« 金投資(純金積立編) | トップページ | 金投資(ETF編) »

2011年5月29日 (日)

2011年6月1週展望

先週の結果

まずは例のごとく先週の日経平均から。

5/23(月) 9460.63円(-146.45円
5/24(火) 9477.17円(+16.54円
5/25(水) 9422.88円(-54.29円
5/26(木) 9562.05円(+139.17円
5/27(金) 9521.94円(-40.11円

そろそろ反発があるかと思ったが、先週は底値圏でのもみ合いが続きました。
ビミョウにまーくんの予想していた動きではありませんでしたね。

もう少しは強い相場になると思っていたのですが・・・

まぁ終わったことは忘れます。
それでは、気を取り直して今週の予想です。

以下は先週の予想の引用。

今週はあまり材料なし。

先週の相場感から下値は限定的と見ています。
まぁ米国株次第となることでしょう。

米国株はただいま調整途中。QE2終了の影響でしょうか。
これまで米国株の調整は1ヶ月程度です。
そこから考えると短くてあと1週間。
長いと2週間は調整が続くことでしょう。

しかし、日経はそろそろ一時的な反発があってもいいころです。
反発と言っても日経平均9,800円程度が上限になりますが。
また下限は9,500円が堅い

かれこれ2ヶ月、日経平均は9,500円~10,000円の狭いレンジでの推移。
相当エネルギーが溜まっている状態。
一方に動いたら一気にいく可能性がありますよ。動くとすれば下でしょうね。

しかし、今週はまだボックス相場。
根拠はありませんが動くのは来週以降。

今週の日経平均の予想レンジは9,400円〜9,900円とします。

今週の予想

下値では日銀がETFを買い入れしてくれることがはっきりしました。
これなら二番底があっても9,000円割れはないでしょう。
9,000円台前半は自信を持って買い迎えます。

また騰落レシオを見ても86.62と底値圏に近づいていることを示唆しています。
6月のメジャーSQ頃が日本株の買い場となるでしょう。

次に米国。
今週は、週末にある雇用統計に注目です。
週末に向けダウは様子見ムードの展開と予想。
日本株にはあまり影響はなさそうですね。

そして、そろそろ中国株はお買い頃
特に香港はPERが12倍を切っています。
中国株が反発すれば、日本株にも追い風

今週は中国株の反発に伴い、日本株はじわじわ上昇する展開を予想。
日経平均の予想レンジは9,400円〜9,800円とします。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 金投資(純金積立編) | トップページ | 金投資(ETF編) »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/51804173

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年6月1週展望:

« 金投資(純金積立編) | トップページ | 金投資(ETF編) »