« 日本株復活の条件 | トップページ | アセットアロケーション(資産分配)を考えてみた »

2011年4月10日 (日)

2011年4月3週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均です。

4/4(月) 9718.89円(+10.50円
4/5(火) 9615.55円(-103.34円
4/6(水) 9584.37円(-31.18円
4/7(木) 9590.93円(+6.56円
4/8(金) 9768.08円(+177.15円

7日夜の余震にはヒヤリとしましたね。勘弁してよって感じです。
ダウなんかは余震直後に100ドル近く下落するし・・・

でも翌日の日経平均は大幅続伸
日本よりも米国のほうが震災に過敏になってるってどういうこと?

予想は見ての通り、見事的中
しかし、数字以上に相場が弱く感じているのはまーくんだけでしょうか?

以下は先週の予想の引用。

想像以上に相場の空気は良く感じます。
その理由はアメリカの雇用改善、そして為替でしょう。

いい感じに円安が進行しています。
為替次第では、今週中の10,000円乗せもあると考えています。

また、原発では、アメリカ、フランスなどからの支援好感されています。ありがたいですね。
ひねくれた見方をすれば、原発がこれ以上酷いことになると都合が悪いから、自国の利益のために仕方なくやっているわけですよ。
原発では、相場に影響を与えるほどの大きな出来事はないでしょう。きっと・・・

まとめると今週は為替動向以外に材料はなしで、相場はあまり動きがないのかな。
5日移動平均線(9,621.97円)と25日移動平均線(9,904.52円)の間で動く展開をメインに予想しています。
日経平均の予想レンジは9,600円〜10,200円とします。

今週の予想

先週末、日経平均は震災後初めて25日移動平均線を超えました。
これは素直に評価していいと思います。

為替は85円台で安定的に推移しています。
東電株もひとまず下げ止まったとみて良さそう?です。
原発も悪いニュースは少なくなってきているし、計画停電も終了と好材料が満載です。
先日書いた、日本株復活の条件を満たしつつあります。

あとは震災による企業の下方修正を織り込んでいけば、上昇の準備が整います。

今週は機械受注の発表なんかもあるみたいですが、いまさら震災前の数字に意味はありません。
現時点では、日経平均10,000円は時期尚早。
25日移動平均線をキープできれば合格とします。

今週はやや弱気の予想で、日経平均の予想レンジは9,500円〜10,000円とします。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 日本株復活の条件 | トップページ | アセットアロケーション(資産分配)を考えてみた »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/51356153

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年4月3週展望:

« 日本株復活の条件 | トップページ | アセットアロケーション(資産分配)を考えてみた »