« 2010年12月1週展望 | トップページ | 2010年12月2週展望 »

2010年12月 1日 (水)

家電エコポイントから見えた未来

今日は、株とか関係なく徒然なるまま綴ってみます。

まずは家電エコポイント。
12月からのエコポイント半減を前にして、11月中に対象製品を購入しようと、駆け込み需要がピークを迎えています。

踊らされている感もありますが、祭りは踊らにゃぜよ。
まーくんも踊らされた一人で、先週末に薄型テレビ&ブルーレイレコーダーを購入しました。

大々的にニュースとなっていてたのでご存知でしょうが、家電量販店はスゴイ混雑
薄型テレビは決して安いわけでないのに、かなりの売れ行きに正直驚きました。
ホントに日本は不景気なのか?

これで判ったのは、みんなお金がない訳でなく、お金を使わないだけってこと。
だから、お金を使う制度をうまく作ってあげれば、みんなお金を使うんですよ。
増税して国民からお金を搾取することを考えるのではなくて、政府には公平に世の中にお金が回り、かつ国民が喜んでお金を使う制度を望みます。

話は変わり、次はスマートフォン。
薄型テレビ&ブルーレイレコーダーで貯まった家電量販店のポイントで、仕事柄必要なスマートフォンの購入。

ここで簡単にスマートフォンについて説明します。
スマートフォントは電話に情報端末としての機能を付加したもの。
ちょっと雑ですが、電話+パソコンということもできます。

まーくんが購入を検討しているのはiPhoneではなくてAndroid携帯。
これまでスマートフォン市場はiPhoneの独壇場でしたが、ここ最近はAndroidが猛追しています。

Androidとはgoogleが開発したOS。このOSでgoogleは携帯に進出してきました。
さらに言うとAndroidというOSは、携帯だけに限らず家電全般で動作させることが可能。
これによりgoogleはネットだけでなく、実世界に進出してきたとも言えるでしょう。

そんなわけで、将来性で見ればAppleの端末でしか使えないiPhoneよりも、断然Androidが魅力的なんです。
米国株を買うなら、断然googleでしょう。

話が少しそれましたが、docomoからは2010年冬モデルが続々と発表されています。
注目はサムスンのGALAXY。
電池の持ちから処理速度さらには使い勝手と、国産メーカーを圧倒しています。
この分野では韓国に追い抜かれた感があり、正直ショックでした。

色々なことを考えさせる、家電エコポイント制度でした。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 2010年12月1週展望 | トップページ | 2010年12月2週展望 »

株日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/50177904

この記事へのトラックバック一覧です: 家電エコポイントから見えた未来:

« 2010年12月1週展望 | トップページ | 2010年12月2週展望 »