« まだまだ中国株 | トップページ | 2010年冬ボーナスで買う中国株 »

2010年12月19日 (日)

2010年12月4週展望

先週の結果

今年も残すところ10日ほどとなりました。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

先週末に、空売りしていた「スクウェア・エニックス」の大幅な下方修正により、少し早めのクリスマスプレゼントをゲットしました!
ドラクエとFFでしか稼げない会社で、最新版FFの評判がすこぶる悪い
まーくんもSEのはしくれですが、αテストすら通らないレベルのものを出荷してしまったのだから致命的
いまから空売りしても、まだ儲かるのでは?

それでは本題に入りましょう。先週の日経平均です。

12/13(月) 10293.89円(+81.94円
12/14(火) 10316.77円(+22.88円
12/15(水) 10309.78円(-6.99円
12/16(木) 10311.29円(+1.51円
12/17(金) 10303.83円(-7.46円

もみ合い相場は予想通り、ただ想定よりも高値でのもみ合いでした。
これは地合いが良かったことと、為替の円安が要因でしょう。
出来高も連日20億株超と上出来でした。

騰落レシオが落ち着くまでは、大きな上昇は見込めないだろうな。

以下は先週の予想の引用。

先週予想したとおりに、SQ天井説が有力になってきました。
ですから今週はあまり言うことはありません。
FOMCとかは、そんなに気にすることもないでしょう。

現在、日経平均は過熱していることは間違いないのですが、日本株が出遅れているのも事実。
相殺されて、年内は9,900円~10,300円のボックス相場と読んでいます。

そんなわけですので、日経平均10,300円水準から買いあがっていくのは、やめたほうが良いでしょう。
逆に10,000円割れ水準は強気の買いでいいと思います。

ただいま為替が円安に戻していますので、月曜日は空売り日和になるかな。

そろそろ世間では、ボーナスが支給された時期です。
年末までに、明日発売の四季報でも見ながらボーナスの使い道を考えてみるのもいいでしょう。

会社四季報 2011年 01月号 [雑誌]
東洋経済新報社 (2010-12-13)

予想レンジは、9,800円〜10,400円です。

今週の予想

為替は円安トレンドへ移行した模様。
当面のドル円下値は83円かな?これは好材料ですね。

逆にテクニカル面では、日足のMACDはデッドクロス、騰落レシオの高さが依然気になります。

いまは地合いだけでもっているようなもの。
この熱を冷ますには、もみ合いながら日経平均10,000円前後まで下げなくてはならないでしょう。
まーくんは、年内に10,000円割れがくると予想しています。

また、今週の米国では重要な指標の発表があります。しかし気にすることもないでしょう。
いまは自分との闘いです。海外市場が極端に良く(悪く)ない限り影響は、あまり受けないと考えています。

総合すると、良くて先週と同様に値動きの少ない相場。悪くて10,000円割れ。

先週に引き続き、予想レンジは9,800円〜10,400円です。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« まだまだ中国株 | トップページ | 2010年冬ボーナスで買う中国株 »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/50339827

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年12月4週展望:

« まだまだ中国株 | トップページ | 2010年冬ボーナスで買う中国株 »