« プチ株つみたて2011/5 | トップページ | 決算書の見方 »

2011年5月15日 (日)

2011年5月3週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均。

5/9(月) 9794.38円 (-64.82円
5/10(火) 9818.76円 (+24.38円
5/11(水) 9864.26円 (+45.50円
5/12(木) 9716.65円 (-147.61円
5/13(金) 9648.77円 (-67.88円

予想通りダウの調整が始まりました。
ダウの調整は、あと1~2週間は続くでしょう。

日経平均もダウの調整に伴いジリ貧安値引け
今週も予想は完璧に的中でした。

以下は先週の予想の引用。

今週は決算のピーク。
今回の決算に限っては、状況が状況だけに、個別では余程ヒドイ決算でなければ叩き売られることはない。
通常の決算発表よりは大甘な傾向が見られています。

また米国市場は過熱気味。
そろそろ調整があっても良い頃です。
ダウは木曜日から値動きが悪くなってきている気がしますよ。

米雇用関連の指標では、失業率は悪化したけど、雇用者数は増加という結果になりました。
失業者の増加よりも、雇用者の増加のほうが景気に敏感に反応します。
にもかかわらず、金曜日は引けにかけて伸び悩みました。
好材料出尽し。ダウはそろそろ天井が近づいていると思われます。

日経平均はダウに引っ張られて上がっていただけ。
ダウが下がれば連れて下げるでしょう。
よって今週はジリ貧安値で引ける展開を予想。
日経平均の予想レンジは9,500円〜10,250円です。

今週の予想

決算は一通り出揃いました。
個人的な感想としましては、両極端な結果になったかなと感じています。
震災が直撃した企業はヒドイことになっています。
そして決算でわかったこととしては、年後半には回復するだろうということ。

次は米国市場。
最初に述べたとおり、すでにダウの調整が始まっています。
この調整は、あと1~2週間は続くことでしょう。
5月末から6月上旬が、震災による下落相場二番底と考えています。
買い場はもう少し後と見ています。

また原発はメルトダウンが濃厚。
これは想定内ですが良い話ではありません。

さらに3月の機械受注も発表されます。
機械受注は震災の影響で悪い数字ははっきりしていますが、これは織り込み済み。

最後に、いまの株価は短期から長期のあらゆる移動平均を下回っています。
これはテクニカル的にもよくありません。

そんなわけで単純に決算通過。
そして上昇とはいかないでしょう。

今週は底値圏でのもみ合い、弱含み
±200円程度の値幅で動くと予想します。
日経平均の予想レンジは9,400円〜9,900円です。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« プチ株つみたて2011/5 | トップページ | 決算書の見方 »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/51680538

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年5月3週展望:

« プチ株つみたて2011/5 | トップページ | 決算書の見方 »