« 震災を好機に | トップページ | 日経平均、震災後始めての1万円回復 »

2011年5月 1日 (日)

2011年5月1週展望

連休初日は、カブドットコム証券主催のセミナー(株スクール)に参加してきました。
ブログのネタが徐々にたまりつつあります。期待していてください。

先週の結果

まずは先週の日経平均です。

4/25(月) 9671.96円(-10.25円
4/26(火) 9558.69円(-113.27円
4/27(水) 9691.84円(+133.15円
4/28(木) 9849.74円(+157.90円
4/29(金) 祝日

先週は想定内。でも思いのほか強かったといった印象。

強さの原因は、米国の好調
日本株はただ引っ張りあげられただけなんですけどね。

オマケで的中ということにしましょう。

以下は先週の予想の引用。

それでは、今週の予想といってみましょう。

これまでは、復興需要などの思惑により関連銘柄が買われていました。
そんな相場はもう終わり。これからは決算シーズンです。

今後は決算で現状を確認し、売られすぎは買われるし、買われすぎは売られます。
決算により上下する相場となるでしょう。

震災・原発による影響がないと判断できた銘柄は買いでいいと思います。
個人的には、来週からは徐々に空売りも入れていこうと考えています。

また為替はかなり円高が進みましたが、株価は影響を受けていません。完全に為替無視状態。
ドル円は80円を割り込まなければ、悪材料とはならないでしょう。

チャートを見ると、短期の移動平均線がゴールデンクロスしました。
テクニカル的に見ると、全体的に良い感じに見えます。

震災後の底打ち以降、4/1につけた高値9,822.06円を上回れるか?
また先週の火曜日(4/19)につけた9,405.19円を下回るか?
この辺りが今週のみどころとなります。
高確率で、この範囲内の相場になると予想します。

結論としては、今週はもみ合いと予想。
日経平均の予想レンジは9,400円〜9,900円です。

今週の予想

決算の最初のピークは超えました。
次のピークは連休明けの週。
そして、今週は連休の谷間。
相場は月曜日と金曜日の2日間のみ。

間違いなく超閑散相場となることでしょう。
しかし「閑散に売りなし」という相場格言にもあるように、閑散は買い
2005年以降の連休の谷間の日経平均がどうなったかを調べたところ、4勝2敗とやはり買いが優勢というデータになっています。

実際のところは連休中の米国市場の動向。
これに大きく左右されることになるでしょう。

日経平均が10,000円を回復するか否かが今週の焦点。
CMEでは9,900円を超えてきています。
一時的に10,000円をつけてもおかしくはない。

しかし持続はないでしょう。
現時点で日経平均10,000円は行き過ぎだと思います。

今週は買いというよりも、高値をつけたら売りでいく戦略をとってみます。
日経平均の予想レンジは9,700円〜10,050円です。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 震災を好機に | トップページ | 日経平均、震災後始めての1万円回復 »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/51551462

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年5月1週展望:

« 震災を好機に | トップページ | 日経平均、震災後始めての1万円回復 »