« 強い円で外貨へ投資! | トップページ | 2010年11月2週展望 »

2010年11月 6日 (土)

ドイツの誤算

半年ほど前の話になりますが、ギリシャショックがありましたよね。
そこでギリシャなどの救済のため、同じユーロの一員であるドイツが助けることになりました。
ドイツの国民からすれば、自分たちのお金を他国の救済のために使われるなんて納得いかないでしょう。

しかし、そうしないとギリシャはデフォルト
そしてユーロの信用不安と大きくなって、ドイツに跳ね返ってきます。
結局、ドイツは泣く泣く助けるしかありませんでした。
ユーロと言う共通通貨を選択したが故の悪い面が出たかと思われました。

しかし最近になって状況が変わったようです。
ユーロ安によってドイツ経済は潤っているらしい。
単一通貨のマルクを採用していたままであれば、ドイツのような健全な国家は通貨高に苦しんでいたことは容易に想像できます。
共通通貨の恩恵を多大に受けているわけですね。

ショック当時は共通通貨の悪い面ばかりがピックアップされていましたが、冷静に考えれば良いこともあるんですね。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 強い円で外貨へ投資! | トップページ | 2010年11月2週展望 »

株日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/49947218

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツの誤算:

« 強い円で外貨へ投資! | トップページ | 2010年11月2週展望 »