« 田中化学研究所復活!? | トップページ | 2010年10月5週展望 »

2010年10月23日 (土)

証券優遇税制廃止?

こっそりと証券優遇税制が、2011年度末をもって廃止の方向で進んでいるようだ。
廃止になれば、配当や譲渡益の税率がこれまでの10%から20%に増税され、投資化には大打撃

廃止の理由は以下の2つ。

  • 続けても効果があるとか分からない
  • 金持ち優遇

結局民主党は、理由をつけて自民党時代に決まったことなら良いことでも悪いことでも、全て廃止にしたいだけなんだよな。

個人的には、証券優遇税制の廃止には大反対
自分にデメリットがあるということもあるが、廃止してメリットがあると思えないから。

まずは、続けても効果があるか分からないと言っているが、効果がないかも分からないではないか。
証券優遇税制廃止で、株価は底抜けなんてことにならなければ良いのだが。

そして税収について。
廃止すれば、市場にはマイナス
これにより株式離れなどが起これば、株価は大きく下落すること間違いなし。
投資家は利益を出せなくなり、税収が増えるかすら微妙になる。

最後に、これはブログの中でいつも言っていること。
金持ち優遇っていうけれど、まーくんの周りの個人投資家の多くは、年収500万にも満たない一般人。
金持ちと言うには程遠い。現状の認識が間違っているんだよな。

それと金持ち優遇しないで、将来困るのは我々貧乏人なんだよ。

貧乏人は日本で生活していくしかないが、金持ちは住みづらいと思ったら、海外へ移住することも可能。
もし金持ちの流出が始まれば、税収は大きく落ち込むだろう。
そうなれば、次は増税だ。これまで以上に国民の税負担は大きくなる。

しかし、まだ証券優遇税制の廃止が決定したわけではない。
証券優遇税制廃止の廃止に向け、証券業界や金融庁などの反対派に頑張ってもらおう。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 田中化学研究所復活!? | トップページ | 2010年10月5週展望 »

株日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/49818013

この記事へのトラックバック一覧です: 証券優遇税制廃止?:

« 田中化学研究所復活!? | トップページ | 2010年10月5週展望 »