« プチ株つみたて2010/12 | トップページ | 2010年12月4週展望 »

2010年12月15日 (水)

まだまだ中国株

ついに冬のボーナスが支給されました。

先日、テレビにブルーレイレコーダ、スマートフォンと購入済み。
もうボーナスで買いたいものはありません。
今回も全額、中国株に突っ込みますよ。

そんなわけで、先日発売された中国株二季報をさっそくチェック。
まだ半分ほどしか見ていないのですが、さすがに昨年のようなお買い得銘柄はないようです。

中国株二季報2011年春号
T&Cフィナンシャルリサーチ
T&Cフィナンシャルリサーチ
売り上げランキング: 824

しかし、今回は簡単です。
12次5ヵ年計画(2011年~2015年)の草案がすでに公表されているので、これを元に銘柄をチョイスすればいいだけ。
答えが分かっているんですね。

中国が注力する産業は以下。

  • 省エネ・環境
  • 次世代IT
  • バイオ
  • 高性能製造設備
  • 新エネルギー
  • 新素材
  • 新エネルギー自動車

ご存知の通り、中国は政府が市場を掌握しています。
その政府が「ここに力を入れます」と言えば、株価が上がること間違いなし。
中国政府のお墨付きをもらったようなものです。

これを元に銘柄を見つけていこうと考えています。

次は個人的な話です。
中国株を売買する証券会社を、楽天証券からほかに変更しようと検討しています。

手数料的に楽天証券は問題ないのですが、取り扱い銘柄がやや少なめ。
これまでに買おうとした銘柄が取り扱われていないことも多々ありました。
これでは機会損失になってしまいます。

どこに乗り換えるかは決めかねていますが、手数料もほとんど変わらずに、多くの銘柄を取り扱っている証券会社もあります。
いまのところ、香港全銘柄取り扱いの内藤証券、B株全銘柄取り扱いの岡三オンライン証券あたりが良さそうかなと考えています。

本日はこの辺で。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« プチ株つみたて2010/12 | トップページ | 2010年12月4週展望 »

外国株式」カテゴリの記事

株日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/50304602

この記事へのトラックバック一覧です: まだまだ中国株:

« プチ株つみたて2010/12 | トップページ | 2010年12月4週展望 »