« トレード記録(2011/03) | トップページ | プチ株つみたて2011/6 »

2011年6月12日 (日)

2011年6月3週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均。

6/6(月) 9380.35円(-111.86円
6/7(火) 9442.95円(+62.60円
6/8(水) 9449.46円(+6.51円
6/9(木) 9467.15円(+17.69円
6/10(金) 9514.44円(+47.29円

先週は9,000円に向かう展開を予想しましたが、その通りにはならず。ハズレでした。

NY市場など外部環境が相当悪い中で、6/7からの4日続伸は評価できます。
なかなか日経もやりますな。

まだ決め付けるのは早いですが、これほどのヒドイ状況でも、日経平均が9,400円水準を保っているということは、ここらがではないかなと思えてきました。

以下は先週の予想の引用。

米国も中国も下降トレンドから抜け出せない。
米雇用統計の悪化を受け、QE3なんて話になれば別ですが、海外投資家の買い越しがとまり、メジャーSQもあるとくりゃ、これまでの下限をぶち破り9,000円に向かう展開となるでしょう。

そして日本の政治は相変わらず揉めています
これはいつものこと。誰も政治になんて期待していませんよ。
こんな状況でも日本は着実に復興していきます。
そこが日本の強みであったりもします。
相場にはそれほど影響ないと思うんだな。

為替は円高。騰落レシオも下がり始めている。
以前からの予想通り、今週のメジャーSQ付近で底をうつと考えています。
底値はズバリ9,000円。

今週の日経平均の予想レンジは9,000円〜9,650円とします。

今週の予想

米国の冴えない経済指標の原因は、日本の震災が影響しているとも言われているようですね。
しかし冴えない米国を尻目に、日本は大健闘しています。

金曜日はNY市場が170ドル超の大幅下落
それを受けて月曜日の日経平均は、9400円台前半まで下げて始まることでしょう。
ほぼ先週の上昇分が打ち消されることになると思います。
ここまでは、ほぼ決定事項。

問題はその後ですが、メジャーSQ通過、QE2終了もそろそろ織り込んでるだろうし、海外投資家の日本株買いも復活
さらにはドル円も80円割れは続かない。
おまけに騰落レシオは70台だし。
日本株には、それほどの悪材料が見当たりません。

だからといって、大きく反発するわけではなく、「2歩進んで1歩戻る」ような感じの、じわじわ上昇パターンです。
月曜日の寄り付きで、安くなった好業績銘柄を仕込んでみてはいかがでしょうか。

週末は9,600円台を回復していたら良いかなと考えています。
今週の日経平均の予想レンジは9,300円〜9,700円とします。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« トレード記録(2011/03) | トップページ | プチ株つみたて2011/6 »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/51926730

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年6月3週展望:

« トレード記録(2011/03) | トップページ | プチ株つみたて2011/6 »