« 家電エコポイントから見えた未来 | トップページ | 日本の牙城が崩されていく »

2010年12月 5日 (日)

2010年12月2週展望

先週の結果

まずは、先週の日経平均を振り返ってみましょう。

11/29(月) 10125.99円(+86.43円
11/30(火) 9937.04円(-188.95円
12/1(水) 9988.05円(+51.01円
12/2(木) 10168.52円(+180.47円
12/3(金) 10178.32円(+9.80円

結果的にアタリと言えなくありませんが、月曜日の買いは早すぎたみたい。
しかし、強気の相場。すぐに値を戻しました。まぁ想定内です。

金曜日には一時的ですが10,200円を突破しているので、9,900~10,200円のレンジは卒業。
今週は、次の展開に移行しそうです。
円高が気になりますが・・・

以下は先週の予想の引用。

円安が進行しています。
しかし現在CMEで日経平均は10,000円の前半です。
まーくんは、月曜日前場は「買い」と考えています。

不安要素は、米韓と北朝鮮の間の緊張ですね。
平和ボケしていると言われるかもしれませんが、さすがに戦争までは発展しないでしょう。

いまの相場はダウなど関係ない。
為替さえ見ていればOK。
円安は買い、円高は売り。それだけです。

騰落レシオは112.7。まだ過熱しているとは思えない。
今週も押し目は買いで良いでしょう。
そして月曜日の前場は、押し目になると思われます。
大事なことなので2回言いましたよ。

予想レンジは、9,800円〜10,600円です。

今週の予想

せっかく80円割れでドル買いしようと思っていたのに、為替は円高トレンドが終了した模様。
ここからドル円は、半年くらいかけて90円程度まで戻すとみています。(ひょっとして、いまってドル買いのチャンスか?)
そう考えると、日経平均はまだまだ上がっていくでしょう。

しかし、今週は気になることが2点あります。

1点目は、米雇用統計の悪化による円高。
82円台まで上昇しています。
トレンドは転換したので、一時的なものだと思うのですが要注意です。
円安への戻りが鈍いようだと、今週はあまり期待できないかも。

2点目は騰落レシオ。現在128.1と過熱気味。
なんだかんだ言っても、騰落レシオはあてになる指標です。

まーくんの読みでは、10,500~10,600円が目先の天井
天井をつけたあとは、年末まで調整すると考えています。
そして天井をつけるのが、今週末のメジャーSQ、もしくは来週はじめといったところでしょう。

そろそろヘッジ売りの準備でもしておこうかな。

予想レンジは、9,900円〜10,600円です。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 家電エコポイントから見えた未来 | トップページ | 日本の牙城が崩されていく »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/50211735

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年12月2週展望:

« 家電エコポイントから見えた未来 | トップページ | 日本の牙城が崩されていく »