« 結局、量的緩和するわけ? | トップページ | なぜ量的緩和は許されて、為替介入はダメなの? »

2010年10月10日 (日)

2010年10月3週展望

先週の結果

今週は4日立会い。
円高に対しても、反応は薄くなってきました。良い傾向です。

チャートの形も良くなってきたし、日経平均10,000円回復は間近でしょう。

先週の高値もほぼ予想通りの9716.92円。予想的中と言っていいでしょう。

以下は先週の予想の引用。

介入実績は2兆1249億円だそうです。
15日の介入額が2兆円と言われていたので、その後ほとんど介入は行われなかったようです。
介入したにもかかわらず、この円高では目もあてられないが、介入していないなら仕方がない。
これは好材料ですね。

いずれ介入の日次データが公表されるようなので、判断はそれを見てからとなります。

また、追加金融緩和のニュースもありますね。
ここでサプライズがあれば、祭りがありますよ。
逆に何も材料がでないと、失望売りとなるので諸刃の剣。

素人考えですが、個人的には量的緩和を再開して欲しいです。
さすがにありえないでしょうが。

米国では雇用統計など重要指標の発表があります。
ここのところの米国指標の好調さをみると、期待がもてそうです。

まーくんは比較的楽観しています。懲りずに今週もプラス予想。
日経平均の予想レンジは9,100円〜9,700円です。

ちなみに10/4は投資の日だそうです。

今週の予想

為替は1ドル80円割れ、史上最高値があるかもしれません。
その場合は、さすがに日経平均には悪材料
しかしG7でも為替介入は大して話題にあがらず、再び介入も期待できます。

また米国では決算発表、日本は機械受注があります。
これが相場の変動要因になるでしょう。要注目です。

そして日中問題も解消に向かっているようです。
これは好材料です。

相場の雰囲気は良くなってきたようなので、この調子で行って欲しいのだが、急な上昇にはならず、今週はもみ合い相場か!?

今週はもみ合い予想。
日経平均の予想レンジは9,300円〜10,000円です。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 結局、量的緩和するわけ? | トップページ | なぜ量的緩和は許されて、為替介入はダメなの? »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/49695491

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年10月3週展望:

« 結局、量的緩和するわけ? | トップページ | なぜ量的緩和は許されて、為替介入はダメなの? »