« トレード記録(2011/05) | トップページ | 株主総会2011(日特エンジニアリング) »

2011年6月27日 (月)

2011年7月1週展望

先週の結果

ウチで飼っているカブトムシが続々羽化しています。もう夏なんですね。

それでは、いつものごとく先週の日経平均からです。

6/20(月) 9354.32円(+2.92円
6/21(火) 9459.66円(+105.34円
6/22(水) 9629.43円(+169.77円
6/23(木) 9596.74円(-32.69円
6/24(金) 9678.71円(+81.97円

FOMC後の木、金は下げると予想してたんだけど、想定以上の強さ
もしかしたら本物かも。

そんなわけで、今週も予想はハズレでした。スンマセン。

以下は先週の予想の引用。

たいした悪材料もないのに、日経平均は9,400円を割り込んで下げるなんて・・・
地合いは相当悪いですね。
でも日経平均の9,400円割れが長く続くとは思えないけどなぁ。

今週は日本株にあまり材料がありません。
だからFOMCとか為替とか中国とか、外国頼みになるのかな。
それにしても、円高、中国(香港)の株安はかなり気になります。

週の前半は、FOMC警戒で様子見
そうは言っても安値圏なので、おそらく上がると思います。

FOMC通過後の週後半は動きそうです。
しかし、この地合いの悪さでは、週前半の上昇打ち消しいってこいの展開になると予想。
週の日経平均終値は9,400円くらいではないでしょうか。
もちろんFOMCで材料でも出れば別です。

上値のメドは25日移動平均線の9,500円。
今週の日経平均の予想レンジは9,100円〜9,550円とします。

今週の予想

短期では横ばいの25日移動平均を5日移動平均線が上抜けてゴールデンクロス
とても良い形です。

日経平均は、先週末のNYの結果を受け、下げて始まるでしょう。
そして、これまでなら9,600円台は売られていました。
となると下げる展開が予想されますが、流れは変わってきていると思います。

関係があるかは不明ですが、先週から物色の傾向も変わってきているようです。
ちゃんと調べたわけではないので確信はありませんが、これまで強さを見せてた銘柄は利益確定売りに押され、出遅れ銘柄に資金が流入しているような・・・
小型株から大型株へのシフト。この変化が日経平均の底上げになるのではないかと考えます。

そうだとしても米中の動向は要注目。
この2国が弱いことには日経は上がらない。
米中に注目しながらのトレードになります。

今週は上がりますよ。
1万円はまだ早いので、日経平均の予想レンジは9,400円〜9,800円とします。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« トレード記録(2011/05) | トップページ | 株主総会2011(日特エンジニアリング) »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/52053416

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年7月1週展望:

« トレード記録(2011/05) | トップページ | 株主総会2011(日特エンジニアリング) »