、株式市場はどうなるのかなと考えていたところに、突然の為替介入

これで潮目が変わったのか、ドル円は一気に2円以上円安。そして日経平均も200円超の急反発
やはり、いまの株式市場は為替次第ということがよく分かりました。
ドル円は85円が目安。これ以上の円安は好材料

また「単独介入では効果持続せず」と言う見方が大勢だが、そんなことはないと思いますよ。
こういうのを見せつけられると、なかなか売り込みづらいもの。

そして、現在の株価は底値水準。ここから買い進まれるだろうと考えています。

なんてことは頭では分かっているんだけど、日本株は買う気が起きないんだよね。
大きく上がるようなら日本株は処分の方針です。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« プチ株つみたて2010/9 | トップページ | 松井証券、中国株から撤退 »

株日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/49462249

この記事へのトラックバック一覧です: 潮目が変わった:

« プチ株つみたて2010/9 | トップページ | 松井証券、中国株から撤退 »