« ドイツの誤算 | トップページ | プチ株つみたて2010/11 »

2010年11月 7日 (日)

2010年11月2週展望

先週の結果

まず始めに、11/6(土)グローバルリンクアドバイザーズの中国株セミナーに参加してきました。

このセミナーに参加される方々の本気度は、かなり高いようです。
300名程度の会場に用意された席は満席
席が足りずに、パイプ椅子で参加される人もちらほら。

肝心のセミナーは、中国株投資方針や推奨銘柄などためになる情報満載。
後日、簡単にセミナーの内容をまとめるつもりでいます。

そして、お次は先週の反省
FOMC通過で少しは反発するかと考えていましたが、想定外の上昇でした。

11/1(月) -47.73円
11/2(火) +5.26円
11/3(水) 祝日
11/4(木) +198.80円
11/5(金) +267.21円

予想ははずしましたが、これだけ上がってくれると、逆に気持ち良いですね。
日経平均1万円回復が十分視野に入ってきました。

以下は先週の予想の引用。

為替の想定レートを、1ドル80円に修正する企業が増えてきました。
それでも予想は据え置きだったりするので、1ドル80円は織り込んだと考えていいでしょう。
今後は80円を大きく割り込まなければ問題なし。

ただチャート的にあまり良くありません。
先週の日経平均は9,300円を割り込み、さらには9,200円も割り込んで終わりました。
株価低迷は長期化の様相を呈してまいりました。

また騰落レシオは74.3と下がってきました。
底値はもう少し下。9,000円を少し割り込む水準でしょうか。
上値は25日移動平均線の回復が目標ですね。

米国は週後半の雇用関連の指標に注目です。

今週は妥当にいけば下落の予想。良くて反発程度です。
日経平均の予想レンジは8,900円〜9,500円です。

今週の予想

日経平均は、チャート的には移動平均線を上抜け
MACDはゴールデンクロスと、上昇の準備は整ったことでしょう。
あとは9,700円、9,800円と、100円ずつクリアしながら1万円を目指すだけです。
早ければ来週中の1万円も十分に考えられます。

FOMCの追加金融緩和で、株式市場に余剰マネーが流れこむことになるので、世界中で株価上昇。
当分この効果は持続するでしょう。
米国は、実体経済の回復は難しいので、資産効果により消費を活発にしていこうとする作戦ですね。
バブルの火種となりそうな気もしますが、せっかくのお祭り。踊らにゃですぜ。

若干の懸念点は為替と日中問題ですが、今週はイケイケ予想。
日経平均1万円超えの強気予想。
予想レンジは、9,400円〜10,200円です。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« ドイツの誤算 | トップページ | プチ株つみたて2010/11 »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/49960232

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年11月2週展望:

» 為替で儲ける一番簡単な方法 [FXで幸せな金持ちになる方法]
為替で儲けるためには一体、何が有効なのか?それは・・・ [続きを読む]

受信: 2010年11月 7日 (日) 15時10分

« ドイツの誤算 | トップページ | プチ株つみたて2010/11 »