« 中国株、黄金の十年へ(後編) | トップページ | 2010年12月1週展望 »

2010年11月20日 (土)

2010年11月4週展望

先週の結果

明日は早朝から旅立ってしまうため、早めの更新。
現時点では金曜日のNY市場の結果がでていないので、いつもより少しだけ予想の精度が悪いかもしれません。

まずは先週の日経平均を振り返ってみましょう。

11/15(月) 9827.51円(+102.70円
11/16(火) 9797.10円(-30.41円
11/17(水) 9811.66円(+14.56円
11/18(木) 10013.63円(+201.97円
11/19(金) 10022.39円(+8.76円

木曜日に1万円回復しましたね。
終値での1万円回復は6/22以来だそうです。
相場は先週の勢いを持続。予想したよりもはるかに強かった

ひとまず予想は的中ということにしておきましょう。

以下は先週の予想の引用。

やや過熱気味ではありますが、テクニカル的に問題はなし。
7月、9月、11月でを打ちトリプルボトム完成。
為替は円安に傾いてきています。

ここまできたら予想なんてするほどでもありません。
下げる要素が見当たらないんですよね。
日経平均は、一時的な1万円達成もあるやも。
とりあえず買っとけって感じです。

強気予想の流れに変更はありませんが、いったんは勢いが弱まるかな。
予想レンジは、9,400円〜10,200円です。

今週の予想

思いのほか早く1万円を回復したのは、なんと言ってもドル安の流れがいったん止まったためです。これに尽きると思います。
しかし円安への流れも落ち着いてきてしまったので、この先はこれまでのようにはいかないでしょう。
日経平均は、やや過熱感もありますしね。

また、来週は日本、米国ともに祝日があり、買いの勢いはやや弱まるのかと考えています。

これまで日経平均は9,700円、10,000円と壁を突破してきました。
次の壁は10,200円。基本的に来週は10,000円~10,200円でのもみ合いでしょうね。

米国の指標もいくつかありますが、いまの相場ではあまり気にすることもないでしょう。

押し目は迷わず買い。日経平均10,000円割れは買い。
この方針でいってみましょう!
予想レンジは、9,700円〜10,600円です。

明日からマカオです。香港にも軽く立ち寄ります。
観光ですが、投資に活かせたらと考えています。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 中国株、黄金の十年へ(後編) | トップページ | 2010年12月1週展望 »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/50068213

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年11月4週展望:

« 中国株、黄金の十年へ(後編) | トップページ | 2010年12月1週展望 »