« 日経平均、震災後始めての1万円回復 | トップページ | 株スクール in 日経ホール 2011.04.29 »

2011年5月 8日 (日)

2011年5月2週展望

先週の結果

先週の日経平均です。

5/2(月) 10004.20円(+154.46円
5/3(火) 祝日
5/4(水) 祝日
5/5(木) 祝日
5/6(金) 9859.20円(-145.00円

高値も予想通り。10,000円をつけてから下落するのも予想通り。
先週は2日でしたが、完璧に的中。会心の予想でした。

以下は先週の予想の引用。

決算の最初のピークは超えました。
次のピークは連休明けの週。
そして、今週は連休の谷間。
相場は月曜日と金曜日の2日間のみ。

間違いなく超閑散相場となることでしょう。
しかし「閑散に売りなし」という相場格言にもあるように、閑散は買い
2005年以降の連休の谷間の日経平均がどうなったかを調べたところ、4勝2敗とやはり買いが優勢というデータになっています。

実際のところは連休中の米国市場の動向。
これに大きく左右されることになるでしょう。

日経平均が10,000円を回復するか否かが今週の焦点。
CMEでは9,900円を超えてきています。
一時的に10,000円をつけてもおかしくはない。

しかし持続はないでしょう。
現時点で日経平均10,000円は行き過ぎだと思います。

今週は買いというよりも、高値をつけたら売りでいく戦略をとってみます。
日経平均の予想レンジは9,700円〜10,050円です。

今週の予想

今週は決算のピーク。
今回の決算に限っては、状況が状況だけに、個別では余程ヒドイ決算でなければ叩き売られることはない。
通常の決算発表よりは大甘な傾向が見られています。

また米国市場は過熱気味。
そろそろ調整があっても良い頃です。
ダウは木曜日から値動きが悪くなってきている気がしますよ。

米雇用関連の指標では、失業率は悪化したけど、雇用者数は増加という結果になりました。
失業者の増加よりも、雇用者の増加のほうが景気に敏感に反応します。
にもかかわらず、金曜日は引けにかけて伸び悩みました。
好材料出尽し。ダウはそろそろ天井が近づいていると思われます。

日経平均はダウに引っ張られて上がっていただけ。
ダウが下がれば連れて下げるでしょう。
よって今週はジリ貧安値で引ける展開を予想。
日経平均の予想レンジは9,500円〜10,250円です。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 日経平均、震災後始めての1万円回復 | トップページ | 株スクール in 日経ホール 2011.04.29 »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/51609552

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年5月2週展望:

« 日経平均、震災後始めての1万円回復 | トップページ | 株スクール in 日経ホール 2011.04.29 »