« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月28日 (木)

震災を好機に

震災から一月半経ちましたが、みなさまいかがお過ごしでしょう。

震災は多くの人に悲しみをもたらしました。
しかし、悪いことばかりではありません。

震災前は自分さえ良ければいいという風潮が蔓延していました。
これが震災により、良い意味でのナショナリズムが台頭してきました。
日本人が団結しようとしています。とても良いことだと思います。

今夏は電力不足により、日本経済が悪化すると騒がれています。
しかしまーくんは楽観しています。

いまからこれだけ言われていれば、さすがに企業も個人もなにかしらの工夫をします。
そして解決できると信じています。
これにより、企業の省エネは劇的に進歩するでしょう。

今回の震災で、これまでいかにに贅沢していたかを思い知らされました。
多少灯りが暗かったり、エスカレーターが止まっていたりしますが、不便とは思いません。
CO2の25%削減も実現できるのではないでしょうか。

日本はこれまで危機好機に変えて発展してきました。
江戸時代の黒船来航により開国し、世界屈指の軍事大国になりました。
それが原爆により終わり、その後は経済大国となりました。
これからは環境大国として世界に君臨していく番です。

これまでは長期的に日本株には否定的でしたが、震災をきっかけにポジティブとなりました!

ただ1つ残念なことは、日本のロボット技術がまったく役に立っていないこと。
原発ではアメリカ製のロボットが活躍しています。
ダンスができても、肝心なときに役に立たないのでは意味がありません。
日本は技術はあっても、技術の使い方が分かっていないのですね。
その点、欧米はスゴイなと。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)

2011年4月5週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均です。

4/18(月) 9556.65円(-34.87円
4/19(火) 9441.03円(-115.62円
4/20(水) 9606.82円(+165.79円
4/21(木) 9685.77円(+78.95円
4/22(金) 9682.21円(-3.56円

週足陽線で、少しだけ強気とした予想が的中と言いたいところですが・・・
火曜日の終値で日経平均は9,500円を割り込み、その後反発とまったく読めていませんでした。
そんな訳で予想はハズレとします。

以下は先週の予想の引用。

少し長いスパンで見ると、これから決算シーズンとなります。
株価には、ある程度織り込み済み。
個別では余程悪くない数字でなければ上昇が期待できます。
しかし想定以上の悪い数字となれば叩き売られます

相場全体では2番底に向けた動きとなるでしょう。
決算ピークで2番底。そして上昇というのが、まーくんのシナリオ。

それでは来週の相場に目を向けると・・・

為替が円高に傾いています。これ悪材料

逆に東電株の値動きは先週から安定しています。
原発も収束に向けての行程表が発表されるなど、一歩進んだかなといった印象があります。

さらに夏場の電力問題もある程度は目処が立ちそうで、うまくいけば経済への影響が最小で済みそうな気配です。

今週は日経平均が9,500円をキープできるかがポイントです。
終値で9,500円を割り込むようですと、一段下が考えられます。

これらの状況に大きな変化がなければ、個人的には9,500円はキープ可能と考えています。

そういうわけで、今週は少しだけ強気の予想。
日経平均の予想レンジは9,500円〜10,000円とします。

今週の予想

それでは、今週の予想といってみましょう。

これまでは、復興需要などの思惑により関連銘柄が買われていました。
そんな相場はもう終わり。これからは決算シーズンです。

今後は決算で現状を確認し、売られすぎは買われるし、買われすぎは売られます。
決算により上下する相場となるでしょう。

震災・原発による影響がないと判断できた銘柄は買いでいいと思います。
個人的には、来週からは徐々に空売りも入れていこうと考えています。

また為替はかなり円高が進みましたが、株価は影響を受けていません。完全に為替無視状態。
ドル円は80円を割り込まなければ、悪材料とはならないでしょう。

チャートを見ると、短期の移動平均線がゴールデンクロスしました。
テクニカル的に見ると、全体的に良い感じに見えます。

震災後の底打ち以降、4/1につけた高値9,822.06円を上回れるか?
また先週の火曜日(4/19)につけた9,405.19円を下回るか?
この辺りが今週のみどころとなります。
高確率で、この範囲内の相場になると予想します。

結論としては、今週はもみ合いと予想。
日経平均の予想レンジは9,400円〜9,900円です。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日)

2011年4月4週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均です。

4/11(月) 9719.70円(-48.38円
4/12(火) 9555.26円(-164.44円
4/13(水) 9641.18円(+85.92円
4/14(木) 9653.92円(+12.74円
4/15(金) 9591.52円(-62.40円

原発事故がレベル7に引き上げられたためか、やや弱めの相場でした。
しかし格付けが変わっただけで、状況に変化なし。気にすることはないでしょう。
むしろ、これ以上レベルが上がる心配がなくなったとを、好材料と捉えてもいいかもしれません。

先週の予想は「やや弱気」と的中しました。
しかし自分の書いた文章を読み直してみたところ、弱気の理由がまったく書かれていない。
そして、自分でも何故そう予想したか覚えていない。
おそらく空気的なものを感じて、弱気としたのだと思いますが・・・

以下は先週の予想の引用。

先週末、日経平均は震災後初めて25日移動平均線を超えました。
これは素直に評価していいと思います。

為替は85円台で安定的に推移しています。
東電株もひとまず下げ止まったとみて良さそう?です。
原発も悪いニュースは少なくなってきているし、計画停電も終了と好材料が満載です。
先日書いた、日本株復活の条件を満たしつつあります。

あとは震災による企業の下方修正を織り込んでいけば、上昇の準備が整います。

今週は機械受注の発表なんかもあるみたいですが、いまさら震災前の数字に意味はありません。
現時点では、日経平均10,000円は時期尚早。
25日移動平均線をキープできれば合格とします。

今週はやや弱気の予想で、日経平均の予想レンジは9,500円〜10,000円とします。

今週の予想

少し長いスパンで見ると、これから決算シーズンとなります。
株価には、ある程度織り込み済み。
個別では余程悪くない数字でなければ上昇が期待できます。
しかし想定以上の悪い数字となれば叩き売られます

相場全体では2番底に向けた動きとなるでしょう。
決算ピークで2番底。そして上昇というのが、まーくんのシナリオ。

それでは来週の相場に目を向けると・・・

為替が円高に傾いています。これ悪材料

逆に東電株の値動きは先週から安定しています。
原発も収束に向けての行程表が発表されるなど、一歩進んだかなといった印象があります。

さらに夏場の電力問題もある程度は目処が立ちそうで、うまくいけば経済への影響が最小で済みそうな気配です。

今週は日経平均が9,500円をキープできるかがポイントです。
終値で9,500円を割り込むようですと、一段下が考えられます。

これらの状況に大きな変化がなければ、個人的には9,500円はキープ可能と考えています。

そういうわけで、今週は少しだけ強気の予想。
日経平均の予想レンジは9,500円〜10,000円とします。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月13日 (水)

プチ株つみたて2011/4

ここ数日、余震がスゴイですね。いつになったら落ち着くの?
そして震源が首都圏に近づいてきているのは気のせいだろうか?

それでは、今月もプチ株つみたてです。

日経平均が大きく下落したため、久しぶりに7万円のつみたて。
日経平均1万円以下は、ガンガンつみたてますよ。
それにしてもヒドイ

それでは今月のつみたて結果。
日本水産 65株
日本製紙 9株
エーザイ 1株
トレンドマイクロ 7株
みずほ 27株

これまでの積み立て

銘柄(コード) 保有株数 現在値
平均取得単価
時価評価額
取得金額
評価損益
評価損益率
日本水産(1332) 1251株 222円
273円
277,722円
341,523円
-63,801
-18.7
日本製紙(3893) 160株 1,670円
2,082円
267,200円
333,120円
-65,920
-19.8
エーザイ(4523) 112株 2,998円
3,411円
335,776円
382,032円
-46,256
-12.1
トレンドマイクロ(4704) 135株 2,162円
2,525円
291,870円
340,875円
-49,005
-14.4
みずほ(8411) 2,449株 130円
168円
318,370円
411,432円
-93,062
-22.6

プチ株つみたてはカブドットコム証券で!!!

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月12日 (火)

アセットアロケーション(資産分配)を考えてみた

現在、自分の資産は株一点集中。
そろそろ、アセットアロケーション(資産分配)について考えてみました。

まず、多少のリスクを負っても利益を出したいので株は多めにします。
長期的に日本には期待していないので海外資産を多めで考えています。

そんなこんな感じで考えてみたら、理想のアセットアロケーションは以下になりました。

流動性資産(現金) 10%
日本株式 20%
外国株式 35%
外国債券(外貨MMF) 20%
その他(商品) 15%

そして、現在のアセットアロケーションはというと以下。

流動性資産(現金) 6%
日本株式 46%
外国株式 48%
外国債券(外貨MMF) 0%
その他(商品) 0%

理想と比べて日本株比率が高すぎですね。
日本株はゆっくり時間をかけて減らしていきます。
しかし中国株(外国株式)はまだ期待しているので、一時的に比率が高まるかもしれません。

まずは日本株を売却し、外貨MMFでも購入しようと思います。
中国(香港)株は香港ドル建てとドルペッグ。米ドルでは分散になりません。
ユーロあたりが妥当でしょうか?

今年いっぱいかけ、バランス良く分配できたらと思います。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日)

2011年4月3週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均です。

4/4(月) 9718.89円(+10.50円
4/5(火) 9615.55円(-103.34円
4/6(水) 9584.37円(-31.18円
4/7(木) 9590.93円(+6.56円
4/8(金) 9768.08円(+177.15円

7日夜の余震にはヒヤリとしましたね。勘弁してよって感じです。
ダウなんかは余震直後に100ドル近く下落するし・・・

でも翌日の日経平均は大幅続伸
日本よりも米国のほうが震災に過敏になってるってどういうこと?

予想は見ての通り、見事的中
しかし、数字以上に相場が弱く感じているのはまーくんだけでしょうか?

以下は先週の予想の引用。

想像以上に相場の空気は良く感じます。
その理由はアメリカの雇用改善、そして為替でしょう。

いい感じに円安が進行しています。
為替次第では、今週中の10,000円乗せもあると考えています。

また、原発では、アメリカ、フランスなどからの支援好感されています。ありがたいですね。
ひねくれた見方をすれば、原発がこれ以上酷いことになると都合が悪いから、自国の利益のために仕方なくやっているわけですよ。
原発では、相場に影響を与えるほどの大きな出来事はないでしょう。きっと・・・

まとめると今週は為替動向以外に材料はなしで、相場はあまり動きがないのかな。
5日移動平均線(9,621.97円)と25日移動平均線(9,904.52円)の間で動く展開をメインに予想しています。
日経平均の予想レンジは9,600円〜10,200円とします。

今週の予想

先週末、日経平均は震災後初めて25日移動平均線を超えました。
これは素直に評価していいと思います。

為替は85円台で安定的に推移しています。
東電株もひとまず下げ止まったとみて良さそう?です。
原発も悪いニュースは少なくなってきているし、計画停電も終了と好材料が満載です。
先日書いた、日本株復活の条件を満たしつつあります。

あとは震災による企業の下方修正を織り込んでいけば、上昇の準備が整います。

今週は機械受注の発表なんかもあるみたいですが、いまさら震災前の数字に意味はありません。
現時点では、日経平均10,000円は時期尚早。
25日移動平均線をキープできれば合格とします。

今週はやや弱気の予想で、日経平均の予想レンジは9,500円〜10,000円とします。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 7日 (木)

日本株復活の条件

日本株復活の条件が何なのか考えてみた。
大体、以下のことが必要になるのではないだろうか。

1.東電株
毎日のように下落を続ける東電株。
この東電株の下げ止まりが日経平均上昇の必須条件。
いったい底値はいくらになるのか?さすがに100円は切らないよね?

2.原発の安定
ひとまずは、これ以上の放射能汚染が拡大しない目処が付き、原子炉が安定化すること。
冷温停止状態に持ち込めれば、当面はクリアだろう。
いまは、ようやく汚染水の流出が止まっただけ。冷温停止はまだまだ先だな。

3.円安
85円を超えて円安トレンドになることが条件。
これはクリアできそうな雰囲気。90円を超える円安がベスト。

4.震災による減益の織り込み
間違いなくこの先、企業の下方修正が頻発すると思う。
現段階では多少の下方修正までは織り込んでいるが、大幅下方修正は織り込んでいないと思われる。
これを早期に織り込むこと。
おそらく2番底があるだろう。

5.電力不足の解決
数年続くと言われている電力不足。
この問題が解決しないと産業界へのダメージが大きい。
企業間で調整するなどして、経済への影響を少なくするような道筋をはやく立てねばならない。
国からの指示で決めてしまうのもいいが、同業種間で自主的にルールが決まっていくのがベスト。

6.米国株
おそらく杞憂だが、米国経済の失速などあってはならない。
米国はいまのまま順調に景気回復してくれればOK。

これら全ての目処が付けば、日本株は復活するだろう。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)

2011年4月2週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均です。

3/28(月) 9478.53円(-57.60円
3/29(火) 9459.08円(-19.45円
3/30(水) 9708.79円(+249.71円
3/31(木) 9755.10円(+46.31円
4/1(金) 9708.39円(-46.71円

日経平均は上昇の一週間となりました。
円安の進行が大きな要因でしょう。

予想レンジ内での値動きでしたが、自分の想定よりもはるかに強かった。
的中と言うのは少しおこがましいか。

震災・原発相場は終わり、いまは復興相場。
復興関連銘柄を中心に賑わっています。
震災の悪材料はほぼ織り込まれたと考えてよいだろう。

以下は先週の予想の引用。

危機は去ったかなと考えていますが、相場を押し上げるほどの材料に乏しい
外国人買いも一巡したとなるとあまり期待はできません。
完全に原発問題が終結しないと、これ以上はないでしょう。
東電の会見を見る限りでは、当分終息の兆しは見えませんが・・・

またアメリカでは雇用統計がありますが、日本の相場はあまり影響を受けないと思っています。それどころじゃないですからね。

今週はもみ合い予想。
メインは9,400円~9,600円のボックスですが、少し幅を取り日経平均の予想レンジは9,200円〜9,800円とします。

今週の予想

想像以上に相場の空気は良く感じます。
その理由はアメリカの雇用改善、そして為替でしょう。

いい感じに円安が進行しています。
為替次第では、今週中の10,000円乗せもあると考えています。

また、原発では、アメリカ、フランスなどからの支援好感されています。ありがたいですね。
ひねくれた見方をすれば、原発がこれ以上酷いことになると都合が悪いから、自国の利益のために仕方なくやっているわけですよ。
原発では、相場に影響を与えるほどの大きな出来事はないでしょう。きっと・・・

まとめると今週は為替動向以外に材料はなしで、相場はあまり動きがないのかな。
5日移動平均線(9,621.97円)と25日移動平均線(9,904.52円)の間で動く展開をメインに予想しています。
日経平均の予想レンジは9,600円〜10,200円とします。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

震災後の相場予想

世間では自粛がブームになっているようですが・・・
自粛なんて誰にもメリットがありません。
自粛して浮いたお金を寄付するならまだしも、経済を停滞させるだけです。
そうなったら被災者にもデメリットだし。

無理に明るくする必要はありません。だからといって過剰に自粛することもないと思います。
できる人から日常に戻っていけばいい。たまには、はしゃいだっていいじゃないですか。

そして投資家ならば企業に投資してください。
投資で震災復興に貢献してください。

そんなわけで、震災により一変してしまった株式市場を考え直してみようと思います。

震災前、2011年の日経平均高値は12,000円~13,000円が大筋の見方でした。
しかし震災により、予想を1~2割下方修正せざるを得ません。

そうなると最良のシナリオで13,000円の一割減の11,700円。
悪いほうのシナリオだと12,000円の2割減の9,600円となります。
中間をとって日経平均10,500円あたりとなるのでしょうか。ほぼ震災前の水準ですね。

次に投資できる企業はと言うと。
津波により、丸々飲み込まれてしまった町も少なくありません。
復興するためには、まずは瓦礫の撤去。建機が必要になりますね。

次にライフラインの再構築。道路電気ガス水道
真っ先に思いついたのは電線銘柄

イチから町を作るなら、スマートグリッドのモデルタウンにするのもあり。
メーターなどのスマートグリッド関連も連想できます。

その次は、住むために家を建てます。そうなると建設会社ですね。
さらには停電を嫌って、太陽光発電も普及するかもしれません。
ただし現状の太陽光では停電時の使い勝手が悪いようです。

そして、そこで生活するとなるとテレビ、冷蔵庫、洗濯機などの家電が必要になります。
今回これらのものは、浸水等で使えなくなってしまったことでしょう。

同様に車。購入需要はあると思います。
EVなんかは、停電時の電源としても利用できそうですね。

このほかにも、まだあるとは思いますが、ひとまずこのくらいで。
いまは復興に役立つ投資のチャンス前向きに投資しましょうよ。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »