« 2010年10月5週展望 | トップページ | 2010年11月1週展望 »

2010年10月26日 (火)

澤上さんナイスアイデア

先日発売、日経マネー12月号の澤上篤人の記事に大変感銘を受けました。

日経マネー 2010年 12月号 [雑誌]
日経BPマーケティング (2010-10-21)

過去に資セミナーで講演を聴いたイメージでは、ちょっと頑固親父っぽいけど、あのポジティブな発想はなかなか好きだったりします。

肝心の記事ですが、円高を利用して海外資源を買い漁れという内容でした。

いま政府のやっている為替介入。
円を安くさせたいという方向性は間違いではない。
しかし、ただドルを買うだけでは能がないし、そのドルで米国債を買うなどはもってのほか。

それではどうすればいいかというと、政府は日銀から大量に借金し、そのお金で海外資源や権益を取得すれば良い。
石油だったり、鉱物資源だったり、円高なので安く仕入れることができるのだから。

これら資源を国有資産とすることで、将来エネルギー価格が上がるにつれ、含み益も膨れ上がる。
さらには今回のレアアース問題のように、日本企業が資源入手困難な状況になった場合には、これらを放出してやることも可能だ。

さらにさらに海外資源の取得時にはドル買い円売りも行われる。
これは量的緩和と同じ効果をもたらすと良い事ずくめ。一石二鳥いや三鳥だ。

ここまで、うまくはまるかは分からないが、今の政策よりは全然良いかと思いますよ。
菅さんやってみませんか?

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 2010年10月5週展望 | トップページ | 2010年11月1週展望 »

株日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/49847828

この記事へのトラックバック一覧です: 澤上さんナイスアイデア:

« 2010年10月5週展望 | トップページ | 2010年11月1週展望 »