« 決算書の見方 | トップページ | 金投資(純金積立編) »

2011年5月22日 (日)

2011年5月4週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均。

5/16(月) 9558.30円(-90.47円
5/17(火) 9567.02円(+8.72円
5/18(水) 9662.08円(+95.06円
5/19(木) 9620.82円(-41.26円
5/20(金) 9607.08円(-13.74円

機械受注は予想外の増加も反応せず。

日経平均は9,600円台で安値圏のもみ合い。
狭い値幅で動く予想も的中
ほぼ想定通りと、ここ数週間予想しやすい相場ですね。

それでは今週も当てにいきましょう。

以下は先週の予想の引用。

決算は一通り出揃いました。
個人的な感想としましては、両極端な結果になったかなと感じています。
震災が直撃した企業はヒドイことになっています。
そして決算でわかったこととしては、年後半には回復するだろうということ。

次は米国市場。
最初に述べたとおり、すでにダウの調整が始まっています。
この調整は、あと1~2週間は続くことでしょう。
5月末から6月上旬が、震災による下落相場二番底と考えています。
買い場はもう少し後と見ています。

また原発はメルトダウンが濃厚。
これは想定内ですが良い話ではありません。

さらに3月の機械受注も発表されます。
機械受注は震災の影響で悪い数字ははっきりしていますが、これは織り込み済み。

最後に、いまの株価は短期から長期のあらゆる移動平均を下回っています。
これはテクニカル的にもよくありません。

そんなわけで単純に決算通過。
そして上昇とはいかないでしょう。

今週は底値圏でのもみ合い、弱含み
±200円程度の値幅で動くと予想します。
日経平均の予想レンジは9,400円〜9,900円です。

今週の予想

今週はあまり材料なし。

先週の相場感から下値は限定的と見ています。
まぁ米国株次第となることでしょう。

米国株はただいま調整途中。QE2終了の影響でしょうか。
これまで米国株の調整は1ヶ月程度です。
そこから考えると短くてあと1週間。
長いと2週間は調整が続くことでしょう。

しかし、日経はそろそろ一時的な反発があってもいいころです。
反発と言っても日経平均9,800円程度が上限になりますが。
また下限は9,500円が堅い

かれこれ2ヶ月、日経平均は9,500円~10,000円の狭いレンジでの推移。
相当エネルギーが溜まっている状態。
一方に動いたら一気にいく可能性がありますよ。動くとすれば下でしょうね。

しかし、今週はまだボックス相場。
根拠はありませんが動くのは来週以降。

今週の日経平均の予想レンジは9,400円〜9,900円とします。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 決算書の見方 | トップページ | 金投資(純金積立編) »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/51743730

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年5月4週展望:

« 決算書の見方 | トップページ | 金投資(純金積立編) »